感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2010.12.31
23:50
 
銀魂 1 完全生産限定版 [DVD]銀魂 1 完全生産限定版 [DVD]
(2006/07/26)
杉田智和、釘宮理恵 他

商品詳細を見る


さて、今年を振り返ろう的な話題です。
ただしオタク的な話題に限る。

 

more

その1)銀魂
今年はなんといっても銀魂!ああもうここまでハマろうとは思いもよらなかった!
ずっと面白いことは分かっていたんだけれども、グッズも買ってDVDを全巻集めようと思ったきっかけは「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」と「よりぬき銀魂さん」5話で再放送された「コスプレするなら心まで飾れ」(本放送時13話)を見たこと。

主人公の過去に何があったのか、未だ語られないそれが元で「今現在の」銀さんが存在する・・・そういうのがとてもとてもツボでした。(なのでキャラだけ借りたスピンオフ「銀八先生」には全く興味がない)
あと、幕府が所詮天人の傀儡でしかないという設定とか。
真選組として土方なり沖田なりが幕府といった「組織」に従うというよりは近藤や更に上の松平といった「人」を慕っているところとか。
実に太平の世の中と思わせておきながら、そうではないところとか。
銀さんを中心にした兄貴と弟分妹分みたいな万事屋3人の関係とか。
お登勢さんの良いバーさんっぷりとか。

やたらと重っくるしい過去設定がありながら、それを重点的におかずに(むしろスパイスでしかなくて)、ただただギャグに突っ走る。そしてたまーにたまーに本音が垣間見える・・・それが良いんだなあ。

来年の春からは放送再開!
「かぶき町四天王篇」がアニメで見ることが出来るのが嬉しい!
楽しみです。

その2)鋼の錬金術師
今となってみたら最終回まで見届けられた数少ない漫画でした。
たいがい途中で飽きてしまうから・・・
色々と思うところはあれど、途中で飽きさせず最終回で(良い意味でも悪い意味でも)盛り上がることができたのは、なんらかの巡り合わせがあったのかなあなんて。
FAは、トリシャさん素敵。トリシャさん最高。そしてホーエンハイムがとてもとても魅力的な作品でした。
最終巻まで無事に発刊された今こそ、全話通して読むとまた別の視点で見る事ができるだろう(たぶん)。
ていうか、ちょっぴり鋼から離れている今だからこそ、今までの「思い込み」で凝り固まった視点から離れることができんじゃね?
なんにせよ来年は映画化ですね。まだ前売り券は手に入れていません(ということを今思い出した)。セカンドランでもいいんで多くの劇場でやってくれるといいですね。


映画化かあ。
なんだか映画化が多い印象。
ファフナーは上映劇場がとにかく少ないのが残念。見たいのにー!
DVDなりBDなりを待とうかな・・・
ダブルオーは見ました。うん、強引なラストだった。とにかく強引。エルスが花になるくだりが、余計に失った命のあっけなさを表現しているようでもやもやしました。つかグラハム・・・涙。最期の言葉がとても印象に残りました。で、とにかくソレスタルビーイングのメインキャラが地味に見えるのはなんでだろうなあ。
ハルヒの消失はDVD購入。


来年もまたオタク的な1年になるのが目に見えているw
良い年になりますように。





スポンサーサイト
Category * ひとりごと
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。