感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2008.10.23
21:16
 
犬派か猫派かと言われれば、断然猫派な私。
桂みたいに肉球というよりも(それも可愛いが)、顔のおひげが生えてるぷにぷにほっぺが可愛いのですv とはいえ、触るとすげーいやそうな顔されるんですが。 

more

宇宙を舞台にした壮大はSFチックなはじまり(アバン)の割に、犬と猫の戦いという実に身近な内容に落ち着いた今回のお話。

ヅラが動物好きというのはそもそも愛玩動物かどうかすら怪しいエリザベスを連れている時点で明白ではあるのですが、頬を赤くしながら肉球がどうのこうの言われるとすごい分かりやすい。あれだ。きっとヅラは節操がないんだな。エリザベスの中身がおっさんだったことをあたかも今初めて知ったかのような物言いをして、だいたい1年目の最初の方の話でエリザベスの口から人の顔だったり手が出たりしたのを確実に知っていたハズなのに、今の今まで気づいていなかったという実に鈍感なんだか単純にバカなのかどうしてそこまでシラをきり通そうとするのか理解しかねる行動 & エリザベスが交通事故にあったときは人間の病院に行ったのに今回は動物病院に行くというカオスっぷり。さすがヅラ。ヅラがメインの話のときは、因果律や起承転結が全て順番に進むと考えてはいけない、のかもしれない。だから紅桜篇は別人に見えるんだ(笑)

カオスなのはストーリー展開もそうで、前半の死にかけているおじいさんの飼い犬も主人を追っているのか死にかけているという件には涙が出そうになりました。・・・が、地球を侵略しにきた天人が乗り移ったという話にいたったときにはあっさりと涙が乾いてしまった(だって元気になったから・・・)。

でも考えようによっては、すごいシュールな話だなあと。

桂や神楽は、ご主人である老人が死にかけているときに同時に死にかけている飼い犬を見て「ご主人に看取られたかったのではないか」「忠犬である飼い犬(小さな侍)は老人と一緒に逝けて本望なのではないか」と各々感想を持つ。そして神楽が桂の静止の言葉など意に介さず犬を主人のもとに送り届けようとする。

「この子をじいさんに会わせてあげるネ。(中略)こんなところでひとりぼっちで死んで美談にされて、それで喜ぶのはお前らだけアル。(中略)だからこそ向こう(おじいさん)も会いたいと思ってるに違いないアル」

そして必死に立ち上がる犬。「ずっとそばにいたかったから」「離れたくなかったから」だと言う神楽。その言葉に心を打たれたのか神楽に同意する桂。「本物の侍とは信念に殉ずるのではなく、信念に生きるものであったな」と老人のもとに送り届けることに。

ところが実際は、犬が立ちあがったのはここで飼い主がつけた鎖から離れてようやく地球を侵略するという本来の目的が果たせるようになったから。神楽の考えも、それに従った桂も、全て単なる「美談」だった。飼い主側の勝手な解釈。犬や猫といった動物が基本的に話すことができないものであるからこそ、飼い主が 自分勝手に 解釈して動物の生き死にを見届ける。なら実際に動物が美談に見合ったものの考えをしているかなんて、話せない以上全然分からない。でも、飼い主的には動物の思いを「感じとって」分かりあいたいよね。たとえそれが勝手な解釈であっても関係なく。
「銀魂」って、ギャグのなかに何気に深い問題を奥に秘めているのがすごく面白い作品だと思います。まあ、ギャグなんだけど(笑)言いかえれば、ギャグに落とし込んでいるのでお説教に聞こえない。そこが良いのです。

ていうか、その犬の金太郎の声が堀内賢雄さんだったのに笑った。ベテラン声優さんをこういうところに使うだなんて(笑)
美談で勝手に盛り上がっていた神楽が真実を知ってあっさり掌を返したのにも笑った。

そして、犬に乗り移った天人を倒すべく現れた天人は猫に寄生した。正義の味方と称されるわりに寄生した宿主からゲロで出てくる・・・「こんな美しい星を奴ら星食いは食い荒らそうとしているのか。そんなことは絶対に許さん」だなんて、矛盾してないか?w
ていうか、猫好きとしては微妙(苦笑)

美談と言えば、瀕死の状態だった飼い主の老人が散歩の時間だと目を覚ましましたが・・・これがギャグに行くのかシリアスに行くのか原作読んでないから展開が読めない(笑)
ここで次回に続くとは思わなかったのでびっくりした。

そういえば・・・冒頭では定春の腹に影が映っていて、それが人間の腕だった~という展開はなんとなく芙蓉篇の冒頭のホラーチックな展開(全然そうじゃなかったけど)を思い出した。
ていうか、取り出してみたら女の人形って、もしかしてあれダッ○○イ○なのか?(爆)
誰のものだw 夕方6時に放送だよね、これww
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。