感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Tue
2010.12.07
21:50
 
表紙イラストが、三百二十二訓のイラストを彷彿とさせるアロハシャツを着た万事屋3人。
銀さんが妙に日焼けして手にカート持ってるっぽいてことは、ハワイかどっかに旅行に行ってて空港で待ちわびたファンに出迎えられた~とかいうシチュエーションなのかな~なんて。
やっぱりおそろいの柄のシャツ着て仲好し万事屋が大好きだ。

重大発表記念号らしく(?)たくさん新情報が掲載されています。
すごいな!
とりあえずジャンプNEXTは絶対に買おう。
完全に銀魂で踊っています。いいんだ好きだから!

ええと、カラー扉ページの「銀魂38巻大好評発売中!!」・・・こんな記念号で、しかも目立つ場所で間違っちゃいかんだろう。正しくは37巻です。

そんなときの以下感想。
 

more

のっけの「神田川」に笑った。
必殺仕事人のテーマといい、読切の「セーラー服を脱がさないで」といい、妙に歌づいてるような気がする。
子供の神楽が大人料金を求めて、大人な銀さんが心は少年だからと子供料金を求める・・・関係がもう本当にフラットだ。コーヒー牛乳飲みたいと100円要求する神楽が可愛い!

今回神楽は基本的に蚊帳の外のようだけれど、万事屋と真選組3人のドタバタ騒ぎ~というのはなんだか久しぶりのような気がする。チコン貝があったけど、あれは銀さんと土方の二人がメインだった。
しれっとお子様風呂に入ってる沖田が面白い。周りが大人ばかりで、だからといって自分も大人だと気張ることがないんだな。

ヴィダルサスーン派の近藤と椿派の銀さんの言い争いの最中に、屁怒絽さんご一家が浴場に入ってきたことで騒動に発展する。近藤はともかく、椿だなんて銀ちゃん何気に良いシャンプー使ってるんだなあ。そんな金がどこに。天パーだから髪に気を使ってるのかとか考えると笑えて困る。

屁怒絽って、もしかして苗字なんだろうか。三郎とか二郎とかあるし。父親と兄弟5人プラス子供の7人で登場。顔のあまりの恐さに、銀時と新八だけでなく近藤と土方まで恐怖から大人湯を譲ってしまう。ていうか、治安を護る警察なんだからしっかりすればいいのにw

「銭湯に参った」→「戦闘に参った」
「裸の付き合いって素敵」→「裸のウチ合いでは無敵」

銭湯と戦闘は文字では同じ「せんとう」でもイントネーション違くね?とは言ってはいけない。屁怒絽さんご一家の顔があまりに恐ろしい形相であるが故に、第1印象から行動にいたるまで<たぶんものすごく怖い人>というイメージが植え付けられてしまった。だから屁怒絽さんがどんなに普通の言葉(むしろ正論)を言ったところで、もう既にイメージが固定されてしまう。怖いと思うからこそ、どんな理不尽でも何も言いだせない。

そして、勝手に誤解した銀さんたちが全面的に悪いというわけではなく、屁怒絽さんは屁怒絽さんで自分のやった行動から来た結果がはた迷惑だったと全く気付いていなかったりする。かぶき町に引っ越してきたときは、他人にやたらと説教をするわりに自分の持ち込んだ花がかぶき町の住民の花粉症の苦しみを引き起こしたと全く気付いていなかった。今回も<共同浴場>に他人が入浴しているのにも関わらず、ましてやしっかり水風呂があるのに狭いという理由で他人の入っているちびっ子風呂にお邪魔したあげく自分たちの都合の良いように氷山まで持ち込む始末。

恐怖のあまり勝手な思い込みで自分たちの言いたいことを言えないでいる万事屋&真選組と、他人が思いっきり迷惑がっているのに全く気付かない癖にしっかり正論だけは吐く屁怒絽ご一家の、両者が織りなす思うようにいかない意思疎通が面白かった。

後半は銭湯ネタらしく下ネタあり。
女湯もあるのにそれを覗こうとする女を使ったエロネタではなく、あくまでも野郎が自分の身体を張った下ネタに行く、それが銀魂。
アレで近藤が絡まったあたりで思わず笑ってしまった。

そして久しぶりにフォロ方。ちょうど文通篇をアニメで見返していたのでタイムリーでした。戸惑いながらもしっかりフォロー(というよりは口から出まかせと言ったほうが正しいような)。
氷水から顔を出してフォローに回るのが万事屋真選組両陣営のツッコミ担当新八&土方で、最大級のボケ役近藤を頂点として銀さんと沖田が続く・・・今回はそういう立ち位置なのか、なるほど。

次週もお風呂バトルが続くようです。コマが小さくてたくさんあるせいか、「おわり」の印が最終ページではなくその前のページにあったのでちょっと戸惑ってしまったりwなんかぶつ切れだった。

私的に冒頭の神楽が可愛かったのでとても満足。笑ったw



スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.