感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2008.09.20
23:12
 
絆
(2008/09/03)
中孝介

商品詳細を見る


エンディングテーマのこの曲には、毎回毎回癒されてます。
安眠できるよ!

ほろりとさせられた後にこの曲が流れるので、余計に泣きたくなっちゃいます(良い意味で)。 

more

「妖怪が見えるのは、みんなには秘密だ」
なんていいながら、実際はついぽろっと「傘が飛んでる」(他の人には見えない)と言っちゃうってことは、本当は「他者に見えないモノを見えてしまう自分を認めてほしい」という深層心理があったりするのかな。理解されなくてもいい、自分だけ分かってればそれでいい~とかじゃなくて、やっぱり心のどこかでは他人に理解されたい~なんていう気持ちが。自分だけ分かってれば・・・てのは、実際さびしいことだったりする。
夏目は今までたくさんの妖怪たちと出会って、人間たちに出会って、その中で夏目同様に妖怪が見える人たちの孤独と同じ境遇ゆえの理解も得てきた。だけど、やっぱり普通の人間たちと一緒に生活してる夏目は、そこでの理解も得たいと思ってる。ごくごく普通のことだと思う。
それに対して、クラスメイトの北本と西村と笹田はたまにヘンなこと言ってる夏目にわけ隔てなく接してくれている。いい奴らだ・・・

・・・のわりに、妖怪相手には平気に鉄拳制裁できる夏目が素敵!!
ニャンコ先生いわく「気が短い」だそうですが、ニャンコ先生は用心棒でしょ!夏目を守ったれよ!とちょっと思った。

今回の妖怪はアカガネ。今まで女性だったりおじいちゃんだったり子供だったりで、男の妖怪がきたので新鮮でした。アカガネが持つひょうたんの中にいたのは蒼琴弾きのアサギという女性の妖怪。アカガネは彼女の体が弱ってしまっているので体を貸してくれと夏目に頼む。ただ強引だったので、夏目の鉄拳が飛んできたり、ニャンコ先生とのバトルになったりしたのですが・・・描写がコミカルだったので緊迫感も何もありませんでしたが、静止画像だったのがちょい残念。アカガネに「たぬき」と言われたニャンコ先生が哀れでしたw

貸すつもりはなかったはずが、アサギに同情してしまったことで、翌朝アサギに憑依されてしまう夏目。アサギ自身は女性なので問題はないはずが、肝心の夏目が男だったので周りからいろいろとヘンな誤解を生むハメに(笑) ここらへん狙ってないですかー?>誰にだよ
「申し訳ありません」とアサギは言ってましたが、絶対楽しんでただろw でもそれも、後から思えばアサギにとってはほんのちょっとの安らぎで・・・

蒼琴弾きにとっては致命的な弦の切断により、アサギは美しい磯月の森を飛び出して行ってしまう。
・・・てのは嘘で、本当は体が渇いた土になってしまう病にかかり、アサギにとって憧れの人のまえで病が発症してしまったから。

アカガネは、アサギをはじめとした磯月の森に集う選ばれたあやかしに傘をさす傘持ちで、同時に用心棒でもあった。病になったアサギをひょうたんで守り、他の器に彼女を入れることで、もう一度琴をひかせてあげようとしていたのだ。
見てて丸分かりなのですが、アカガネはアサギのことがとても好き。だけどそういう言葉は全然ださないで、ただ彼女のために琴をつくり、彼女のために傘を持つ。見た目と態度から粗忽な感じがするけれど、アカガネのアサギへの想いは純粋そのものだった。こういうあからさまに好きだなんだを出さなのがいいですね~。エドとウィンリィもそういう関係だったら超萌えたのに。
一生懸命に材料の魚や切り株を探し、途中で妖怪が邪魔をすれば体を張って助ける。純粋で朴訥で・・・こういうキャラ大好きだ!そして律儀につきあう夏目もね!

アカガネは磯月の森に戻って琴を弾かせようとしたけれど、結局そこにはいかず、アサギは琴を奏でる。憧れの人ではなく、彼女のために体をはってきた傘持ちのアカガネのために。
・・・ここらへん涙がとまりませんでした・・・

途中で妖怪の邪魔が入るのですが、てっきりそこで用心棒のニャンコ先生が活躍するのかと思ったら出て来やしない(笑)何してたんだニャンコ先生!そのかわりアカガネのかっこよさが光ってました。

劇中でアカガネを本名で呼ぶのはアサギのみ。夏目はアカガネが持つ傘(と、印象的な目)にちなんで「蛇の目さん」と名付けた。別にそれをいやがるわけでもないアカガネはいい奴だ。蛇の目さんと呼ばれることで、なんだか余計に親近感がわくというか。ラスト、ふたつにわかれた道で別々の場所に帰るとき、「またな」って別れるのがすごく良かったです。

コメディ部分と泣かせる部分のバランスがすごく良くて、私的に2話の露神の話と同じくらい神回でした。泣けます。
スポンサーサイト
テーマ * 夏目友人帳 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 夏目友人帳
Trackback(1) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎夏目友人帳第十話アサギの琴

傘が飛ばされてるのを発見。傘をもった僧侶風の妖怪だった。襲ってくるが夏目が返り討ちにする。そして、ひょうたんから、ノトマミの声が。アサギという名前らしい。朝起きたら、髪の毛と目の色が青になってた。すぐにもどったけど。学校へ行ってみると、一瞬女の人に間違...
ぺろぺろキャンディー【2009/06/29 20:58】

 

このページのトップへ
 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。