感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2006.07.23
23:10
 
大の大人のくせに、きっと7月23日のことは忘れない。 

more

今日は 7月23日 です。

劇場版「シャンバラを征く者」公開から丸一年たちました。

早いものです。

アニメ誌では、ハガレン劇場公開までが一番盛り上がっていました。それは私たちだって同じこと(別にそれ以降盛り上がってないとかそういうんじゃなくて。ある意味劇場公開日は公開処刑みたいなもんだったから)。こーなってほしい、あーなったらどうしようなどなど、いろいろ期待半分、不安半分。

私が見たのは、23日ではなく24日の夜上映のやつ。23日は忙しくて最終上映時間に間に合わなかったので、泣く泣く諦めました(でもグッズは買いにいった)。

今でも悔やまれることがひとつだけ。
実は某所で、兄弟が錬金術世界を離れ、たった二人で現実世界で生きていくことになるというオチを映画を見る前に見てしまったこと・・・orz 見ないように努力はしてたんだけど、ついついいつものくせでそのサイトを見るといきなり目に飛び込んだのが、そのネタバレでした。せっかく試写会とかの感想とか全部見なかったのに、最後の最後で大失態。その結末に、心底えええええ!???って思いました。

で、見た感想。裏切られたとかそういうネガティブな感想は持たなかったなー。自分の思い通りに事が運んだことがないんだもの(それを人は諦めともいう)。そういうもんだと思った。だからあの結末に理解した。納得するかは別問題なので、自分なりに解釈して納得するのに時間かかりましたが。自分に言い聞かせて納得させる感覚かな。

結末には予想どおり賛否両論の嵐。どういった要因で賛ととるか否ととるか、感想を書いた人がハガレンに何を求めているかを知るきっかけにもなってそれはそれで面白かった。言い方は悪いけど、ハガレンを通した人間観察みたいなもん。あーこの人は兄弟スキーなのねーだとか、軍部だったのか~エドウィンだったのね~だとか。

でも逆に、あまりにも感想とか読みすぎちゃって、自分自身で感じるハガレンの良さを見失いかけたりした。それが反省点かな。そうか、この人がこういうんなら、私の感想は間違ってたのかもしれない~とかいう具合に。もっと自分に自信を持て、と。

現時点での私の中の「シャンバラ」の評価はぶっちゃけよくないです。あの暗い展開に息が詰まりそうです。テレビシリーズ最終回の希望ある終わり方が断然良いです。ていうか、テレビシリーズの最後に希望を見いだせたのは、映画という免罪符があったからかもしれませんが。続きがあると分かってるからこそ状況がよくなるかもしれないという希望を見いだせるのであって、シャンバラではスタッフ・声優ともに「これで終わり(作中では「ここで生きていく」宣言)」と終了宣言をしてしまったので希望を見いだしづらい。ましてや兄弟の今後には第2次世界大戦という更に悪い状況がまっている。そこが評価しにくい一因かな~なんて。

評価は低いわりに、すごく好き。評価と好きか嫌いかはイコールじゃないのです。この矛盾はなんだろう。

あれから一年。いろいろありました。赤い花束企画が一番大きい出来事かもしれません。
あんなに賛否両論いろいろな意見を持った人たちが、声優(スタッフ)に感謝というひとつの気持ちで動いたのですよ。これ、すごいことだと思います。愛されているな~って思いました。

明日は思いっきり仕事なので、朝からシャンバラ祭りというわけには行かないけれど、帰ったらもう一度見ようかな。

例えば、同じ風景でもその日の気分によって違った雰囲気に見えるように。
シャンバラを見て、違った何かを見つけられるかもしれない。だといいな。
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

いつ終わるんだよー!

こんにちは、キィです
やっと落ち着いたと思ったら、鋼がこれでもかと色々と出してきましたね(笑)
原作・アニメが終わって、次は映画までのんびりと待つかな^^
と思っていましたが、休む暇がありませんでしたとさ

なんて言うか、もう金食い虫化してきました(笑)
荒川さんはいつ休んでいるのか、漫画家を改めてすごいと思いました

買わなくてもいいのですが、やっぱり大好きなので、ついつい買ってしまう
しかも、1番くじの第二弾が出るようで、その景品に「最終回衣装のウィンリィ」のミニフィギュアがあると聞いたから
さぁ!大変!(笑)

あと映画の特典につられて、すでに前売り券が4枚もありますよ(笑)
ミロ星エドの太ももがとてもむっちむっちしておりました

http://img.pksp.jp/009adgjm/img2/matedata/201105/13/000000/SOZ_P00047797973XE.jpg

映画のキャラ、ジュリアちゃんがとても好みで、最近この子ばかり描いていますw
これは荒川さんが考えたキャラではないのですよね?

話変わって、喜ばしいことに
「ピクシブ」で私の絵がとうとうランキングに入ってしまいました!!!

