感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Tue
2011.01.25
23:16
 
銀魂―ぎんたま― 38 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 38 (ジャンプコミックス)
(2011/02/04)
空知 英秋

商品詳細を見る


後一週間ほどで銀魂38巻が発売されます。例のレジェンド企画読切も掲載。
で、おそらく今週の話は次の39巻あたりに収録になるのかな?順調にいけばおそらく4月はじめに発売されるハズ。

となると、2期が再開される頃に今回の一連の話が収録されたコミックスがアニメ化作品の原作本として発売されるわけで・・・
なのにコレとは、なんというイヤガラセ!

と思ったのが最初の感想でしたw

それにしても先日37巻が発売されたと思ったらもう38巻かー。月日がたつのは早いですな。

というそんなときの銀魂感想。
以下ネタバレ。

 

more


銀ちゃんはアニメ再開がそらもうとてもとてもとっても!嬉しかったんだろう。考えてみたら忘年会の最初の頃は、新八と神楽を諌めるフリをしていて実際のところ自分が一番喜んでいたのだから。

・・・で、その結果忘年会の席で悪酔いした、と(笑)

酒を頻繁に好んで呑んで、贔屓の店もたくさんある~といったのはラストで客寄せの男たちがよってたかって銀さんを誘っていた描写からも分かる。そして酔っ払って記憶を無くすだのケンカふっかけたりふっかけられたり~というのは今まで作中で描かれている。だけどここまで知り合いの目の前でハメを外したのは今までなかったんじゃないかなあ。

銀ちゃんの悪酔いとは、店内で暴れての破壊行為および酷い絡み酒。

破壊の賠償(割り勘)させたことの怒りが「ドッキリ大作戦」つまり地獄の6又騒動に至るわけです。
全蔵が怪しいと思ってたけど、全員がグルだったのかw だとすれば先週の女性陣の違和感はそれぞれの性格を踏まえた上で素で言っていただけというわけか。突飛な話を持ち出したお妙はつまり女の広辞苑を引いただけ、九ちゃんはそのマネをした、さっちゃんはいつものことを言ってるだけだし、月詠も真実を言ったにすぎない。なるほど言われてみればいつもの通り。お登勢さんが銀さんの持ちかけた結婚を前提にしたお付き合いや同棲に普通にびっくりしたのは、意外と真面目にそういう態度をとってくるとは思わなかったから?むしろ○○○ワイフの暴走を止められなかったときのようにすぐに逃げ出すとか考えていたんじゃないかな。元々お登勢の計画では6又発覚を恐れて逃げ出したところを捕まえてつるしあげる~までで、全蔵が絡んだことで地獄の同棲&デート(何しろジャンプのラブコメ愛読者だから)がお登勢の知らない間にいつの間にやら入ってて、だから銀さんがそれを提案したことに素でびっくりしたとかだったりして。だが、それらすべて知った上でのことだとしたら素晴らしい女優っぷり。・・・と、このあたりはいろいろ考えると楽しい。

そして、今回の「ドッキリ」は銀ちゃんが<決して謝らない>性格だということを前提にした計画なのではないかな。謝らないと分かってるからこそドツボにハマるように仕組んだもの。だから素直にかぼちゃもって謝ろうとした銀ちゃんを全蔵は止めた。なるほど。
常日頃から飲酒を好み、しかも謝らない自己チューな銀さんをぎゃふんと言わせる(=禁酒させる)ための作戦なのに、素直に謝られては面白くないものね~「ドッキリ大作戦」が成功させるための悪ノリw
○○○ワイフの連動した行為は、銀ちゃんのドツボにハマった操作ミスかもしれないけれど、もしかしたら全蔵が陰で操っていたりして・・・?

だがそのためとはいえ少々やりすぎなような気がするのは、たぶん銀ちゃんの悪酔いした部分・・・因果応報の因果がたった1コマだったせいじゃないかと見た。おかげで銀ちゃんにちょっぴり同情してしまってます。ちとやりすぎで後味悪いw
「少年誌で飲酒する主人公はこれからの時代風当たりが強い」だなんて、むしろ少年誌で○○○ワイフのアレなアレを見せるほうが風当たりが強いだろうwあれ、同じくらい?
元々万事屋の新八・神楽に知られることを一番恐れていたのに、ドッキリ成功でしっかり笑われていた、つまり最初からばれていた。銀ちゃん的には大人としてのメンツが丸つぶれなんだよね。かわいそうに・・・
けどまあ焦りまくる銀ちゃんが可愛かったのでまあいいか。一生懸命○○○をふくらませているところとか。

マダオの件はあえてスルーで(笑)
マダオといえば不条理ネタというのが定番。そして「ハメた」という言葉が今回割とたくさん出てきているのでいろいろな意味にとることができるし、銀ちゃんは話の流れ上でとある一つの意味で受け取ったというだけだw 元々言葉遊びがある作風だから、どうとでも解釈できるオチ、という意味では面白かったデス。何しろ直接的な描写が一切ないのだから。

この話で一番笑ったのは、○○○ワイフな銀さんに「ちょっとわいるどなラテン系のキス」をされてドスドスぼこりまくってるお妙さんのシーン。同時にいつものお妙さんで安心したwていうかコレは暴走して使徒を喰ってる初号機か。

ラストで一番強い酒を持ってきてェェェェェ!!と居酒屋に駆け込んだ銀さん。
忘れるまで呑むがいいさ。
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。