感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Mon
2010.04.26
20:42
 
本日やっと「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」見てきた!
初日にパンフだけは入手したんだけど、風邪をひいてしまっていたので泣く泣く断念。さすがにレイトショーを見るのは自分の体調にも、そして周りの方にも迷惑ですからねー。

パンフは手に入れて置いて良かったです。今日は売り切れてた(´・ω・‘)
で、数量限定の入場者特典は月曜初回分にも関わらず貰えませんでした。ということは公開2日目にして無くなったってことか・・・どんだけだよ。恐るべし銀魂。

大人から子供まで観客の年齢層が幅広かったように思う。
・・・その幅を私も広げていたりするんだが(苦笑)

で、本編感想。
以下ネタバレ(ですが、本格的な感想はGW明けにします)。

 

more

帰ってからテレビシリーズの紅桜篇を見ました。
さほど変わらない。

だが、原作もしくはテレビシリーズを見ていること前提の作りになっています。
なので、似蔵が思わせぶりに<昔銀時と戦ったことがある>というのがさらっと何のフォローもなく出てくるので、初心者や一見さんには分かりにくい。まあそのあたりは本編で万事屋が会話しちゃってますけどね。
テレビシリーズシーズン其之弐 第51話「ミルクは人肌の温度で」第52話「人に会うときはまずアポを」(原作コミックス10巻)を見る事をオススメします。

私的にはもっと銀時の行動の流れをもっと丁寧に描いて欲しいってのはあるけど、まあこれは所詮はテレビシリーズなり原作なりのエピソードの焼き直しで・・・ついでに言うと予算もないらしいので・・・仕方ないかな。

変わるべきところは変わっている。それはジャンプ漫画らしい<後付け設定>を物語に盛り込むこと。真選組だったり神威だったり。
でもそれがあまり違和感がない。テレビシリーズで語られている<銀時と万事屋メンツ><桂とエリザベスと彼らを慕う攘夷志士><高杉以下奇兵隊>の微妙な距離感を邪魔することは決してなかった。
とってつけた感じというよりは、むしろテレビシリーズであんだけ派手なドンパチしていながら真選組が何も気づいていないという違和感があまりなくなった。が、いてもいなくても良いポジションではあるなあと。

後は、何と言っても「バクチ・ダンサー」でしょうか。これが使用される場面は必見!テレビシリーズの「修羅」と基本一緒の流れですが、時間も長くなり、映像も迫力満点。作画も全面的に描き直しているようです。たぶんココが一番力が入っている描写。
うん、主題歌の挿入歌使用というのはこうでなくっちゃ!カタルシスがものすごい!

バクチ・ダンサー(初回限定盤)バクチ・ダンサー(初回限定盤)
(2010/04/21)
DOES

商品詳細を見る


この銀さんがカッコイイのだ。桜でもあれば、血でもあるよね。
帰りの車の中のBGMはバクチ・ダンサーばかり聞いていたり。
4月30日放送のミュージックステーション(テレビ朝日系列)にてDOESが出演するそうです。楽しみ!


で、銀魂らしいBGオンリーやメタな演出もありました。
映画の冒頭に必ずある配給会社のロゴをまさか3回もやるとはww
そして確かにこれはオールキャスト(笑)


見終わって一番の感想は、銀さんカッコイイ!だった。
あまりにカッコよすぎてクラクラした。
主役が主役らしくあるアニメって面白い。
彼の過去が微妙に隠されているのが良いんだ。思わせぶりに語るのが良いの。


で、紅桜篇を見た興奮と、入場者特典が貰えずに悔しくて買った品々。

銀魂-ぎんたま-公式キャラクターブック 2 (ジャンプコミックス)銀魂-ぎんたま-公式キャラクターブック 2 (ジャンプコミックス)
(2009/05/01)
空知 英秋

商品詳細を見る


とうに発売済みの本です。所謂ガイド本は、これだけ持ってなかったので。

銀魂~何事も最初が肝心なので多少背伸びするくらいが丁度良い~ (ジャンプコミックス)銀魂~何事も最初が肝心なので多少背伸びするくらいが丁度良い~ (ジャンプコミックス)
(2006/05/02)
空知 英秋

商品詳細を見る


こちらも発売済みの本。エリーの中の人のツイッター見て買う気になった。

銀魂 シーズン其ノ四 3 [DVD]銀魂 シーズン其ノ四 3 [DVD]
(2009/12/16)
杉田智和釘宮理恵

商品詳細を見る


初回限定版には昨年2009年4月5日(某FAの春祭りの次の日だわ)に開催されたイベント(銀魂大感謝祭)の様子を記した小冊子がついてます。これがなかなかイイ。行けなかったけれど、かなり詳細に記してあるので嬉しい限り。
ああでも、シャッフルアフレコの模様は冊子ではなく映像媒体で見たかった・・・アドリブを入れる杉田さんとか小林さんだとか面白かった。
そういえば、先日の春祭り(仮)は映像化しないんでしょうかね。「よりぬき銀魂さん」だとか「銀魂 超銀幕瓦版スペシャル」だとかでちらっと放送されているんだし、なんらかの形で見たいなあ。

リスアニ! vol.1 (SONY MAGAZINES ANNEX 第 507号)リスアニ! vol.1 (SONY MAGAZINES ANNEX 第 507号)
(2010/04/24)
不明

商品詳細を見る


FAの記事も掲載されていますが、私的に銀魂の記事がメインだった。
銀魂の記事は全6ページ、うち4ページがDOESへのインタビューです。

で、最新号のジャンプももちろん買いました。ああ、ジャンプを毎週買うだなんてかなり久しぶり。


ここ最近はかなり銀魂関連の書籍やCD,インタビューが掲載された雑誌の発売ラッシュです。
なんていうか、追いかけようと思ったら大変(苦笑)

何が驚愕って、お通ちゃんのCDが売り切れだったということ。これが欲しかったんだけどなあ。
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂
Trackback(2) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎銀魂第51話「ミルクは人肌の温度で」

『アナタの子供です』そんな書き置きと共に、万事屋の前に赤ん坊が捨て置かれていた。天然パーマの銀髪に死んだ魚のような目……銀時そっくりの容貌に、銀時以外の誰もが銀時の隠し...
ぺろぺろキャンディー【2010/09/19 20:37】

◎銀魂第52話「人に会うときはまずアポを」

捕らえたお房に対し、赤ん坊・勘七郎の行方を問い詰める賀兵衛。そこに、似蔵に追われた新八と神楽がなだれ込んだ。彼らの姿を見ても尚、お房への追及の手をゆるめない賀兵衛に、神...
ぺろぺろキャンディー【2010/09/19 21:00】

 

このページのトップへ
 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.