感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2008.04.04
19:09
 
1話以来、再びゲンロウ党に襲われる蓮通寺。
一度襲われてこっぴどくやられたことがあるくせにセキュリティ低いなおい。

ホウセイとリンメイによってゲンロウ党は撃退されるが、「こっちはなんとか大丈夫」って、後ろで盛大に寺が燃えてますがな。
火を消す場面でコヨウがいないことに憤ったリンメイが、「男ってどうしようもない」
ここまで同じフレーズを繰り返すと少々くどいかも。タイトウが同じセリフを意味なく繰り返すのと同じくらいくどすぎる。状況的に早く火を消しなさい。

ゲンロウ党の目的は、人質にとったソンネイと見せかけて実は破軍のタイトウを誘き出すこと。そして、青龍党の頭のソウエイを潰すこと。

ソンネイが、今のタイトウなら危機的状況をなんとかする力がある、ケイロウは力を少々見誤ったって・・・数話前、そのケイロウにこてんぱんにされてリュウコウを置いて逃げるしかなかったのですが・・・

ソウネイの実力の前に、ゲンロウ党はなすすべもない。強さを表現するのなら、せっかくのアニメなんだしセリフだけじゃなくてアクションシーンをもうちょっとがんばりましょう(もう放送は終わったけど)。

ソンネイはコヨウが救う。いつの間にかいなくなったと思ったら。ソンネイを人質にとったチョウカはあっさりとあきらめる。

シメイはソンネイではなくソウエイの方へ。そっちのほうが面白そうだからだそうです。ソンネイいわく、シメイは「運命をもてあそぶ物の怪」。つまり星の運命にある者を外からひっかきまわし混乱させる者。

そして。
あっけなくシメイの操る死人に父ソウエイが刺される!(致命傷)
なんだこの盛り上がらないシチュエーションは!場面を助力すべきBGMも全然さっぱりむしろ静かな曲調。アクションシーンも止め絵。
本人がさんざん自分が強いと言ってたわりに、けっこう弱いんじゃと見てるこっちに思わせちゃいかんでしょう・・・

ライラ「タイトウのせいだよ!そばにいたのに!一番近くにいたのに!」のセリフがうざく聞こえちゃった。何しろタイトウが自分の戦いに精一杯だったといったようなアクションシーンがきちんと描かれていなかったから、ライラのセリフが「どうしようもない憤りからついタイトウに怒りをぶつけてしまった」ようには見えない。

父親ソウエイを殺されることによって破軍であるタイトウの怒りの感情を導き出そうとするシメイ。逆に一撃でシメイをふっとばす。ここで怒りに負けて破軍の力に飲み込まれるようなことはなかった。タイトウは、力をつけていた。つーか、シメイもあっさりやられちゃったな。

父の墓をつくり、タイトウは再び旅へ。
・ケイロウが連通寺を襲わせた意味
・シメイ
・北辰紀記
知らないことが多すぎる・・・18話かけてなお。

ああ、突っ込みどころ満載の回でした。
以前殺された仲間のことは華麗にスルー。
しかも父ちゃんの死までもがあっさり終わっちゃった・・・・・・・・・orz
スポンサーサイト
 
Category * 獣神演武
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。