感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2009.01.26
20:11
 
今回の話はいわば「おっさん祭り」。

若い男の子たちの活躍はBパート後半にちょっとだけ(15話のCパートが使い回されていたのでそのぶん少ない)だったので、なんだか地味な印象にw
 

more

ともかく、オープニングで背中を見せたままのセルゲイに何か良からぬことがあるというのは理解した。ていうか、こういう作品で家族写真を見せられるとまんま死亡フラグだよなあ。セカンドシーズンでは何気に前例があることだし・・・
もっと言えば、今週のラジオ「ソレスタルステーション00」のゲストがセルゲイ役の石塚運昇さんなんだよね。

そんな親父を理解しようとしないセルゲイの息子のアンドレイはこともあろうにアロウズに所属しているわけで。セルゲイはアロウズのやり方は気にくわなくとも、自分の息子が所属しているという事実にはどう思ってるのかイマイチ不明なのがちょっと気になった。マリー・・・ソーマが転属したときにはそりゃあもう心配してたくせに(彼女が「乙女」だったから?)。それだからアンドレイから(愛情の欠如からくる裏返しの愛、要は親父への反抗)憎まれてしまうんだ。でも、こういうアンドレイにアニハガ1期のエドワードを思い出してちょっと萌えた。セルゲイの奥さんらしき人(アンドレイの母)がちょっとだけ出てきましたが、アンドレイが父親を憎むようになったエピソードをちゃんと見てみたいです。こういうの、「ガンダムA」とか別媒体でやっちゃうのかな。今月号はアレルヤとマリーの幼いころのエピソードを補完した漫画が掲載されていたり。超兵機関にいた幼いマリーとアレルヤのエピソードでしたが、二人とも超可愛かった。アニメではセルゲイに感情移入しましたが、あの漫画を読むとマリーとアレルヤ側に視点を移すことができます。ついでにいえば、焼きたてのパンにバターをぬるセルゲイに超萌えた。まさかおっさんに萌えるとは思いもよらなかったが。

そんなセルゲイは、完全に捨て駒扱いでした。かつての人革の英雄「ロシアの荒熊」も、時代の流れには取り残されてしまう、いや疎まれてしまうのだろうか。結局は上司の上昇志向に裏切られ、そして売られてしまったという形だよね・・・。アロウズにとってみれば、反乱分子になりうるし、根は全て絶っておくということなのかな。もう1期あったメメントモリの矛先が、非常にもセルゲイを狙う。

こういう人にこそ生き残ってほしいんだけどなあ。今のアロウズの描写とか正規軍の上司とか見ていても、戦後の復興に、戦争の責任を負う軍人として一役かうのはソレスタルビーイングでもイノベイターでもなくセルゲイみたいな人でしょうに。

ハーキュリーの思想は所詮は綺麗事にしか聞こえなかった。「痛みをともなう」という言葉をしきりに連呼していたけれど、実際の映像を見る限りには(アロウズの情報統制がなくとも)ハーキュリーのおかしさが分かるんじゃないかな。つまり、「痛みをともなう」のに一般市民の巻き添えはやむなし、としたことが。痛みによる犠牲という崇高なものに仕立て上げるという点では、ハーキュリーもアロウズもなんら変わりがない。数人が殺されることと、大勢の人たちが虐殺されることと、殺された側やあるいは被害を受けた側にとってみたら何の違いがあるというのだろう。
ハーキュリーの立ち位置は、言ってみればファーストシーズンのソレスタルビーイングのまさにそれなのだ。

「痛みをともなう」とご大喪なセリフを吐きながら、自分は何ら変わることなく、他人を変える。そのことのおかしさ。「痛み」のなかに自分自身が入っていながら、どことなく他人事のような、上から目線のような、そんな傲慢さ。巻き込まれる人の身になってみろーっていう。もっと自分自身をいたわれ、っていう。

そう考えれば、後半の刹那のセリフ「わかっている、ロックオン。ここで俺は変わる。俺自身を、変革させる」につながってるのかなあ。ロックオンことニールの犠牲の上で成り立ったものだけに、ものすごく切ないです。もっと早く気付ければどんなに良かったことか。それでも前を向くしかない。他のマイスターやプトレマイオスのクルー、そしてマリナがいるのだから。ああ、切ない・・・
このラストのBGMも含めてかなり好きなシーンです。ファーストシーズンをふまえてみると、ティエリアをはじめとした彼らの優しさがものすごくぐっときます。刹那の過去、親を殺めた頃の刹那のまわりには戦う者ばかりだったけど、今の刹那のまわりにはやっぱり戦っていても優しさを持った人がいる。だからこそ変われるのかもしれない。ハーキュリーを見ると、改めてソレスタルビーイングは変わった。

さて、今週のブシドー。

なにこのネタ的扱いは(笑)

先週のCパートの使い回しはちょっと残念でしたが、さすがグラ・・・いやブシドー。迷言を残してくれました。

「隙有りーーーー!!切り捨てごめーーんんん!!」
「ええい水入りか!」

「敢えて言うぞ少年、覚えておくがいい!」

ブシドーの捨て台詞に盛大に吹いたw
敢えて小物みたいなセリフなんて言わんでもいいのに(笑)
スポンサーサイト
Trackback(1) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アフリカタワー 連邦とアロウズと時々00第16話【追記終了】

 ここいらでイノベイターを考えてみる。やつらって何モノ?  リジェネがいうには「我々はイオリアの計画を遂行している」、そしてヒリン...
世界日本ハムの哀れblog@非公式【2009/01/27 23:47】

 

このページのトップへ
 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。