感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2009.04.26
20:22
 
感想はのちほど。

鋼の錬金術師 パーフェクトガイドブック (少年ガンガンパーフェクトガイドブック)鋼の錬金術師 パーフェクトガイドブック (少年ガンガンパーフェクトガイドブック)
(2003/11/28)
荒川 弘

商品詳細を見る


本日一番楽しみだったのは、本編よりもこれだった。
上記「パーフェクトガイドブック」1に収録の外伝「盲目の錬金術師」が鋼DVD&ブルーレイ第1巻リミテッド映像特典として収録されるとのこと。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]
(2009/08/26)
朴叙ミ美釘宮理恵

商品詳細を見る


ほぼ同時期にアニメが開始された作品の中でも1巻の発売が遅かったので気にしていたら、こういう訳なのですね。尺としては本編1話分くらいでしょうか。


それはともかく密林の評価低いなあ・・・
ちょっと面白かったのがDVDよりもブルーレイディスクのほうがカスタマーレビューが多かったこと。これからの時代はブルーレイなんでしょうか。まだ持ってねーよ
密林のレビューはすっごくきっつい事が平気で書いてあるので苦手なのです。だから、ほぼアテにしてなかったり。気持は分からないでもないけど・・・まだ4話放送時点で諦めるのも早いし、水島版で表現できなかったシン以降は原作どおりだから期待できるってのは結局は入江版そのものではなく原作の評価だ、と思うんだけど。
まあ、作品に対する評価だなんて主観なので仕方ないけど、こういうところがオススメだ!ここを見ろ!!というのを書くのが一番難しい。なにせ人それぞれだから。私だってどう他人に勧めたらいいやらわからないので、こうやってブログでひとりつぶやいているわけです。 

more

さて、映像特典として収録される「盲目の錬金術師」
正直に言います。

水島・會川コンビで見たかったです。
スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

初めまして
当時コミカルなおまけなどが盛りだくさんだったガイドブックのおまけにあのようなこの作品の本質を表すような話が掲載されていたのには驚きました
荒川氏が描く特に初期のほうによく見られたダークで重い雰囲気が短いページでよく描かれていました

しかしこれだけの話を何故本誌に載せなかったという疑問も残ると思います
その理由は荒川氏が「少年誌」でこれを載せるわけにはいかないと判断した結果なんだと推測しています
荒川氏の作風はダークでありながらも随所にコミカルなシーンを挿入してます
グロテスクな部分があっても不快にならない淡々としたもので
絶妙なバランスで成り立っています
これこそがガンガンというマイナー誌でありながらも大ヒットした理由なんだと思います

長々と書いて申し訳ありませんが失礼しました
特典には期待したいですね

NAME: | 2009.04.27(月) 18:13 | URL | [Edit]

 

はじめまして。

コメントありがとうございます。
興味深く読ませていただきました。

>その理由は荒川氏が「少年誌」でこれを載せるわけにはいかないと判断した結果なんだと推測しています

私は、ガイドブックだからこそ入れられたネタだと思います。
あれは、本来荒川さんが書きたかった話じゃないかな、と。言いかえれば、コミカルさで隠された奥にある「鋼」という作品が持つもうひとつの側面。ガンガン本誌は対象が中学生くらいと言うだけあっていろいろと配慮されていますが、それが故に出来ないネタをガイドブックという鋼ファン(あるいは鋼に興味ある人)しか読まない媒体に放り込んできた・・・とかかなと。

「盲目の錬金術師」は、荒川さんのデビュー作「ストレイドッグ」の読後感に似ていました。なんというか、やるせない気持ちになるというか。

ちょっと前に他の方のコメントでも書いたんですが、荒川さんのコミカルな面は手段だと思ってるんですよ。自分の話を聞いてもらう(読んでもらう)ための手段。ガンガン本誌では中学生くらいという対象年齢の関係上、不快にならないための手段が必要だけど、その中でも鋼ファンが読むことが前提となるガイドブックはよりストレートに作品を書くことができたのではないかな、と。

荒川鋼はコミカルだから良い、というよりは、根底に一本太い線(いわゆる根っこの部分です)があるから面白いんだと思っています。その太い線はどっしりと構えていてテコでも動かないもんだから、極端にコミカルからダークに展開しても(逆の場合でも)振り幅がいかに広くても違和感なく受け入れられるのでは。そういう意味では絶妙なバランスですよね。

特典は期待したい、んですが、入江版解釈による荒川ギャグがどうも生かされていないように見えるので、期待ちょっと不安だいぶ、てところでしょうか。4話みたいな感じになればいいんですけどね。

NAME:ともえあや | 2009.04.29(水) 23:42 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。