感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Thu
2009.11.05
21:39
 
行きの新幹線は楽しみで4時間半の乗車も苦にならないんだけど、帰りはひたすら「どこでもドア」が欲しかった。

そんなときの感想続き。
メモに起こしたこと、記憶にあることを中心に書いています。 

more

「ハガレンシーンセレクション」
スタッフが選んだ鋼FAの名シーン集です。

@10話のヒューズが死亡するところから、ロイの「雨が降ってきたな」まで。
ここでヒューズ役の藤原啓治さんがビデオでご出演。
相変わらずどこか掴みどころのないひょうひょうとした答え方をするお方だなという印象です。
ところが、途中で会場のキャストとの会話が微妙にかみ合ってくる。
そしたらご本人が、あたかも主役のごとく目立って(笑)舞台上に登場されます。いつ見てもダンディだわーと思いつつ、こういうサプライズは嬉しかったです!

@15話のシン国キャラ登場シーン
同時にグリードの話になったのですが、中村さん曰く、一度グリードはお父様に取り込まれるも「また出るし」。そしてグリリンになったときにどちらが声を当てるのかが気がかりだったとのこと。
初登場時に宮野さんは台本が汗で「びっちゃびちゃ」に。後藤さんもまた緊張で暗記したそうです。

@19話のリザの絶叫からアルの「嫌なんだ!」

@両親殺害の実行犯がスカーだとウィンリィにバレて、エドの絶叫「撃つなーー!!!」
そしてスカーの兄がスカーにやったこと
自分は人を殺したいほど憎んだことがないから分からない。その分からない衝動のままウィンリィは銃をとった。そして、エドやアルを両親と同じように奪われたくない悲しさや悔しさもあった。・・・というようなことをウィンリィ役の高本さんが話しておられたのがとても印象的でした。そして、この高本さんのお話を聞けただけでも横浜まで行った甲斐があったと思いました。

@26話「まるで神への祈りじゃないか」、クセルクセス人の魂「ありがとう」
そして扉の場面。

・「ハガレン4コマ劇場inパシフィコ横浜」
DVD&BD特典をプレスコで声優陣が演じます。4コマそのものは、横浜にちなんだ描きおろし。
ここで問題が発生して(笑)、三宅さん演じるスカーと中村さん演じるグリードの出番がない(笑)
「ちょっと待ってください!」「スカーはどうするんでスカー」(←釘宮さん反応)
ということで、中村さんが音響監督とタイトルコール。三宅さんが4コマ目の効果音。三宅さん曰く「もはや人ですらない」
ここで中村さんの暴走が始まります。盛り上げに必死(笑)
「ポップでキュートに」「僕の作る作品はいつもそうだから」

そして「アドリブは嫌い」・・・その割に2コマ目の横浜の特色をアドリブで追加しろだの、3コマ目のシュウマイを食うリンのセリフに対して本当にシュウマイを食べろだのやりたい放題(笑)シュウマイを持ってきた軍服来たおねーさんに宮野さんは何度も「誰?」を繰り返していたり。
2コマ目はともかく、3コマ目に関して1テイク目はシュウマイを食べたのが一つだけだったことに対してダメだし、後藤さん演じるメイ・チャンも付き合う形でリテイク。で、結局持ってるシュウマイを全部口に入れるハメになる宮野さん。朴さんも横からシュウマイを宮野さんの口に無理やり放り込みます(笑)もう何を言ってるのか分かりませんでした(大笑い)。

このあたりはキャスト陣の仲の良さを見せつけられた感があります。良いチームなんでしょうね。

そして、中村音響監督の「前のテイク使うから」がオチでした(笑)

4コマ漫画に普通に台詞を乗せるだけだと原作4コマ読んでれば事足りるわけですが、こういう展開だとアニメそのものを楽しめました。こんな感じにすればいいのにー。

第30話「イシュヴァール殲滅戦」
今回のイベントではOPとEDはなし。その代りイベントならではの演出ということで、声優陣の語りが挿入されました。
本編前は藤原さん演じるヒューズ。彼は日常の会話にイシュヴァールの話題が出ることに嫌悪感を抱く。
Aパート終了後は折笠さん演じるリザ。
Cパート終了後は三木さん演じるロイ。「理想なくして、明日への道を歩めるのか」
エンドロールは特別バージョンで、黒バックにスタッフ・キャストのお名前が流れていく。

この感想は後ほど。

そして10分休憩。その間はエドやアルのキャラソンとともに、初公開となるリンやランファンのキャラソンも流れました!なかなか良かったです。


もちょっと続く
スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.