感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2009.11.20
09:51
 
最近というか、ここ1年ずっとそうなんだけど。

喰霊 零 諌山黄泉 (ノンスケールPVC塗装済み完成品)喰霊 零 諌山黄泉 (ノンスケールPVC塗装済み完成品)
(2009/10/28)
キャラアニ

商品詳細を見る


黄泉ちゃんが好きすぎる。
黄泉が好きすぎて、「けいおん!」見たっつったら怒られる?(笑)

夢の足音がきこえる夢の足音がきこえる
(2008/11/26)
水原薫

商品詳細を見る


このジャケットめちゃくちゃ好きっ!
曲も切なくて悲しくて、でも神楽を思う黄泉らしくて、殺生石の力で自分を失いかけていてもそれでも神楽を想う気持ちを忘れなかった黄泉らしい、大好きな歌です。


「相討ちは負けと、教えたはず!」殺生石が額から飛び出してきているということは、完全に意識が元に戻ってるということなんだよね。

「殺生石よ。あなたが私を欲望のまま走らせるというなら、私の本当の望みを知ってるわよね」
「それは、神楽、あの子を守りたい。あの子を全ての不幸から守りたい。あの子を全ての災いから守りたい」
「その全てを消し去りたい。お願い、あの子を守って。不幸を消して。災いを消して。」
「たとえそれが、私自身であったとしても」
最終回の、携帯電話の自分自身が表示された画面を狙って剣で刺した場面がとても印象的でした。

おかげで原作にも手を出しました(コミックス派です)。

水島監督版鋼のホムンクルス設定が大好きなんだけど、黄泉ちゃんの殺生石による変化って通じるものを感じるんだよなあ。パクリじゃなくて、共通項。
そんなふうに大好きな人が豹変する、というのは割と良くある設定のような気もするけれど、こういうのが好きなのかもしれない。
スポンサーサイト
 
テーマ * アニメ ジャンル * アニメ・コミック
Category * アニメ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。