感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Tue
2009.02.24
21:01
 
4年目決定おめ。
打ち切り打ち切りと騒いでいた1年目が嘘のようだ。
なんとなく、去年の改編期には一応4月で終了というのは本当に予定してたんじゃと予想してしまうんですが。実際、元監督(現在は監修)でエリーの中の人の高松さんは新作の準備をしているそうですし。・・・継続か終了かは不確定事項だったので「最終章」と銘打っておいて、本当に終わるのであれば文字通り最終章だし、継続するのであればネタだと割り切れる。まあなんにしても、4月からの楽しみが増えた~♪ 

ただ原作のストック的な問題など、本当に水戸黄門的展開のほうがクオリティとかの面で良かったんじゃと思わなくもないような・・・

アバンの始まりが92話とほとんど同じだったので、間違って92話のビデオを再生したのかと思ってしまいました。1年遅れで放送しているキッズステーションだとつい最近放送されたばっかだし。
 

more

何気にDVDジャケットの攻受が逆だったのにちょっと笑った。しかも前回よりひどくなっているという。

で、92話では原作付きアニメにおいて原作に追いついてしまったアニメが引き伸ばしをするための作戦についての説明でした。前話回想方式、回想シーンの挿入など。銀魂の場合は、本編とは関係ない話の挿入と、無意味な沈黙で5分稼いでた。

それが今回は原作付きアニメにおいて原作に追い付いてしまったアニメが引き伸ばしをするために迂回したときのリスクの説明。92話が1話単位なら、今回は数話単位での話。

1. 迂回ルートを通ったのに遠く離れたところで打ち切り
2. 合流した矢先に原作終了
3. 合流するのが早すぎて再び別ルートに行かなければならなくなる
4. 迂回している間に漫画とアニメの設定とキャラの設定が離れてしまう
     原作の頭から再アニメ化
     キャラクターシステムと称してキャラだけ使って作り始める

引き伸ばしされてしまう原作付きアニメというとジャンプアニメとかコナンくらいしか思い浮かばないけど。
1は昔のテレビシリーズ「聖闘士星矢」(これは割と近いところだったけど)だとか、最近ではDグレイマンとか?2はよく分からないなあ。3はブリーチだろう。4は鋼の錬金術師がぱっと頭に思い浮かんでしまいましたが(笑)。原作の頭から再アニメ化とかまさにそうだろう。もっとも鋼の場合は迂回どころかハナから別ルートで終了が決まっていたのだけれど。時期的にぴったりだったので銀魂スタッフが狙って入れたセリフに見えたのは勘ぐりすぎでしょうか。

銀魂の場合は、派手にオリジナル路線を突き進むというよりは分単位で地味にコツコツ迂回していくようです。というわけで本編関係なしのネタを挿入したという点では92話と全く同じ。

それにしてもこれはただの業界ネタとみるべきか、自虐ネタとみるべきか。



さて、吉原炎上篇本編。先週も今週もバトルメイン。ただ作画的に大変だからなのか、スタッフによる休息の意味もあるのか、本編と関係ないネタが挿入されていました。先週はアナログ放送ネタだったし。2011年まで続いてないというのは、その時になってみなければ延長されるかどうかわからないってことなんだろうなあ。

銀時のアクションシーンがカッコ良かった。ぶれてぼける画面とか、スピード感だったり、銀時の焦りだったり、そういうのが凄かった。

とにかく鳳仙が強い。
そして主人公だけではなく、新八や神楽、そして晴太や皆の力で吉原に太陽の光を導いて鳳仙に勝する。正しく友情・努力・勝利のジャンプアニメでした。ただ他のジャンプアニメと違うのは、ひとつのシリーズが恐ろしく短いということでしょうか。他アニメだったら、倍くらいになるんじゃないかな。

で、ここ最近の銀魂長編シリーズはとにかく説教くさい(笑) 見てて恥ずかしいセリフですが、むしろそれが良いんだなあ。でも今回はさすがにツッコミが入らなかった。ボケつつ説教たれるか、説教たれたあとにツッコミが入るかのどっちかなんだけど。

太陽を憎む鳳仙。それは自分の体を物理的に乾かしてしまうから。
そして逆に、ものすごい憧れでもあった。焦がれても焦がれても手に入らないからこそ、憎しみが生まれてた。憎いけれど、憧れる存在。それが太陽。

太陽と日輪の存在が掛けて描写されていましたが、それをふまえて吉原炎上篇を最初から見るとちょっと切なくなってきます。ていうか、銀魂ってシリーズの最後に全部ネタばらしがくるので、キャラの表情やセリフを確認するためにもう一度見直さないといけなくなるんだよね。なるほどシリーズ冒頭の日輪のセリフはそういう意味があったのね~とか。

長編シリーズの最後には見てるこっちの涙を誘います。そういや芙蓉篇のラストも泣かされたんだよなあ。


アバンで予算だとかそういうネタをもってきて、作品としてギリギリ中和してるのかもとちょっと思ったけれど。3年目の最初の真選組動乱篇は何度か繰り返しのシーンを持ってきて時間を稼いでいたけれど、今回は思い切って別ネタを挟んだということなのでしょうか。


なんにせよ来週で炎上篇も終わり。あと1か月は何のネタやるのか楽しみです。
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。