感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2008.09.15
20:54
 
今CS放送のAT-Xで「夏目友人帳」が放送されています。
たまにビデオを録画し忘れるので(木曜日が一番疲れる)そちらで補完しています。

AT-Xオリジナル番組「Club AT-X」にて、「夏目友人帳」から夏目役の神谷浩史さんとニャンコ先生(斑)役の井上和彦さんのインタビューがありました。ニャンコ先生は音痴という設定上「CDデビューはなくなった」とのことですが、ここで披露されたニャンコ先生の歌はかーなーりー可愛かったです。おっさんが歌ってるのに可愛く感じるっていったい(笑)
ていうか、インタビュー中の神谷さんのドピンクのシャツが気になって仕方ありませんでしたwしかも似合ってるし。あれだ。リアルティエリアだ。今かなりお気に入りの声優さんです。

そういえば夏目のネットラジオが「音泉」で始まるそうです。これは楽しみだ。番組終了後に始まるって、DVDの販促かな?
 

more

子供のころ何のアニメだったか忘れましたが、女の子が小動物を首に巻きつけて歩いているのを見て憧れまして。
それで実際にウチで飼ってた猫で同じことをしようとしたら、凄い勢いで飛び降りてったのを思い出した。イヤだったんでしょうね(笑)

夏目が自分の肩にニャンコ先生を乗せていたのをみて思い出しました。

というわけで、ニャンコ先生が超絶可愛い!!


ホタルの伝説が残る沼にきた夏目とニャンコ先生。そこにはひとりの男性と妖がいた。
妖の名前はなかったけれど、彼女と出会った夏目が見た夢の中の言葉から「きよ」と名付けられる。

前のダム湖の話の燕同様に、何か文字が書かれた仮面を顔につけているのが印象的でした。たまに除く顔がとても綺麗で。仮面をずらして酒を飲む様が色っぽかった

男性は、昔は夏目同様に妖怪が見えていて、周りの人間たちから気味悪がられていた。
だけど妖・・・「きよ」と出会うことで彼女を愛するようになる。でも・・・突然妖が見えなくなってしまう。

今まで見えていた存在が突然見えなくなる。夏目にとっては本来望むべきことのはずが、なぜか寂しさを感じてしまう。これって友人帳を通して出会った妖や出来事が、彼にとってかけがえのない時間だったことを意味してるような気がします。妖だけじゃなくて、妖を通して出会った人々もいたわけで。たとえば笹田という同級生の女の子もそうだし、なんだか出番が全然ない沼田もそう。
それになんといってもニャンコ先生だ。

結婚を間近に控えた男性は、式までの数日間沼を訪れていた。目の前に「きよ」がいるのに全然気付かない。そして、「きよ」は目の前にいるのに気づいてもらえない。触れても、話しかけても、わからない。

だけど、それ以上を「きよ」は望まなかった。こういう場合、結婚を控えているような相手を恨みそうなもんだけどそういうわけではない。ただひたすらに、相手を想い、そっと見守っている。そこが「夏目友人帳」というお話なのだな。2話の露神に対して花さんは見えないフリをして、4話の時雨は自分が不浄だからと笹田に会うことをためらった。6話の燕は相手の人間が自分が見えないと分かっていても一生懸命話しかけ、7話の子狐は気に入った人間の夏目にたったひとりで会いに行く。この作品の妖怪は畏怖の対象ではあってもそこに重点はおかれず、むしろ人間が大好きな優しくて純粋な存在として描かれているのがとても印象的です。いつも思うんだけど、これ深夜じゃなくて朝にやってほしい。子供たちには派手な「お子様受けする」(関連商品が売れる)ようなのじゃないといけないのかなあ。

男性の話を聞き、「きよ」の心が垣間見えた夏目は、前に見た夢の「きよ」と言う言葉の意味を知る。

「好きよ」の「きよ」。
男性が「きよ」に名付けたのは「ホタル」。実際ホタルの妖だった彼女は、虫であるホタルへと姿を変えて虫としての一生を送るようになる。愛する人にせめてもう一度だけでも会いたかったから。

結婚する相手と歩く男性の前に現れるホタル。虫の姿だったけれど、男性の表情を見る限り想いが伝わったようで嬉しかった。ていうか見てるこっちが泣けてきた。相手の幸せをただひたすら願うだなんて、かなり難しいことだよ・・・

「たとえいつの日か、妖怪が目の前から姿を消しても、出会った思い出はけして消えることはないだろう。それはけして、何一つ」

思い出は塗り替えられるものではなく、消えるものでもない。「思い出」として残っていくのだから、男性にとってのホタルも夏目にとってのニャンコ先生も、けしてなくならない。
夏目のこのセリフがすごく頭に残りました。何も見えない人間に比べてたくさんの妖たちの想いにふれているぶん、夏目はすごく優しいのかもしれません。




その割にパンチがニャンコ先生に飛びますが(笑)
前半部分の夏目・斑・ホタルの会話が面白かった。名前付けのセンスがもしかして夏目にはなかったりして?
「飼い主とペットの関係だ」という夏目とニャンコ先生。しかもハモってる。
ていうか、ニャンコ先生は(斑ならともかく)見た目と裏腹に夏目を飼ってるつもりなんだろうかw
スポンサーサイト
テーマ * 夏目友人帳 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 夏目友人帳
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。