感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Tue
2010.08.24
23:40
 
さっちゃんが可愛いシリーズでした。

 

more

思いのほかシリアスにならずギャグに終始したという印象。
こういうノリは結構好き。
銀さんが見苦しいという時点で、このままギャグなんだなあと。
シリアスなノリがあることを鑑みれば、命乞いできるほど余裕があるってことなんだろうなあ。
溜息ついて「ひでー事しやがらァ」と言いながらさっちゃんに源外が作った眼鏡を渡す銀さんがカッコ良かった。

眼鏡の件は北斗の拳と聖闘士星矢のパロディで笑った。眼鏡で武装するシーンは聖衣装着かw?眼鏡がしゅるしゅるとさっちゃんの身体に巻きついてて、ちょっぴりセーラームーンの変身シーンぽくもあった。舞う羽は何気に眼鏡なんだねw 
こないだ必殺技がないと言ってたくせにあった必殺技(ギャグならばどんな不条理でも許される、それが銀魂)「百烈眼鏡天翔」て北斗百烈拳と鳳翼天翔を足して二で割った感じ?不死鳥の羽にみせかけて、実は眼鏡をブン投げていた。あの小さい眼鏡にどんだけのものがし込まれていたんだwしかも度の合わない眼鏡で倒すあたり不条理だなあ、と。つっこみどころが多くて面白かった。

最終ページはかぶき町四天王篇のジャンプ掲載バージョン並みに詰め込まれているなあ。
銀さんから貰った度の合わない眼鏡でしっかり仕置人を倒しているあたり、ほとんど見えない状態でも十分強いんでは?

なんだか最初から最後まで万事屋とさっちゃんに振り回されてオチ要員だった全蔵が哀れだったww

「きっとみんながくれた眼鏡だからだわ」
銀さんから貰った眼鏡をかけて、「銀さんから貰った」ということに執着して度の合わない眼鏡=銀さんとなり、肝心な銀さんその人を見ていなかったさっちゃん。(銀さんを見ていないからこそ銀さんの悪い一面・・・今回の場合自分がさっちゃんの眼鏡を壊した元凶だと認めず、尚且つテキトーにタダ同然で他人の眼鏡をあげた行為・・・を見ていないわけだ。「普通」ならアレで幻滅するだろうに)

今回の一件はさっちゃんを護るために万事屋が全蔵を強引に巻き込んで騒いだわけで、それを指して「みんながくれた」と言っているのかな。物を貰うということは、その物を貰うときのエピソード込で思い出として残るものだ。つまり、源外が作った眼鏡は、さっちゃんを護ってくれた皆(全蔵はその他扱い)の象徴というわけだ。なんにしてもハタ迷惑な代物には違いない訳で、結局のところストーカーやってた頃と状況は変わらないというか酷くなったようなw 見える見えると言いながら、自分自身が眼鏡ビームを出して脅威だということは見えちゃいないw
さっちゃんが度の合わない眼鏡で一人楽しんでいた時のほうが、かえって銀さんはさっちゃんの脅威からは安全だったという・・・

何気に一旦終了した後の原作エピソードのほうがアニメで見たいと思うのが多い銀魂。
私的に一番アニメで見たいのはキャサリンの話なんだよね。
だがこの話もアニメで見たいっ!
必殺仕事人のテーマが常に流れていて、それってアニメ向きの表現だと思うんだけど(アニメなら自然に耳に入るけど、漫画だと見逃してしまいがちだから)。アニメ再会しないかなあ。チャーハン作ってる万事屋がとても見たい。

というわけで、妙に小さく書かれすぎな重大発表が気になって気になって仕方ない今日この頃。 
(だけど拍子抜けしたらアレなのであまり考えないようにしよう)

スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.