感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2009.11.04
01:18
 
「帰るまでがハガレンです!」
と言われたのを思い出して地元に帰ってきたら土砂降りなうえ寒かった。
車の運転がものすごく怖くて(センターラインが雨とライトで全く見えなかった)、上記台詞を思い出しつつ帰りました・・・

というときのレポ続き
(メモに起こしたこと、思いだしたことのみで構成されています。記憶違い、記述間違いあると・・・思う)
完全に他の方のレポを読んで思いだしていますよ!!
ついでに私は中村さんのファンなんで、生でゆうきゃんを見れる嬉しさでいっぱいでした。いっつもラジオで聞いてる人がすぐ近くにいる!って(笑) 

more

私の席は1階席後方でした。さすがに出演者の表情は分かりませんでしたが、位置的に通路のすぐ側だったので舞台を全体的に見渡せました。
開始前に舞台横に二つ設置されたモニターにCMが上映されていました。

「黄昏の少女」プロモを見ていたら、なんだか鋼世界に鉄人28号が出てたような気がしたんだが。なんだあれ。

夕方5時とともに鐘の爆音が響いてびっくり。結局それから10分程度ずっと待ち続けることに。その間に1階席真ん中の通路にボンズの南さんと監督らしきお二方が通り、関係者席と見られる場所に行っていたのをしかと見た。

YUIのTVサイズ「again」とともに5:10頃開演!
アームストロングの内海さんの挨拶と注意事項が上映されました。

「感謝の意を!ダンケシェーン!!」

映像では、携帯電話についてはヒューズがエリシアちゃんについて電話でニヤニヤ話すシーンが、飲食は禁止という時にはリンの食事のシーン、喫煙禁止ではたばこを吸うハボックなどなど、台詞ではいたって真面目に(でも大げさに)説明しつつ画面上では連想するFAの場面を用意するこだわりようでした。面白かったです!これで掴みはオッケー!!

「真理を見る覚悟はあるか!!」
「あるー!!」
ということでいざ開始。

中央の大きいモニターにカウントダウンが表示。
1クール目でお馴染みの家弓さんのナレーションがあり、その後出演キャストがシルエットで舞台上に登場。キャストの方々は黒と白がメインの服装でした。

「行くぜ横浜ーー!!」

今回の司会は南かおりさん(鋼FAイベントについて書かれたブログにリンクしています)。

・「デタラメ人間の万国ビックリトークショー’09」
あらかじめ鋼FAホームページで募集された質問と、それに関連したキャストのトークが中心となっています。
・12歳の頃は何をしていていたか
・食べるものリストにあげるとしたら
・スカーとガーフィールについて演じ分けが面白い。アフレコ時のマル秘エピソードは?

基本的に三宅さんがいじられまくり。お酒の席の話もあったりして、皆さんかなり仲が良いんでしょうね。なんだかほのぼのとしてしまいました。
朴さんと宮野さんの仲の良さはラジオ「ポケ声ファイト!」があるからでしょうか。息が合った感じはさすが。
そして、盛り上げ役がグリリンの宮野さんと中村さんのお二人!とにかくこの方々のボケとツッコミが面白くて仕方なかったです。

そして・・・ここあたりは個人的に頭真っ白でした。まさか採用されるとは・・・いやいやびっくり仰天。
冷静に分析すれば・・・最初の別の質問で三宅さんを他キャスト(ていうか三木さんだけど)がいじって場を温めて、次にその流れで三宅さんの兼役ネタを持ってきて三宅さんという声優個人をメインにして意外性と面白さを見せつけて印象を強める。で、後の「ハガレンドラマステージ」でスカー・ガーフィールを実演する。こういう段階を踏んだ構成によってイベントが進んでいくんだというのをまざまざと見せつけられたような気がしました。キャストの一見自由に聞こえるトークもまた構成の一部。だから無料イベントの割に変に凝ってるなとも思いました(後にDVDになると知って納得した)。

でも嬉しかったです。冷静に分析して動揺をおさえてみたよ。
まさか採用されるなんて夢にも思ってないもんだから、名前変えてなかったし。
15話のスカーとガーフィールの演じ分けが面白くて仕方なかったので、生で見れてものすごく嬉しかったです!!満足です!!

制作者への質問は、複数の質問を纏めた形で入江監督が答えていらっしゃいました(VTR)。
ここで実際に出てきて舞台上で話せばいいのに~。
言葉を短く切りながら、少しずつゆっくり話す姿が印象的でした。
ここで鋼FAが6月まで続く(5クール)と正式発表。もちろん別のイベントのレポ等を拝見して知ってはいましたが、いざ口にされると嬉しいですね(その一方で描写不足を防ぐには当然だという気持ちもあったりする)。
そして3クール目以降のみどころなど。

次は原作者荒川弘さんへの質問。こちらもお知り合いの鋼ブロガーさまの質問が採用されていて二重でびっくり仰天!うわーさすがー!!と思いました!
お気に入りの場面としてクセルクセス遺跡の背景、意外だけど良かったのが26話ラストで一度閉じた扉をエドがこじ開けたシーン。ここは会場もおおお!と納得していました。
キャラの元ネタ(?)は、グラトニーのスノーマンは他の原作者インタビューで知ってはいたのですが、アームストロング少佐がキューピーちゃんというのもまさしくそのもので面白かったです。キューピーちゃんが大人になったら少佐になる、と(笑)

続きます。





スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。