わーうれしいなぁ^^何の絵だろう?

あの「ぽぽぽぽーん」をパロッた絵でした・・・複雑な気持ちになりました
初の絵がパロディ・・・まぁ、嬉しいことは嬉しいですが、なんだかなぁ(笑)

私の夢は「漫画家」だったのですが、今ではアニメーターを目指しています
いつか、ピクシブで「公式かと思った」と言うダグをつけられるのが、ちょっと夢w

なにせ、話を考えるのが苦手なので、漫画は無理でした;

あと、前に「キングダムハーツ」の絵を描いて、サイトに載せたら
友達に「これは著作権が厳しいから、消せ!!」とすんごい怒られましたw

ディズニーが厳しいことは知っていましたが、「キングダムハーツ」のほうも厳しいのですね・・・うーん
あと「ハリー・ポッター」とかも厳しいと聞きました

ただ好きに描くではなく、その作品をよく調べてから描くということを
学びましたよ
本当はもっと描きたいのですけど、そこは個人で楽しむしかないですね、しょぼーん

そういえば、鋼の完全版?が出るようですね・・・特典とか来ない限り、古本で済ませますw
映画が終われば、もう鋼はグッツとか出なくなるのかなぁ・・・ファンの応援しだいと思いますが
私は、そろそろのんびりしたいです(笑)

では、失礼します

梅雨が始まりましたね、食中毒には気をつけてくださいね。

NAME:キィ | 2011.05.13(金) 20:29 | URL | [Edit]

 

こんばんは~

まず、ピクシブランキングおめでとうございます。あれです。ランキングに入ること自体がすごいですね!

鋼の件ですが、確かに何やらいろいろと劇場版に便乗して・・・逆か、劇場版を便乗させる形で・・・発売されますね。全部は追いかけませんが、プロトタイプ鋼が掲載されるというガンガン来月号と、鋼クロニクルは購入予定です。一番くじは銀魂なら買いました。あれ、コンビニで買う場合結構恥ずかしいですね(笑)
鋼の一番くじは、とりあえずちびきゅんキャラが欲しいです。

完全版はあまり興味はなかったりします。アニメ情報が掲載されていたハガレン研究所があれば買うけど(笑)。
グッズ系はとにかくキャラ人気があれば出るんじゃないでしょうか。FAは残念ながらそういう意味で全く出ませんでしたが、ミロ星は内容次第でキャラ人気が出さえすれば出るかもですよ。

イラスト拝見しました。やっぱりお上手です!
ジュリアは確かに荒川キャラではないのが一目瞭然w荒川さんが描く女性キャラって、どことなくたくましさが出ているような気がするんですよね。ウィンリィのように可愛らしさの中に強さがあったりとか、オリヴィエやイズミなんてまさにそのものだし(笑)、ロゼもウィンリィと似たような部分があった記憶があります。トリシャでさえ強い女性でした。ところがジュリアはアニメ誌等を読む限りなんだか儚さも持っているように見受けられて・・・。荒川キャラじゃないというよりは、いかにも男性が作った女性キャラだという印象です。そういう意味では水島版のロゼの印象に近いかもですな。

アニメーターを目指しておられるとのこと。ツイッターでフォローさせていただいているアニメーターの方のつぶやきを見る限り、体力勝負な一面もあるようです。それでも夢は信じて努力すればいつか叶う!頑張ってくださいね!

ハリポタの著作権問題はググって初めて知りました。そもそも漫画なり小説なり二次創作メインの同人活動はそれ自体が法的には全てグレーで、結局大目に見てもらっているだけなんですよね。著作権者が何よりも気にするのは、本物と間違えてもらっちゃ困るということなのでしょうし。二次創作に対する認識の差から出て来るものであるならば、海外の作品の同人活動は(少なくともネット上で堂々とは)やめた方が無難なのかもしれませんね。
そうそう、ディ○ニー系列だけではなくてポ○モンや小/学/館系列の作品、サ/ン/ラ/イ/ズ作品も注意が必要ですよ~。あと何気に同人活動を嫌う作家さんもたまにいるんですよね。
ネットは誰でも閲覧できてしまう場なので、それこそ同じ趣味を持つ人以外は強制的に閲覧禁止とかにでもしない限り自由な描写は出来ないでしょうね。逆に言えば自分の描きたいものに制約をつければ、誰でもが見ることが出来るようになる。そのどちらを取るか~ということなんですよね。まあなんにしても、権利が叫ばれている以上その中で楽しんでおかないと、下手すればこれから先もっと不自由になってしまうかもなわけで・・・(某都条例とか)。

6月、そういえば食中毒が怖い時期ですね。お気づかいありがとうございます。キィさまもお気をつけくださいませ。コメントありがとうございました!

NAME:ともえあや | 2011.05.17(火) 22:18 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。