感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2011.01.31
22:25
 
銀魂 シーズン其ノ弐 08 [DVD]銀魂 シーズン其ノ弐 08 [DVD]
(2008/02/27)
杉田智和、釘宮理恵 他

商品詳細を見る


本放送は2年目第78話。

今日で1月も終わり。より魂もあと残すところ2カ月ということになるのかな?とりあえず後3週ほど柳生篇が続きます。

というときのより魂感想。
以下ネタバレ。



 

more

「食べ物の好き嫌い多い人は人間の好き嫌いも多い」

よく言えば頑固なまでに信念をつらぬき、悪く言えば自己チュー。
とにかく目立ちたがりで、何よりも自己主張が激しい!

近藤曰く「人一倍負けず嫌い」

そんな連中が紡ぎ出す物語、それが銀魂。
しおらしく相手の言う事を素直に聞くキャラって、誰かいたっけ?w

携帯の画像にしても、マヨラーVSケチャラーにしても、土方の過去のエピソードにしても、ジャンプ漫画らしい剣の勝負とかしておきながら実際のところは全て信念と信念のぶつかりあいのほうがメインになってる。
この辺りに関しては、来週のトイレでの心理戦のほうが顕著かもー。

神楽がわざわざ携帯に残しておいた画像を見つけた新八が、妙に威勢よく「ぶっ殺してやんよ!」と怒るところには笑った。とりあえず<総悟を倒したのは神楽が犯人>という事実は隠しちゃうんだねwwあからさまに挙動不審になってるし。
あと土方の「マヨネイズ」てな言い方だとか面白かったデス。

嫌いなものをわざわざ食す=嫌いなものでも取り入れて鍛錬もしくは人間的な器の大きさを表現しているフリをしつつ、本当はどちらも素材の味を殺してしまうほどとことんぶっかけて自分好みの味にしてしまう・・・生粋の自己中だったというわけだ。サブタイトルはこのあたりに掛けられているわけです。

田舎の剣術道場での過去回想シーンでの土方は、とにかくケンカに明け暮れていたようです。
それが近藤や総悟と出会い、そこに迎え入れられるようになる。それまでの土方の言動を聞く限り、その道場時代の思い出は土方にとってなくてはならないものなんだよね。自分を受け入れてくれた近藤に対する恩が、そこにあったわけだ。面白いのは、今回は近藤目線での過去描写なので恩がどうのというのは一切描写されていないこと。むしろ土方ははぐらかしてすらいる。想いを直接口には出していないが、いかに近藤が土方を理解しているかが分かって好きなシーンです。
で、本放送ではこの後数週ほどしてミツバ篇があるわけで、近藤・土方・沖田3人の出会いから武州を出るまでの過去の物語がよく分かって良かったです。再放送はどうなるかわかんないけど。

そういえば、ここや動乱篇での真選組メイン3人の戦いっぷりの描写と紅桜篇における銀さん・桂の戦いっぷりが、ケンカなのか殺し合いなのかそういう違いが出ているのも興味深かった。同じ「侍」だと言いながら、やっぱりケンカと血生臭い戦場(殺し合い)を経験しているかで出方って違ってくると思う。今回にしても近藤は新八に土方の戦い(ケンカ)に手を出すなと言い切っている。ところが後の話で銀さんは自分もメインで戦いつつ新八のサポートまでしている。確かに土方と新八では素質に差があるかもしれないけど、それだけじゃないと思うんだよなあ。特に劇場版の殺陣(バクチ・ダンサー部分)での桂のサポート・・・桂は銀さんを信頼してサポートされていて、銀さんはサポートしつつ桂の強さを信頼している感じ・・・を見てしまうと、余計に深読みしてしまう。何よりも3人信念と恩で結束している真選組、信頼しつつ(影響されるものの)思想が違うので別行動をとるかつての攘夷戦争をくぐりぬけた銀さんと桂・・・といった立ち位置の差もあるのです。そんなことを考えながら読むと面白いなあ。



意表をつかれてエンディング後のCパートと次回予告がありました。本放送時にはアバンで新八ナレーションの前話荒筋あったけれど、そこをカットした結果時間があったのかな。
なんだか提供の柱(提供そのものは表示なし)がとてもとても懐かしかったです。懐かしかったって、毎日キッズと録画で銀魂見てるけどな!2期が楽しみだ!!
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。