感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2009.07.17
16:00
 
配送先を自宅にしているにも関わらずやっぱり職場にこれが届きました。まあ、ほぼ確実に職場にいるわけですが。


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 缶入りパン (バニラミルク味)鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 缶入りパン (バニラミルク味)
()
アニメワールドスター

商品詳細を見る


こういうのを買うから、勤務時の昼食が買いだめした78円のラーメンばかりになるんだ。

ちなみに中はこんな感じ
 

more

パン缶中身

結構ぎゅうぎゅう詰めで入ってました。

味は鋼ネタなのかバニラミルク味のデニッシュパン。賞味期限はちょうど1年後の2010年7月でした。

あまりに腹が減っていたので休憩中に食べちゃいました。

そしたら意外と(失礼)美味しかった。いや、かなり美味しかった。
ロングライフのパンというと、天然酵母だとかデニッシュ系あるいはバームクーヘンだとかマドレーヌといったものしか知らないものすごく視野の狭い私にとっては目から鱗の商品でした。バームクーヘンだとかはともかく、ロングライフのパンの独特の匂いやかたさが気になってしまうのですが、こちらは匂いはバニラの香りこそ結構あったものの臭みとして気になるレベルでもなく(バニラの匂いはむしろ臭みを隠す目的もあるのかもしれません)、生地はしっとり柔らかでびっくり。もっとパサパサしているかと思ってた。

で、私みたいに「パンの中に何か入ってなければイヤ」というタイプの人間でも美味しくいただけるくらいに味付けもしっかりありました。特にバニラ系って、味付け薄いと物足りなく感じるんですけどね。
でも、トッピングとしてフルーツ系ジャムだとか付けても美味しいかもです。

製造は株式会社パン・アキモト。協力としてゆうプロジェクト
阪神淡路大震災の被災者の声から、保存食としてのパンの缶づめが考案されたそうです。つまりこの商品はキャラグッズの名をつけた非常食でもあるわけです。企業メッセージはこちら。

なんというか、すごい。被災者の声を聞いて、実際に作った企業努力がすごい。そして保存食というだけではなく、美味しさにこだわったことにも拍手を送りたい。
何かあって不安なときに、食べるものがあれば、しかもそれが美味しければ、希望につながるのかもしれませんね。食べることは生きる希望なんだ。上記ゆうプロジェクトのキャラパン誕生秘話をぜひとも読んでいただきたい。正直、ブログネタになると勢いで購入した自分が恥ずかしくなりましたよ。ネタ系グッズというよりは、東京は荻窪の交通安全ポスターのような役割もあるかもって深読みしすぎでしょうか。

だって、鋼FAパン缶に以下のような記述があるんですよ。

What we Have in Our Hands
Is it Hope, or BREAD?


・・・・・・この掌に在るのは、希望か、パンか。

どっちも希望じゃないか。そこに在るのは単なるパンじゃないよ。生きる糧としてのパンだよ。
パンは、もっと言えば食べることは希望なのだから。
ちなみに公式の文句は「この掌に在るのは、希望か、絶望か」なのですが、上手くパンと上記パン缶の経緯と繋げたな~と感心してしまいます。って、まったくもって偶然なのかもしれませんけど(私は深読みが得意です)、鋼FA・・・「鋼の錬金術師」という作品とコラボすることで余計に感じ取れるのが素敵。だから鋼が大好き。鋼は原作も水島版も入江版も関係なく大好き。

そうやってアニメグッズという形にはめ込んで保存食としてのパンの缶づめを認知させるのも良い手だと思いました。おかげで無知だった自分が少し前進できた気がします。最近はいろんなアニメのパン缶が発売されているようです。知ってはいたけど、キャラグッズにまで手を出さないアニメだったから興味もなく今まで過ごしてました。いかんね、無知は。なのでどこが関わっているか、製造者を検索してみてもいろいろと面白いかもしれませんよ。何かを知ることができるキッカケになります。

おでん缶といい、ラーメン缶といい、なんでも缶づめにしてしまえるのもすごい。いやもうなんでもすごい。発想がすごい。日本人すごい。

ていうか、版権料高いんだろうなあ~と現実に戻ってみる。
1つが840円ですよ。さすがにもう1個は買う気になれませんでした。
で、残った缶はペン立てにする予定。キャラグッズにすると、こうやって資源の有効活用が出来るのもいい感じですな。

いや、美味しかった。

でもここまで深読みしてしまう自分は心底おかしいと思いました。うーん。
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。