感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2010.05.16
22:06
 
レイン(初回限定盤A)(DVD付)レイン(初回限定盤A)(DVD付)
(2010/06/02)
シド

商品詳細を見る


某音楽雑誌のインタビューでは作品に合わせてはいない~みたいなことをはっきり語っていたにもかかわらず、映像が合ってるのだそう。
・・・状況描写をアニメ側が無理やり合わせて雨にしたからでしょ(本来「約束の日」は晴れ)・・・
「合ってる」って、その程度でいいんだと思ったのはここだけの話。

では以下感想。
原作ネタバレあり。





 

more

軍上層部の描写が、なんの同情の余地のないただの自己チューバカとしての描かれ方で笑った。
家族がいる、それはこいつらも変わらないだろうに。
家族のためにバカをやる、何が悪い?そう開き直るバカはいない(いると話が進まないから)



えー。

恐ろしく客観的に書いてます。
ほとんど原作を読んでいないし、アニメも見返していないので。

今日の作画は構図も含めて悪いというのは良く分かった。気絶していたというバッカニアを気遣う北軍の兵が、なんだかバッカニアの命を狙う敵に見えた。
・・・ということは、たぶん来週めちゃくちゃ予算を使った豪華な回なのだろう。

・金歯きらりんレボリューション!(SE&効果付き)
金歯に要注目、という演出上の分かりやすい意図。
ていうか、黒目が端に離れてるのが絵が悪い(作画が悪いとは言わない)のと相まって余計に怖いw不気味さが出てて良かったのでは。
キングブラッドレイの成りそこないたちは、つまり50から60代くらいのオッサンたちということか。オッサンが襲いかかる・・・なんて恐ろしい・・・
16号とか17号とか、そう呼ばれると某7つの珠を集めて願いを叶えてもらう漫画の人造人間を思い出してしまうじゃないか。

「休みを、暇をいただきましょう」
早っ。何の感慨もなく・・・(と思ったのはここ最近見返していないせいか)。
なぜかずっと流れ続ける音楽を止めて、ここはフー爺さんの台詞だけを聞かせて欲しかったなあ。
せっかくのサブタイトルなのに。
そしてフー爺さんの戦いがアップばかり。

フー爺さんごとブラッドレイを刺すバッカニア。
フー爺さんがやられたのも唐突だったけれど、バッカニアが参戦するのもあまりにも唐突というかなんというか。
ブラッドレイの最強の目をもってしても、ひん死の重傷を負っているバッカニアの動きは見えなかったというのか、あるいはフー爺さんに気をとられて見ていなかったのか。



「肉体を犠牲にしてまで会いたかった人がいた」
「死なせないために戦うのみ」
肉体を犠牲にしたというよりは、実際には肉体と交換して得たものは会いたい人ではなかったということ。
だから、肉体を犠牲にしても意味はない。まるっきり無駄。
だから、そもそも死なせないために努力しなければならない。
これ以上、なにがあっても大切な者を失うまい。

エドがやろうとしているのはそういうこと、という物語のおさらいの会話でした。主人公の行動理念を第3者の脇役が語ることで説得力を与える、と。

本来は自己チュー的に元の肉体を取り戻すのが動機であり、国うんぬんは漁夫の利みたいなもんだったのが、いつの間にか元の肉体を取り戻すというのが語られなくなってるなあ。自己中心的なものの考え方が冒頭の軍上層部のように否定されているからだろうか。


あいつらは元の肉体を取り戻したいだけさ・・・師匠であるイズミの台詞は、むしろこれだけで良かったような気もする。深読みするのは視聴者次第だ。自己チューなことを口にしといて、実際やってることは他人のため、ってある意味カッコイイと思うんだけどな。


ついでに言えば、もし死んでしまった場合は?
悲しみをこらえて耐えるしかない。

この台詞を吐かせるのならば、せっかくAパートがあるんだから、ここでAパートからカットを数個入れた方が先の話との連続性も出たし、感傷的にもなれたかもなあ。主人公だけでなくて、オリヴィエの前にも起こりうる話なんだから。なんだかAパートとBパートとでぶつ切りのような・・・





スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。