感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Wed
2009.04.22
23:20
 
ここ最近の銀魂の中で一番面白かった。何回見たかな。繰り返し10回近く見ていたり。

ホラーとギャグは紙一重。 

more

基本的に銀時と神楽の会話中心。登場人物が少ないまま話が進むのはここ最近の特徴で、神楽相手だと銀ちゃんツッコミになるのもいつもの通り。

今回いつもと違うのは、BGMがなかったこと。
劇中のラジオネーム「トム」の投稿「さよならジェリー」と、オチでBGMが使用されたくらい。

なので、銀時と神楽の漫才を見ているようで。
ボケてもBGMに助けられることもないので、声優の力量が試される。
杉田さんと釘宮さんの掛け合いの面白さを見るべき話だ。
銀魂はもう4年目に突入するほど長くやってる。だからこそ出来たネタだと思う。

BGMはなかったが、変わりに意図的に入れられていたのが効果音。
時計の秒針、ぎちぎちと音のする眼球、盛大に鳴り響く腹、どくんどくんと響く心臓・・・
ぶっちゃけ気持ち悪かった。
神楽の強調された瞳の描写といい、夜の寝室といい、BGMのない・だけど響く効果音といい、ホラーみたいで面白かった。
眠れない~ってときに限って秒針の音が妙に大きく聞こえたりするものだ。それをホラーのように演出したのが今回のお話。

基本的にホラーがベースにあるので、神楽の瞳の描写だったり「さよならジェリー」の飼い主の女の子の顔が真っ黒だったり。ジェリーの話で訳知りのおじいさんが出たところでなんとなくオチが読めてしまいましたが、犬を使うのは反則だろう。犬猫篇思い出して泣いちゃうじゃないか!と思ったら銀時のギャーっていう叫び声でギャグだと気づく。

眠れない理由が神楽の場合いろいろ余計なこと(眼球だったり世界のことだったりアニメのことだったり)を考えてしまうことだったのに対し、銀時の場合は怪談噺を聞いて怖いことを想像してしまった~っていうのに笑った。どっちが子供だよwさんざん幽霊旅館編でスタンド相手に戦ったくせに、やっぱり怖い話が嫌いなようです。
でも、眠れないという神楽にしっかりアドバイスしたりご飯の用意までした銀時はすっごく優しい。そりゃ受けるハズだわ。

ジェリーの話以外で最後の最後にようやくかかったいつものオチのBGM。ここ最近は妙にBGMが強引すぎてなんとなくイヤだったのですが、今回はものすっごく効果的に聞こえました。

ジェリーの話でいつものBGMが使用されたのは、作中の日常の雰囲気を出すためなんだろう。
逆に銀時と神楽のシーンで使用されないのは、「眠れない」という非日常を演出するため。
神楽にとってはラジオを聞くことで日常に戻ったため、投稿のオチを聞く前にいつもグータラやってる日常同様に眠りについた。
ところがラジオを聞いて日常に戻ったはずの銀時にとっては、投稿の最後のオチが自分の苦手とする怪談だったのでびっくりしたってところか。神楽の「眠れない」という理由自体がホラーのように演出されていたので、ホラー嫌いな銀時にとってみたら神楽が煩い以上に眠れるわけがない。


原作にある話だけど、アニメならではの効果もあって、かなり面白い話でした。
BGMも効果音も使い方次第だよなあ。
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。