感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2010.10.25
19:59
 
ファミマに銀魂DVD告知を聞きに行ったり、WJ買ったり、ついうっかり銀魂グッズ買ってしまったり、DOESの新曲マキシを何故か2枚(初回版と通常版)も買ってしまったり・・・とそんな月曜日のより魂感想。

銀魂11 [DVD]銀魂11 [DVD]
(2007/05/23)
杉田智和釘宮理恵

商品詳細を見る


本放送は1年目41話です。 

more

「タイトルだけじゃ映画の面白さはわかんない」


この話かなり大好きです。
言わば万事屋結束の危機。銀時が、親子関係を知らないが故の自分の勝手な思い(親子は一緒にいたほうがいい)を貫いた結果、神楽は本心では離れるのを嫌がっているにも関わらずパピーと共に宇宙に出ることを選択する。とにかく我慢している神楽が可愛い。新八のセリフ「君がどれだけ銀さんを大切に思っているか知ってるよ」のときの銀さんと神楽の描写がものすっごく良い!!
(余談ですが、同じく新八の「だって、僕も君とおんなじだから!」という台詞を聞くと柳生篇もしくは文通篇を見たくなる。どちらも銀さんが新八の良い兄貴分として描かれているから)
(更に余談。真選組の結束の危機は、鴨太郎に象徴される明確な敵として描かれるのに対して、万事屋は意地の張り合い(考えの押し付け)なんだな~と。一つの明確な目的がある真選組とそうじゃない万事屋の違いが出ていて面白い)

これ見ると、かぶき町四天王篇を見たくなる・・・

さて、新八に責められる銀時・・・ここ、妙にベラベラまくしたててるんだよねwなんだかとっても強がってる。
自分勝手な思いだということも自分で分かってはいるんだろう。だけど親子関係がどういうものなのか知らない以上、親子は一緒にいるべきだと型に当てはめることしかできない。さりとて何が正しいのかも分からない。
「これで良かったんだよな」「これで良かったのさ」
このセリフは、銀時が持っていたとある手紙を探り当てた定春(たぶん匂いがついてるから分かったんだろう)に確認する意味合いが前者で、自分に言い聞かせているのが後者だ。定春は当然何かいいアドバイスが出来るわけじゃなく、要するに自問自答しているわけだ。葛藤している。
隠し子騒動の時と一緒で、ここのセリフこそが銀時の本音なのだろう。新八の言うように「何も分かってない」わけじゃなくて、神楽も新八も自分を慕っていると分かっているからこその行動で、それに対して上手い言葉を使うことも出来ず(他者が同じことしてたらむしろ説教するんじゃないのかな)相手を怒らせてしまう。ホント、不器用な(愛すべき)バカだ。手紙の存在を新八にも知らせないほど神楽に気を使ってるのに。(神楽に気を使ってると言えば、神楽メインの傘の話だとかラジオ体操の話だとかがある。これも大好き)

とはいえ、新八も銀さんの不器用さを知っているからこそ神楽を取り戻そうと奮闘するわけだ。バカなところも含めて銀時は「兄貴」なんだろうなあ。こういう関係性って良いなあって思う。

新八の回想は銀時の記憶喪失の話で、あれも銀時が突き放すという意味では万事屋の結束の危機だった。(「よりぬき銀魂さん」としては7月放送の第16話、17話で放送されています)

手紙を見つける定春が超可愛いです。首をふりふり銀時に近づく定春の仕草がたまらん。SEで激しくドスンドスンと音を立ててるけどw

で、マダオが働く「えいりあんVSやくざ」の劇場前に、定春に確認&自分に言い聞かせをしたくせにまだ迷っている(から強がる)銀さんがそこにいた。着ぐるみをかぶる定春がやっぱり超可愛い。定春と銀さんのコンビも良いなあ。

自分の懐に入ったものはとにかく「護る」ことを信条にしている銀時は、神楽が必死になってエイリアンと戦っている映像を見るや否や表情を変えてしまう。より魂第5話(本放送13話)「コスプレするなら心まで飾れ」もそうだったけれど、とにかく自分の懐(銀時曰く「剣の届く範囲は俺の国」)に飛び込んだ者の危機には弱いので、なりふり構わず駆けつけてしまう。普段は(特に強がっているときは顕著に)ベラベラまくしたてるのに、こういう時は何も言わないのが面白い。しかも考えての行動ではなく、自然と身体が動いてしまうんだろうなあ。ここでは葛藤してないんだよね。

真選組は完全にギャグ要員であり「ターミナル」の設定説明要員。
近藤さんのくだりは前回を踏まえたネタで、あれじゃ意思を持たないエイリアンに通じるわけないだろうww 女子アナ置いてきぼりでパトカーに乗っていたり~と、この人たちも愛すべきバカw
真選組といいマダオといい、シリアスに走るかもしれないネタ(万事屋の結束の危機)に歯止めをかけてるんだろう。
ターミナルはもともと阿音母音姉妹(より魂23話「愛犬の散歩は適度なスピードで」)の巫女がまもっていた黄龍門があった場所で、幕府の重要建築物であるが故に真選組は手が出せない(からギャグに走る)。そしてエイリアンが強大になるほど強い力の噴出する場所でもある。より魂は再放送だけど、こういう設定的なことはちゃんと押さえているのがいいなあ。でもそんな話最近では滅多にないようなw

とにかくこの話は面白いのだ。特に主人公の内面描写(葛藤)がそれとなくあるのが良い。
より魂ではオチまでしっかりやってくれるようで楽しみです。

スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。