感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Tue
2010.11.02
22:51
 
しかしまあ銀魂のグッズ攻勢が凄い。
はみ魂(第67回目のはみだし)だけ見ても劇場版DVDは当然として、

・一番くじ銀魂(来春予定)
・よりぬき銀魂サウンドロップコンパクト(全6種 12月中旬)
・銀魂キャラクターズ アニメイトエディション(全6種 12月上旬)

その他に
銀魂STYLING 4 だァァァ!! BOX (食玩)
銀魂 (仮)劇場版銀魂STYLING 限定バージョンだァァァ BOX (食玩)
銀魂 キャラポスコレクション 5 BOX銀魂 キャラポスコレクション 5 BOX
(2010/12/01)
エンスカイ

商品詳細を見る

(↑これは佐藤さんの絵柄かな?)

アニメイトのオリジナルグッズなんてものもあるわけで、全部集めようと思ったらいくらかかるんだ。

そして・・・ジャンフェス行きたかった・・・。ゲストが万事屋に沖田って、基本的に終わったアニメで劇場版DVD発売記念の割に豪華な気がする・・・

そんなときのWJ銀魂感想。
以下ネタバレ


 

more

松平のとっつぁんのお話です。

家庭では居場所のない情けない姿を見せておきながら、いざ社会という名の戦場に出ると攘夷浪士に「破壊神」と呼ばれるまでの存在を見せつける。
真選組の上官でもある警察庁長官・松平片栗虎という一人の男を、ヅラの目を通して多面的に語る物語だ。何故か家政として松平家に入り込んだヅラは、栗子たち家族の視点と、攘夷浪士としての視点と両方で彼を見るわけだ。

今までの銀魂では、家庭事情は片栗虎が自分で話すか、あるいは娘の栗子を追いかけまわすか。時に将軍を引き連れてキャバクラ通いに興じつつもセリフから(アフロの)妻と、特に娘への溺愛っぷりが甚だしいということだけは十分に分かってた(今週のより魂で栗子について言及するセリフがあったのはとてもタイムリー)。
そんな片栗虎は、ヅラをはじめとした攘夷浪士にとってはやり方の破天荒さから「破壊神」と恐れられている。今までの銀魂を見ていたら、むしろそっちの印象の方が強かった。

ところが今週の話では、溺愛っぷりとは裏腹に、<ごく普通の家庭のように>家庭内で孤立する<ごく普通のお父さん>であり、そこに奇抜なものはなかった。
銀魂って割と様々な家庭事情が描かれていると思っていますが、ここまで普通のご家庭は珍しいような気もする。家庭での孤立っぷりと破壊神とのギャップが凄いんだよね。片栗虎もただの人の親だった、と。仕事を家庭に持ち込まないタイプなのかな。
とはいえ、中崎の娘のためにと札束を差し出したときのセリフと、エヅラ子に栗子へおプレゼントを頼んだ時のセリフはかなり固ゆで卵だったような。例えばハードボイルドばかり口にする同心・小銭形に比べてしまうと、なんか本物のハードボイルドのような気がする。

そういえば、栗子が父親のパンツと一緒に洗濯しないでくれという理由として、タバコ臭いからってのはなんだよ、とw むしろ心配するのはパンツについてるアレなのでは。父親はそっちを心配したから一緒に洗うな~なんて言ってるのに、この違いは一体なんなんだろう。もしかして父が心配しすぎてる部分もあったりして。

自分の誕生会に父親を呼ぶわけないとプイと横を向いてしまったけれど、これは本当は父親に来てもらいたいというのが分かりやすく出てて、要は自分たちに「正面から向き合ってほしい」。もっとも栗子にしたって破壊神と呼ばれる父の姿を話では聞いたことはあるだろうけれど、どこまで理解しているかは疑問だ。閉ざされた家庭内で父としての片栗虎しか知らないかもしれない。

そういう意味では、ちょうどより魂でやった星海坊主篇と一緒で、お互いを想うあまりすれ違いになってるのだろう。(ホント、タイムリーだった)

ヅラが潜入して市原悦子ならぬエヅラ子になって、最初は普通に壁からこっそり覗いていたのに、後から常に壁を持ち歩いているのには笑った。女装ネタはまだイボ話を引きずってるからなのか?
一番笑ったのはチーズフォンデューから破廉恥な想像をするところw ここもより魂で花野アナのヅラ密着の話が最近あったのでタイムリーだった。セレブとチーズフォンデューに何かしら破廉恥な恨みでもあったりするのかなw 

テロリストに囚われた栗子を父親である片栗虎が助けに行くという、普段の情けない姿とは違って「破壊神」としての側面を見せつける、ある意味絶好のチャンスなわけだ。このまま予想通りに行くのか、ハタマタ斜め上を進むのか、とても楽しみです。
なんか人情ネタは久しぶりのような気がする。こういうのが読みたかったので嬉しいv
そういえば作画がかなり荒れてた・・・頑張れ!
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。