感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2010.09.05
22:54
 
最近びっくりしたこと。

その1)「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」DVDの特典として完全新作アニメーション!!
その2)まさかのDGS映画化(公式サイトはこちら


DGSは激しく見に行きたい。でもこれって映画化というよりはDVDかん(ry
なんでもかんでも映画化になるご時世だなとは思いつつ、東京は遠すぎていけない(´・ω・‘)。
オノDこと小野大輔さんの生誕祭の上映の模様。ラジオはもちろん音声のみだったので、こうやって映像があると余計に面白いだろうなあ。とりあえず牛久大仏を見て激しく喜ぶオノDと、うさぎ相手に会話をするヒロCが見てみたい。小野さんは目隠しをした上で牛久大仏の前まで連れて行かれたわけで、その気分を味わうにはラジオを聞いて、オノDのリアクションを楽しむヒロCこと神谷さんの気分を味わうためには映画を見るのが一番かもしれない。

銀魂は楽しみすぎて今がつらい。が、今が一番楽しいのかもしれない。


そんなときの拍手お返事。
ありがとうございます。




 

more

8/30 16:10 の方

ガンガン9月号は発売日過ぎ頃に買ったはいいけれど、書店の袋から出したのが今日掃除するついで・・・という体たらくでして。
外伝自体は楽しみです。ただ、ネットで出回っている表紙画像を見てしまいました。ので、だれかさんとだれかさんの出会いの物語ではないことだけは確かなようです。私的にはそちらの方が激しく見たいんですけど、まあ、作者および大多数のファンが見たいのは一点の曇りもないようなメインキャラですからね・・・(私自身は非常にマイナーキャラのファンだと自覚しております)。

何かのインタビュー記事だったか忘れてしまいましたが、かつてマスタングが何で人気あるのかワカラナイと言ったのと同様にホーエンハイムに関しても同じようなことを作者が言及していたので、作中のマスタングの扱いを思えばホーエンハイムのことはもうこれ以上描かれることはないのではと思っています。アニメFAが破格の扱いだったんですよ(たぶん)。
もし万が一にもその物語が描かれるようなことがあれば、たぶん私は泣いて喜ぶでしょうね(笑)。まあそれもありますまい。

拍手でお知らせしていただいて、ありがとうございました。
次号の外伝掲載号こそは発売日に読みます。

で、話ついでに。10月号表紙の件。

「おかえりなさい」と言うには早すぎる出戻りだなあww
こうちっとも感慨深くならないアオリ文句というのも・・・
でもあのイラストはとても良い!ウィンリィが胸や尻がでかい割に顔がどんどん幼くなってるのはちょっと気になる木。

どっちかというと早く某ジャンプアニメでおかえりなさいを言いたい今日この頃
スポンサーサイト
Category * 拍手お返事
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。