感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2010.05.30
21:15
 
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 10 [Blu-ray]鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 10 [Blu-ray]
(2010/05/26)
釘宮理恵朴叙ミ美

商品詳細を見る


たいした特典もないので購入予定じゃなかったのに、つい買ってしまったもの。
「家族の肖像」が収録されているというのをすっかり忘れておりました。なら買わなくちゃ。

こうやって、入江監督お得意の(?)真正面顔のキャラの配置がジャケットの特徴なのかと思いきやそういうわけじゃない絵柄もあったのが難点かなあ、と(2巻とか4巻とか)。シリーズで一貫したモチーフがあるジャケットのほうが個人的に好みです。作品における統一感がでるんだよね。


というときの感想。
原作ネタバレあり。 

more

と言っても、ここあたりはほとんど読み返しておりません。
でもまあ順調に原作のエピソードを消化しているというのは良く分かった。


人体錬成はしないと言い切るマスタング。
ここでヒューズを失って墓の前にたたずむマスタングの回想シーンを差し込まなかったのは、流れをぶったぎるからだろうか。人体錬成をしないと踏みとどまったのが、10話の葬式後のリザとの会話の時点で既にそうだったと思ったんだが・・・この場合の人体錬成というのはリザが死んだ後にさせるつもりだったのか、あるいは生きている時点でやらせるつもりだったのか・・・どちらも人体を錬成するのはそれだけで所謂人柱候補となりうる禁忌「人体錬成」ということ?まあたぶん前者だろうけど、後者ならマルコーさんは常に人体錬成をしていたってことになるような。ならば何故マルコーが5人目の候補として選ばれなかったのか。この場にいなかったから?たぶん、そういう意味じゃない。

「今の私には、止めてくれる者や、正しい道を示してくれる者がいます」
いや、たぶん前からいたんだよ。マスタングが全っ然気付かなかっただけで。今ここでようやく気付くことが出来たんだよ。彼の後ろには、エドやリザといった主要キャラ、スカーといった元は敵だった者だけじゃなくて、未だに描写のない(ていうかこの調子じゃ恐らくもうないだろう)チャーリーさんたちかつてイシュヴァールで戦ってきた者たち、多くの名無したちの存在があるのだ。ここの描写が薄いのがなんとも。そういや結局反面教師とも言うべきアイザックのことをちらとも思い出しやしない(苦笑)

なんでマスタングって「大佐」まで昇りつめることができたんだろう。イシュヴァールの功績?戦争終結から数年経過して尚だとしたら、よっぽど軍内に人材がいなかったんだろう。全然描写がないので、彼は大佐というよりはひとりの若造にしか見えません。



それはともかく、リザとのラブラブっぷりがよく分かりました。

しつこく生きているブラッドレイ大総統・・・
主人公側の味方につくキャラはどんどん湧いてでるけれど、思えば敵であるお父様側にはそういうわけじゃない。
ハナから味方とは描写されていなかったグリードといい、どんどん殺され拘束されていく軍上層部、なーんも考えてなかったのであっさり主人公側についた兵士たち・・・どんどん減っていってる。
となると、主人公側ではキャラの配置を自由に組み合わせることができるけれど(それでも強制的人体錬成をさせられる役回りは主要キャラのマスタング)お父様側はコマが圧倒的に少ない。となると場をかきまわす・・・エドにもマスタングにも軍の兵士たちにも顔が知れているので都合がいい・・・のは大総統ことラースしかいないのかもしれない。

旅の過程にてどんどん仲間が増えていく、それが鋼の主題のひとつだとすれば、たった一人でバッタバッタと敵をなぎ倒している大総統の異質さがわかるはずだ。プライドもいるけど、奴はあくまでも別行動と考えるべきだろう。

で、強制的に人体錬成をさせられるマスタング。
ここは原作を読んでいてもよく分からなかったんだけど・・・(バカだからな)
本人に知識がなくても他の知識を持つ者で代用できるのならば、正直その場にいさえすれば誰でもいいんだよなあ。ここが一番よく分からない。


そしてお父様が説明するくだりの兄弟とイズミに関する部分と、国の先を見据えた者が視力を失ったというマスタングの部分は完全に意味合いが異なってくる。エドやアルが母のために肉体を失ったように、イズミが子のために内臓を失ったように、マスタングは国のために人体錬成をしたわけじゃないだろう。そもそも「強制的」なんだから。なのでお父様の言っている視力を失った理由づけがよく分からない部分です。単なるこじつけにしか聞こえない。
国の先を見据えるのが身の程知らず?未来を見ることを否定するということは、すなわち生きることを全否定するのと一緒だよ。なら人柱なんていうまだるっこしいことをせずに、殺してしまえばいい。でも、それはしない。

「そんな筋の通らない真理は認めねえ!!」
エドの言う通りなんだよね・・・原作の連載ではお父様の解説部分と、エドの認めない!という台詞は話が別々になっています。なので物語に対する疑問点は読者が感じるものというだけでなく、作品内のキャラもまた同じ感想を抱く~というのがバラバラだったのです。ひとたび物語にそいつはおかしいと疑念を抱くとそもそも読まなくなってしまうので(苦笑)、キャラが同じ感想を抱いたことで作品内でもお父様の解説は変だったんだとある意味安心した記憶があります。お父様に対する違和感を、主役と読者が共有するとでもいいましょうか。今回は話がぶったぎられずに続けて描写されたのが良かったのではないか。

でもまあ、どちらにしても理由づけの関連性が分からないのは一緒だけど。なんで今まで丁寧だったのに、ここにきて強引なんだ。

名無し同士の戦いはBGMが良かったです。サントラ3は購入予定。でも、カットがすごい早さで変わる箇所は若干古臭いかなあなんて(笑)

「私の家に穴をあけるとは」
メイ・チャンが天井に穴をぶちあけて降りてくるもんだから、マスタング大佐が人体錬成をさせられてまで扉をあけてワープしてきた描写が若干しぼんでしまったような(笑)その程度なのか~なんて。でもまあ逆にいえば、その程度のことで視力まで失わされてしまったマスタング大佐が哀れなわけで。

真理の扉の前にたたずむ肉体と、鎧に定着された魂の邂逅で、ここ最近「銀魂」の神楽の声ばかり聞いていたことに驚愕した。全然違うわ~声優て凄いと改めて実感。

肉体を見て喜ぶ声と、細い腕をつかんだときの声とまた違うんだよね。
そして鎧として兄たちの元に戻ってくるアル。真理アルの語り。
ここが今回で一番盛り上るところだ。
スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(3) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第59話「失われた光」

強制的な人体錬成を迫られるロイ。 メイやザンパノの加勢、ブラッドレイ&プライドの参入。 事態は二転三転するが、ついにロイは人体錬成を...
SERA@らくblog【2010/05/30 21:44】

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第59話 「失われた光」

鋼の錬金術師 Festival '09 [DVD]クチコミを見る 金歯医者とロイの対決の場所へ、一瞬の隙を突きメイやザンパノたちが襲来。一挙にその場の形勢を逆転させるが、そこへなんとプライドと、死んだと思われていたブラッドレイが姿を現す。剣を取りロイに襲い掛かったブラッ
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2010/05/31 22:51】

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

あなたは、「視力は一生治らない」と悩んでいませんか? 実は、視力は「ある方法」...
あれ欲しい【2010/06/11 18:05】

 

このページのトップへ
 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。