感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2009.08.31
20:05
 
書店のレンタルコーナーに、鋼FAのDVDレンタルの巨大な立て看板がありました。
力入ってるなー。
販売コーナーでは見たことのある真っ赤で厚い箱がレジ前に9個もあってびっくり(@_@)

 

more

そのレンタルコーナー。

ちょうどひとつのコーナーを独占していて、鋼FAは2本、下部には前作鋼が劇場版まで1本ずつ配置してあり、DVDでトレーラーを上映。鋼だけでたくさんDVDがありました。
2本というのは多い方で、「銀魂」なんて1本しかないので競争率が非常に激しいのです。2本おいてくれよー。
ちなみにそこの書店は書籍コーナーに鋼原作本を配置してやっぱりトレーラーを上映していて、そこの本屋のどこにいっても鋼の音声が聞こえてきます(笑)。まだかるた付限定版が残ってた。


ただ気になったのはそこにあった書店員が書いたとおぼしきポップ。

>あのエドとアルの兄弟が帰ってくる!前作は原作が1巻から2巻までの間に制作されたのでやむなくオリジナル展開でしたが、今度は原作通りのストーリー!言わば・ハガレン!
>今回のシリーズは原作ファンにも納得のいく内容です!

(こういうような内容)

ホントに「真」の部分だけ赤文字でした。

・・・・・・

私だったらこう書くね。

あのエドとアルの兄弟が帰ってくる!今度の鋼は原作にそったストーリー!原作どおりの内容なので原作ファンも、もちろん新作として前作を知っているファンも必見です!
新たなハガレンワールドが始まる!


あ、びっくりマークだらけになった(苦笑)


「真」とはアレですか。オリジナルに進んだのはやむを得ない状況であって、オリジナルの前作なんざ鋼として認めてないんだよということですか、店員さん。
レンタルショップという万人の、それも前作ファンが見るかもしれない状況下で、素直だ(笑)。
でも「真」はないな。あからさまに含みがある。

店員さんは原作ファンの立場でポップを書き、私は鋼ワールドファンの立場で書いたので、その視点の違いが出てしまいますね。
これが荒川弘ファンの立場で書いたらまた違ったものになるのかな。更に入江版ファンの立場として、水島版ファンとして書いてみたら・・・

ああいう手書きポップってつい読んでしまいます。面白い!と書かれてあれば、そうなのかーと飛びついてしまいます。面白いなあ。

ただ個人的に何かを他人にオススメするのに他の似たものを持ちだして評価を下げてまでオススメするやり方はどうよとは思うけど。

そういった「他人に対して公平」な感じを出すのって、自分にファン感情があるのなら尚更難しいかもしれません。密林のレビューとか読むと、特にそう思ってしまいます。

レビューって、書くのが難しい。


スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(1) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2009.09.01(火) 23:26 | | [Edit]

 

こんばんは。
私もあれ見たあと最初は後頭部をぶん殴られたような気持ちになりましたよ。

個人的なブログで書いているのならなんの問題もないわけですが、店が一つの作品紹介として書いているのでそこはすごくつっこみたくて。

なんにしても、水島版については荒川弘の「ひとつの作品として終わらせてほしい、尻切れトンボにはしないでほしい」という要望(2003年アニメージュなど参照)もあったわけで、それを知らないで「やむなくオリジナルに」というのは完全に知識不足だろうとか思う訳です。人気次第ではヒューズ死亡の2クールで原作どおりキリよく終了(でも尻切れトンボ)だったかもしれなかったけれど、1クールで制作費を回収した結果2003年暮れの時点で劇場版が決定(発表は確か翌年6月くらい)し、それを踏まえてテレビシリーズの脚本が書かれていき2004年5月時点でテレビシリーズ最終話まで書き終わってその後劇場版の執筆に~とかの流れはMBSの無料配布冊子だとかアニメ誌だとか鋼の制作ブログだとか読んでて知ってるわけです。
確かに原作のストックがない時点で制作が開始されたためにでオリジナルにせざるを得なかったのですが、そこは「やむなく」ではなくハナから決まっていた。原作側(というかスクエニ)が乗り気ではなかったのなら話は分かりますが、原作コミックス8巻おまけ漫画やDVD初回限定版資料集を読む限りそういうわけでもない。他関連資料なりインタビュー記事なりを山のように読んできましたが、「どうしても原作どおりにしたかったけれど勝手にオリジナルにされてしまった」というニュアンスの「やむなく」という記述はなかった。
ある表現を巡って通す通さないという葛藤はありましたが、それはオリジナルになったことそれ自体では決してなかったんです。まあ、そこを勘違いしてるのかもしれませんが。

テレビシリーズの商品知識として<なぜオリジナルになったのか>をわざわざ言及するのであれば、そこまでふまえて書けよ、と(笑) それに原作ストックそのまま2クールで終わるようなアニメだったら、たぶん今大々的に再アニメ化なんてされてません。それはつまり「打ち切られた」ということですから。

で、FAが原作と同じ展開をしていますが、さりとて監督や脚本家が違えば彼らのフィルターを通して作品が描かれる以上、それは原作鋼とはまたひと味違ったものになります。例えば原作においてエドが苦悩の表情で吐いたセリフがアニメでは叫び声になっていたら、こちらはニュアンスを違ったふうに受け取ってしまう。アニメは絵に音と動きが付加されて時間経過も存在します。そのことによって、非常に面白
いことに、私たちは原作とは違った受け取り方をしてしまう。むしろ原作どおりの展開だからこそ、原作との差異に敏感になる部分というのが絶対にあると思うんですね。だから私は「新たな鋼ワールド」と表現したわけで。

単純にオリジナルであるかどうかでしか鋼について書けないとは書店員まだまだ修業が足りん(笑)





といったことを考えながらポップを凝視していたので、すぐ後ろにいた店員に変な目で見られていやしないかとても心配です。
#-

NAME:ともえあや | 2009.09.03(木) 22:56 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 fullmetal alchemist

鋼の錬金術師 fullmetal alchemistの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「鋼の錬金術師 fullmetal alchemist」へ!
鋼の錬金術師 fullmetal alchemist【2009/09/01 02:16】

 

このページのトップへ
 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。