感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2010.02.28
21:20
 
地震怖いっ!
日本から遥か離れた場所で起きた地震が、こうやって日本にまで影響があるというのがもう・・・

うちの地方では地図表示がありました。仕方がないですね。最速だとCSアニマックスで放送されるはずなので、そちらを見ます。BD買うし。

ということで以下感想。
原作ネタバレを含みます。 

more

やたらとウィンリィが艶っぽく描かれているのは下チチ万歳!だから?ww
こういうのは、「風呂入ろうと思って風呂場行ったら女の子が入ってた」という王道ネタを彷彿とさせる(ていうかそれがやりたかっただけだろ)。ウィンリィが入ってきた瞬間に気付け!

キャラが水島版並みの綺麗さで嬉しかった。


「来春が約束の日」のすぐ後に、春のリゼンブール祭りがある。もう、約束の日は間近に来ている、というわけですね。
ただ、前回はアルやウィンリィは普通にリオールにいて、エドたちはセントラルにいて、今回いきなりリゼンブールにキャラが集合しているので、さらっと見た感じ何がどうなってキャラがリゼンブールに集合しているのかがさっぱりだった。理解するにはもう1度頭から見直さなければならない。見直すということは録画しておかないと無理で、それが駄目ならディスクを買うかレンタルしましょうww 原作も似たようなもんだと思うんだ。

「外国に逃げとけ」
ここの間がヘン。BGMとあってない。ウィンリィがきっとエドをにらんだ瞬間にBGM止めてくれ!と久々に叫んだシーンです。シリアスなBGMにギャグ顔はあわないんだよう・・・

でも、今回は全体的に「間」がとても生かされていました。見ていて、すっと気持ちが入っていけるんだよね・・・。こういうのがなかったから1クールはダイジェストにしか見えなかったんだ。

「あんたはこの国がどうにかなっちゃうのを止められないの!?」
今回、高本さんなんだか滑舌良くないなあ。
それはともかく、3月号の超展開(超展開ですよ)を読んでいるとなかなか面白い。答えを知っていると、後でにやにやしながら振り返ることができる。この約束は結局守ることができなかったなあ

・身長差
ナニコレ萌えた!原作ではなんとも思わなかったが今萌えた!
横顔はもう声変わりしているイメージ。真正面顔は今まで通り幼い。
ただ等価交換なのかポニテエドには全然萌えなかった。前とは完全に別人なのだと変に感慨深くなってしまった。どっちが好みかは置いといて。
エドも精悍な顔つきになってますね。前回は妙に馬面でしたが(笑)それも全てキャラの作画で成長を表していたりするんでしょうか。思い起こせば1話の頃は団子みたいにまるかった。ずいぶんと成長したもんだ。まあ、作画監督によって変わってくるのが難点か。各作画の個性を感じることが出来ても、それと作品世界でのキャラの成長っぷりがシリーズ通して感じられるかは別問題です。

「強すぎる欲なんて、ろくなもんじゃねえよ。見ろ、死んだ人間を欲したらこのザマだ」
原作では表情を隠してる。FAでははっきりと出してきたなという印象です。そして台詞は一緒のハズなのに原作と細かく違いを出してきている。
ウィンリィにぎゃあぎゃあうるさいと言ったのと同様、グリードに対しても同じように思ってるんだろう。ぎゃあぎゃあうるさい。でも、「欲っつーもんに偉そうに格付けするから、人間はややこしいんだよ」とグリードに言われて、一瞬の間があった。この「間」は何を意味するんだろう。グリードの言葉に、的を射る何かがあったからじゃないのか。欲に偉そうに格付けした結果、見てみないフリをしてしまい、結果的に真実から遠ざかったことがあった。20話で母だと思っていた者の墓を掘り起こしたエピソードをぜひ思いだしてほしい。
ここの「間」は最高に良かった。深読みを許してくれる!


「機械鎧、整備してくれてありがとうよ」
こ、これは!シャンバラでエドがウィンリィに直接言わなかった言葉っ!
原作ではピナコばっちゃんに向けてもいる感謝の言葉が、なんだかウィンリィにだけ言っているように聞こえる。実際問題、エドの機械鎧の微調整はウィンリィにしかできないというピナコの台詞も受けてのことだろう。
スタッフとしては意図的な変更なんじゃないかな。これはシャンバラエドとは別の選択をしたエドだ(原作ともちょっと違うのがポイントです)。
「ありがとうよ」の後に「フッ」ってブレスが聞こえたような気がした。俺様カッコイーみたいな(笑)。

ただし、なぜかBGMがあっているように聞こえない。キャラは約束の日に向けてしけた面はしていないのに、いたずらに不安感だけを煽られている気分になるんだが・・・。もっとも3月号の結果を思えばこのBGMもあっているんだから面白い。

「アップルパイでも焼いて待ってろ」
ここはなんだかウィンリィとエドが夫婦に見えて仕方なかった。

「あの二人どこで何を」
ここの間も良かった。

・引っ張られる、アル。
動きが凄かった。ここのBGMはめちゃくちゃあってる。
で、セリムが某アニメのサーシャ(チチだけに)にしか聞こえなかった。

以下続く。
スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(2) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第46話「迫る影」

ついに最終章!最終決戦! いよいよ明日、約束の日。 運命の日が訪れる・・・早! エドとアルが元に戻れるかもしれない日。 そして、こ...
空色きゃんでぃ【2010/02/28 21:47】

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第46話 「迫る影」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る 「約束の日」を前に、リゼンブールの自宅へ戻ったウィンリィは、そこでエドと思わぬ再会を果たす。一方、マイルズと共に秘密裏に東部へ来ていたアルは、潜伏先で再び肉体に魂が引っ張られる感覚...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2010/03/01 13:16】

 

このページのトップへ
 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。