感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2010.03.21
21:22
 
1週間ぶりの更新。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 2鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 2
(2010/03/24)
TVサントラ

商品詳細を見る


24日にはサントラ2がようやく発売されます。これが一番楽しみ!


以下感想。原作ネタバレあり。 

more

ところで、鋼FAのDVD&BDのCMにあったアオリ文句 「イシュヴァール殲滅戦」全容解明。 にツッコミを入れたのは私だけじゃないと思いたい。
あれは、あくまでもリザの主観。戦争下では立場によって見方が変わってしまうロックベル夫妻の行動や、マスタングたちによって殺された者たち(「恨みます」と言い放つイシュバール人)、苦しむアームストロング、あるいはマスタングを慕う者たちを描かずして、何が<全容>だ。見たくないものは見ないフリして、マスタングやリザを完全被害者としか描いてなかったではないか。もっとも本編中にリザが主観だとは一言も言ってない事を考えれば、ましてやアニメ誌で入江監督があれを「本質」と答えている以上、あれが全てなのだろうか。マスタングやリザが無理やり徴兵されて軍に関わったのならば納得するが、あくまでも軍人として自分から志願した結果だろう?軍人が人を殺すとは思いもよりませんでした、ではないだろう。イシュヴァール人は自国の民で、軍人として自国の民を守らねばならないのにそれが出来ず、ましてや上層部に疑問を抱いても何も出来ないからこそ「ねずみ算」として人を守ると決意する話だ。

全容解明と言いきるには、あまりにも描写が足りない。

あれは全容じゃない。誰かの主観だ。



心なしか、ナレーションの家弓さんのお声が力強くなってるような・・・

先週の絵が壊滅的に悪かったので、今週がものすごく良く見える。
ただテンポが全体的に早すぎて盛り上がりに欠けたのも正直なところ。「間」がないのがFAという作品だ。
あまりにも「約束の日」言いすぎなのでは。

「ヒーローは遅れてやってくるものなんだよねえ」
ホーエンハイム登場。すっかり原作のノリだ。
さてさて私的にFAはホーエンハイム主人公で見ているので(これが私なりのFAの楽しみ方)、とても面白かった。
アルの提案でプライドを閉じ込める場面、あのBGMは新曲でしょうか。プライドが伸ばした黒い目の動きがもちょっと早かったらなとは思ったが、十分迫力がありました。
「俺の息子を、バカにするな!!」

そういえば、FAのホーエンハイムは27話の回想シーンが入ったことで、割と迷いある者として描写されています。時に立ち止まり、過去を思い返し、そして前に進む。正直主人公のエドよりも、その心情が丁寧に描かれているのが面白い。FAの面白いところは何ですかと聞かれると、私は迷いなくホーエンハイムだと答る。
トリシャの遺言も聞いたことで、彼の迷いは完全にふっきれたんじゃないかな。彼の目的は、老いて死ぬこと。それはつまり、家族とともに老いる事。妻のトリシャと共に生きることは叶わなくなってしまったけど、傍らにいる息子たちがいる。そのために彼がお父様やホムンクルスと戦う動機がはっきりするのだ。家族とともに老いるためには、自身が賢者の石であってはならない。元の人間に戻らなければならない。

「これはアルの提案だ」
アルとホーエンハイムが元の姿に戻らなければならない動機が、似てるんだよね。自分自身のためでもあり、大切な人のためでもあり・・・。元に戻らなくても普通に生活可能なエドとはちょっと違う。だからアルはホーエンハイムにすぐになついたのでは。

ところでその空洞・・・本来は完全暗闇のハズが演出の都合上(視聴者が見やすいように)スポットライトがあたってるように見えるだけ、と思ってたが・・・なんだか鎧の頭部を最初から狙って歩いていたように見えた。モールス信号を打つため。

「我々の計画には、杜撰などありえないのです」
誰かのために生きる人間は、つまり誰かにとっては都合の良い人間でもある。そこを利用している。
でも、大総統夫人にしてもアルにしても、己の命を投げ出す自己犠牲、というわけではないと思うんだ。誰かを助けたいという気持ちと、なら自分が死んでもいいという気持ちとは一概に人括りでは語れないんじゃないかな。例えば車に轢かれそうになったセリムを助けようとした大総統夫人なんて、必死になっていただろうけど、自分が死んでも構わないとそこまであの場で考えたのかな。そういうのを考えるのは後だと思うんだ。とっさの行為でそこまで考えない、てのをプライドは分かってないのが面白かった。どこまでも計画的な行動をするホムンクルスである彼は、ある意味杜撰な人間の事を分からないのだろう。

ヒューズの墓参りするマスタング(ちょうどリアルでお彼岸)。ここだけだと、作戦の成功と全員の無事を祈っているようにも見える。でも実際彼がやろうとしていることは・・・

「約束の日の、はじまりだ」
この絵のエドはいいですね!エドが久しぶりにかっこいい!
でも朝日の差し込む瞬間はもうちょっと「間」が欲しかったな。

スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。