感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2009.12.14
00:34
 
以下ネタバレ。
原作ネタバレあり。 

more

感想に主役の兄弟のことを一切書いていない自分に絶望した。
頭悪い人間なので、肝心なことを忘れるようです。






さすがにアバンだけで感想終わるのもなんだかな、なので。

今回は作画が濃かった。でも好みの濃さでした。この綺麗な絵で「家族の肖像」を見れて幸せ!
35話の兄弟が押し込められた牢の鉄格子は色の塗り方が変で発砲スチロールのハリボテに見えたものだけど、今週の鉄格子は普通に鉄格子に見えました。

そして結構動いていました。アニメは動いてナンボのものだ。Cパートで花屋のおばちゃんとマスタングが話している後ろでしっかりモブが足だけ動いてる!



その動きが妙に働きすぎたのか、レイブンがものすごくセクハラ親父に見えてしまいました(笑)
女性の体を触るだけではあきたらず、妙に掌を握ってなでて、そういう行為はまさしくセクハラじゃないか。不死の軍団を持ち寄って、弱肉強食を盾にとり、自分の代でこそ完成させると鼻息を荒くする様はパワハラでもある。

そりゃあ斬って捨てたくもなるさ。


訳のわからんことをほざく上司を、剣で貫き上から見下ろすのって、見てて凄く気持ちよくありませんでしたか社会人の方。そりゃ社会的に反する行為は絶対にしませんが、上司であるが故に上司が首をかしげるようなやり方(うちのトップはワンマンで他人の話を全く聞いてくれない・・・)をしていても言い返すことができない・・・やめさせられたら困るから・・・自分の代わりに漫画のキャラがやってくれたような気持ちになりました。

生コンにゆっくりと沈んでいくレイブンが、ものすごく哀れに見えた。キンブリーなんてむしろ好都合だと言っていたし。お父様やホムンクルスたちにとってみたら、彼は所詮コマにすぎなかったわけだ。レイブンは自分こそが事を担うと勘違いしていたんだよね。



今週はギャグは押さえ目で何より。原作2話分の分量だけど、テンポは丁度良かった。
キンブリーが大総統に連絡を取る場面と、繋げてラッシュバレーにいるウィンリィが呼び出される場面はありませんでした。なので若干唐突に感じてしまったかな。が、これについてはウィンリィがブリッグズに来た理由に含まれる形で次週描写されるんじゃないかと思ってます。

ていうか、ウィンリィ可愛い・・・
原作ではエドに久しぶりにあって嬉しい、というのが控えめだが伝わってくるような笑顔だった。控えめという点において昔ながらの正統的なヒロインだった。
それがFAでは、第一印象として「どう、会いに来てやったわよ?!」というか、「私が来て嬉しいでしょ」みたいな笑顔で全然控えめじゃなかった(笑)
なんだかしたたかな子だなあ。でもなんだか普通に可愛かった。

そういえば、FAにおいてウィンリィがラッシュバレーで働く姿はほとんど描写されていません。最初にラッシュバレーに行って修業すると残ってから、ヒューズ死亡時にセントラルに行くまでがしっかりカット。
でも、今にして思えばラッシュバレーにいるときは機械鎧技師としてしっかり働いているイメージがものすごくある。
その理由はずばりエンディングだ。昔「巨人の星」で星一徹がちゃぶ台をひっくり返したのは本編中1回だったにもかかわらずちゃぶ台をひっくり返す=星一徹のイメージがあるのは主題歌(OPかEDかは失念)で毎週描写されていたからだと何かの懐アニ番組で言われていました。
それと一緒だと思うんだよね。FAにおける描写不足をエンディングで補った印象があります。

あとはCパートの終わり方が好き。
Bパートは窮地に陥った終わり方(兄弟側)で、対してCパートはこれから逆転を図るきっかけを見つけたマスタングで終わる。これ、普通に次回が楽しみになってしまいました。攻略ルートが一本道じゃないのがいいですね。
スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。