感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2009.07.12
21:33
 
本編感想は後ほど。
最初にOPとEDの感想から。

以下ネタバレです。 

more

新OPの演出は五十嵐卓哉さんでした!!
何らかの形で鋼に関わってほしい~ということをここあたりで書いたら本当に関わってくれました!
「強がって キズついた」♪
のあたりのホーエンハイムとエドの描写がものすごく好きです!
(追記)
ここあたりを前作キャラデザ伊藤さんが担当されているとのこと。やったー!!
で、最初の白い兄弟の描写とリンのカットからこのホーエンハイムとエドの対峙を担当されているそうです。情報ありがとうございました!

軍部から大佐へと至る描写は「大佐の背中についていく」ということを示しているのでしょうか。原作コミックス9巻表紙を思い出しました。ついでに星矢OP「ペガサス幻想」のとある場面も。
真理の扉でエドが手を伸ばした先にあった、エドの手をつかもうとした細い腕の描写もそう。このネタをやるまでが第2クールだったりして。

そして作画スタッフには水島版キャラデザの伊藤さんやアクションシーンに定評のある中村豊さんのお名前もありました。水島版スタッフというよりは五十嵐さんのお名前もあることから「ソウル・イーター」スタッフ(Cスタ)がお手伝いしたのかもしれませんね。
違うかもということを前提にして書きますが、中村さん担当はエドとグラトニーエンヴィーの戦闘シーンでしょうか。なんだかシャンバラのグラトニーを思い出したので。ついでに破壊された巨大な岩の塊が四角かったような気がする。
このあたりは前OPに比べるとアクションシーンのスピード感がかなり増しているように見えました。

伊藤さんは最後のエドVSスカーかな。こちらに関してはエドとスカーの口の描き方がまんまソウル・イーターだったから・・・別作品の影響って出てしまうんですね・・・

このエドVSスカーは橋本浩一さんだそうです。訂正しておきますね。すみませんでした(どなたか分かりませんがありがとうございました!)


で、ラストシーンで「リライト」のラストを思い出したのは私だけなんでしょうかね。
確かに太陽に向かって終わる~というのはOPで良くあるパターンのような気もしますが。

新ED。

本編の余韻が残る楽曲と絵でほっと一安心。
これなら余韻に浸れるYO。

わたくしともえは空が大好きです。故にこのブログタイトルも日本語にすれば「青空」なわけです(真ん中に×があるのは同じタイトルのサイトがかなりあったので差別化をしたまで)。ということで空が強調された絵は嬉しい限りでございます。キャラの髪が風になびく、そして風になびく草原てのも大好き!(「聖闘士星矢」のエンディング「夢旅人」とか・・・分かる人だけ分かってください)

それはそれとして・・・
ちびっこエドとアルが食材の買い出しか何かでお金を出していて、それからエルリック家に帰っていく描写があるんですけど。

もしやあの先に倒れたトリシャさんがいるんですか!!!!!
嬉しそうな顔してお手伝いして、帰ったらまさかまさかのあのシーンになるんですか!!!!
だって12話でトリシャさんが倒れていたときと同じ真っ赤な夕焼け空なんだもの!!!!
うわああああああああああ


ハンカチはどこですか!

そんで例の家族写真を挟んでホーエンハイム(焼かれた家からどこか・・・セントラル?・・・を見てる)、次に現在の機械鎧の右腕と左脚のエドと鎧姿のアルがどんどん前に進んでいる描写が続きます。さらに先にあるのはロックベル家でしょうか。

この描写がかーなーりー好きです。本編はアレでしたがEDはなんて素晴らしいんでしょう!!

ひとつの家族の終わり、そして新たな始まりへ。それが思い出されてすごく良い・・・うるっときちゃいました。

OPでもしっかり描写されていた「家族写真」。これは例の「家族の肖像」を期待してもいいんですね!期待しちゃうぞコノヤロー!しっかり1話全部使って描写して欲しいぞ!

考えてみたらこのED自体はウィンリィから始まっています。エド、そしてアル、焼かれた家。旅先で出会った人々を象徴するようなリンやメイ・チャンたち・・・兄弟の過去から現在に至る過程が見えてくる。このEDはループして見るとかなり面白いかもですね。大好きだ。

でも欲を言えばシン国キャラだけじゃなくて大佐たち軍部メンバーやマルコーだったりシェスカだったりも描写されてたらもっと良かったんだけども。何も<新章>だからとシン国キャラに頼らなくてもいいんじゃね、とはちょっと思いました。・・・まあ、兄弟と軍部の関係は入江版本編ではことごとくカットされてるから仕方ないんでしょうか。



前回のOPもそうでしたが、ホーエンハイムが結構重要な役どころのようですね。本編の順番がかなり変えられているので、もはやいつ出てきてもおかしくない状況なんじゃないのかな。早く出てきてくれないかな。

ということで、今度のOP&EDもかなり良かったです!
私的に鋼の主題歌はハズレがないわっ!!
スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(6) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2009.07.12(日) 22:51 | | [Edit]

 

Re: タイトルなし

>軍部メンバーの振り返りシーンで、「おぉ、星矢のOPみたいだぞ♪」なんて、星矢TV版一作目のOPを思い出したり(笑)

でしょう!私も思いましたよ(笑)
聖闘士星矢の「ペガサス幻想」で星矢から青銅1軍・2軍を経て一輝までの描写、みたいでしたよね。ていうことは、ハボックが星矢で大佐が一輝なのか、と(笑)

NAME:ともえあや | 2009.07.12(日) 23:01 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2009.07.13(月) 02:07 | | [Edit]

 

Re: タイトルなし

教えてくださってありがとうございました。そしてすみませんでした。
記事内容を訂正しておきますね。

NAME:ともえあや | 2009.07.13(月) 02:30 | URL | [Edit]

 

OP,EDともに無難な正攻法な作りだと思いました
歌も無難というか・・・
>で、ラストシーンで「リライト」のラストを思い出したのは私だけ>なんでしょうかね。
これ前EDでもありましたよね
線路の上を歩くっていうと某映画を思い出します
スカーvsエドはなんかもうスクライドなんじゃないかと思いました
まあそのうち慣れると思います
EDはやっぱ幼い兄弟が歩いていくシーンがいいですね

あとおまけですがopのグラトニーとエンヴィーが急降下してくる場面でエドがエンヴィー振り回してるシーンで思わず笑ってしまいました(笑)
とんでもない体重であの速度で落ちてきてんのにエドは掴めるだけでも人間じゃありません
前opでも爆発で吹っ飛ばされたりと悲惨ですね嫉妬さん

NAME:ウラル | 2009.07.13(月) 12:09 | URL | [Edit]

 

コメントありがとうございます。

無難で正攻法な作りでオッケーですよ。これでキャラが踊りだした日には・・・(笑)

線路を歩くというよりは、線路を歩く兄弟を後ろからみて太陽へとカメラが動く・・・その一連の動作がリライトに似てるな、と。
でもこのOPの演出も歌も大好きなんですけどね。嫌になるほど(嫌になってないけど)リピートし続けています。

エンヴィーに関しては、ものすごいスピードだったのをエドが梃子の原理を利用して力の方向を変えてふっとばしたのかなと思いました。柔よく剛を制す、というか。て、わからないですけど。

まあ、こういう「悪役」はふっとばされてナンボですからね(笑)ガンガンふっとばされたり攻撃されたりして敵役は敵として本領を発揮するのです。

NAME:ともえあや | 2009.07.14(火) 20:26 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。