感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2008.12.01
19:15
 
腰を痛めてしまいました。普通に歩く、だけじゃなくて寝返りをうつことすら痛いってどうしようもない(涙)

どうしようもなくても明日もまた通常どおりお仕事です。たぶんレノア(詰替え用)の箱3ケースの後ろにあったワイドハイター(詰替え)の箱を4ケースほど強引に取り出したときに変に腰ひねったんだろう。軽いからと油断したorz 「病院に行け」と言われたけれど行きませんでした。 

more

社員が二人やめて、結果的にその人たちがやっていた仕事も引き受けるはめになったのです。こないだはお昼をまんじゅうを二つ食っただけで済ませた・・・のを6日間続けたら倒れそうになりました。流石にお昼はちゃんと食べないとやばい。うちの職場は連休が取れないので気をつけないといけません。今月は3日しか休みがないわ。夜の7時には帰れるのが救いでしょうか。深夜に帰宅される方に比べたら全然マシなほうですね・・・どうせ生きててもいいことなんて何一つないのでいいけど。

というようなのは原作者の牛さんに鼻で笑われちゃうんだろうな(「ユリイカ」インタビューより)。・・すんません、こんな自分探し(正確には居場所探し)しちゃうような心の弱い人間が読者で。かといって、會川氏の原作読まないで批評したインタビューも変でした(「アニメ夜話」)。とにかく、原作8巻以降を読んでください、と。あれでは原作ファンなアニメアンチがアニメを見ずに批判するのと同レベルじゃないか。
・・・だめだ、疲れてると人に対してツッコミばかりいれたくなる。リアルでは口が裂けても言えないのに。

そういえば鋼2期の情報が今月あるんだっけ。なんか今は不思議とどうでもいい。原作信者にそっぽ向かれないように頑張ってください。どんな神演出でも「自分のイメージとあわない」の一言で片付くから。なら荒川弘自身の手によるアニメ化を待つしかないのだ。
アニメ化は嬉しい。だけど、全っ然期待してない。そこにはもう、私の好きだったエドとアルはいない。

むしろ原作ハガレンの最終回を早く読みたくてたまらない。あ、早く終わってくれ、の意味じゃなくて。個人的に完全無欠のハッピーエンドみたいな終わりは望んでいません。アニハガほどではなくていいから、どこか切なさを感じさせるものであってほしい。アニメは「切なさ」という観点から言えば原作に断然勝っていると考えています。
リオールの描写、ノックスの妻と息子のエピソードのように出来すぎた(都合のいい)終わりになるのは確実なんでしょうけど。原作に対しては皆が絶賛していてちょっとついていけない私がおかしいのでしょうか。おかしいんだろうな。どうもイシュバール戦とギャップが大きすぎて同じ世界観なのが不思議な感じ。・・・というネガティブ予想を覆すような最終回を期待しているところです。

原作から入っていたらアニメのあまりのギャップにアニメアンチになるのはすごーく分かる。でも、アニメはアニメで良さがあったからこそ、テレビシリーズが終わって4年、映画終わって3年経ってもファンをやっているんです。周りに鋼友もいなければイベントに参加していないのにこうやって「好き」という気持ちを持続させることができるのは、一重にアニメ版も優れていたからです。アニオタは暇じゃないとかそういうレベルの問題ではない。アニメショップすらない田舎でファンやるってのは、相当なものなのですよ。
それにアニメがあそこまでオリジナルな展開だったので、おかげで原作を新鮮な気持ちで読める。一度見たものはもう感動できない性分なのですが、鋼はその点良かった。ある意味アンチができるほどになっても成功したと言えるのはこの部分も大きかったのではないでしょうか。

鋼について語らないのは、上手い具合に言葉にできないから。
原作ファンの方のところで交流なんてできないです。直後に「アニメアンチです」の書き込みですよ。そういうところにはいられない。自分の心の狭さゆえに精神衛生上スルーしなければなりません。どちらかというとマンガオタクではなくアニオタなので(原作しっかり読んでますが)鋼ファンと呼ぶにはおこがましいのかも。

どこかに原作ファンとかアニメファンとかそういう立場を一切切り捨てたニュートラルな批評はないものか・・・比較批評をすると対立になるのは当たり前としても、自分の言葉でアニハガの良さを上手く語れないのが非常に悔しい。

そういえば、某所でなんだか私の文章がアニメと原作を同一視してるような感じにとらえられていましたけど違いますからね。原作も、アニメも、ついでに同人誌も、同じ「鋼の錬金術師」であるけど完全別物だと考えています。



私も原作派だったらどんなに良かったことだろう。
なんてことを考えるときもあります。
スポンサーサイト
Category * ひとりごと
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。