感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2008.09.05
06:49
 
まさか今になって、アニハガで記事を何度も投稿できるとは思ってもなかったので(語る元気がなかったから)すごく嬉しい状況・・・なんだよね? イベント参加できないけど・・・。
語る元気がないっていうのは、よそ様の深い考察記事とか読んでいざ自分の記事(にもなってない)を読み返してみると・・・自分、良いこと何も書いてない上にバカっぽいなあ、と。ほんっとに・・・特技として「場をシラけさせること」を付け足したいくらいです・・・発言したら周囲が無言になるとか(苦笑)あげく「あなたと付き合う自信がない」とか言われたこともあるので、なるべく迷惑かけないようにコメントしないようにしていたのですが、ついしてしまいました・・・。二度とああいうことは言われたくないのに。

そんなように、いい面でも悪い面でもネットではかなりにぎわってますね。リアルタイムで見ていたころを思い出します。仕事から帰ってさっそく本編視聴 → ブログめぐり なんてことしてたなあ。あのときはいろんな意見見てても「ふーん」としか思わなかったのになあ。

鋼がどんどん広がっていく。
原作、アニメ1期、アニメ2期、なかには同人(ぶっちゃければフジョシ)もあったりして。
どこに重点を置くかで見方なんて変わっていくもの。全ての人を納得させられる作り方って、相当難しいでしょう。しかもどこに重点を置いてるかなんて、見てる本人も気づいてないかもしれません。

で、朴さん釘宮さん大川さんがゲストだった「「アニメ店長!子安・岩田のVOICEきゃらびぃ」第55回」を聞きました。
そういえば、子安さんはアニハガには第35話「愚者の再会」のゲストキャラとして出演されてたっけ。

 

more

内容的にはBOX-SETの宣伝と、釘宮さん大川さんへの質問(朴さんは3回目ということで割愛)、アニハガの印象とで構成。

大川さんの娘さんへの溺愛っぷりが面白かった。
意外だったのは釘宮さんがB型だったということ。なんとなくA型のイメージだったので。
「ここしかない!」力説するとアルの声になる釘宮さんに萌えた。
朴さんがツッコミ役だったのが面白かった。
朴さんは今回おとなしめだったような。いつも思うのですが、鋼のことを語りだすと真面目になるのが印象的。それは釘宮さんも大川さんも一緒なんだけど。


映画終了後2年。多くのアニメキャラを演じているので、なかには言われるまで思いだせないキャラもある。だけどアニハガで主要キャラを演じてきたお三方は全員まるで最近の出来事のように覚えている。それがすごいことだ。・・・てなことを子安さんが褒めていらっしゃったのが、聞いてて嬉しかった。
これは、本当にBOX発売が楽しみです。このぶんだと、オーディオコメンタリーが面白そうだ。

岩田さんいわく「名刺代わりになる作品に出会えるってすごい」とか・・・これはものすごく良いことでもあり、考えさせることでもあるんだよね。逆に言えば、役柄が固定されかねない。けど、精力的に活動されている朴さんたちを思えば、そんなこと吹き飛ばしちゃうような気もします。

それにしても、ここにきて朴さん・釘宮さん・大川さんがラジオでゲスト出演されているということは、続投と考えていいのかな。「聖闘士星矢」の声優が変更になったとき、新キャストの露出は格段に増えたけれど、以前のキャストの皆さんの「星矢」に対する話は雑誌インタビューを含めて一切なくなってしまった。もちろん懐かしのアニメとかの特集ではたまにやってくださいますが、それ以上のものはない。それを思えば新アニメの放送開始まで(噂が正しければ)半年という今この時期にここまで朴さんたちの露出があるということは、大丈夫と見ていいのかもしれません。

まあ、私が一番気になってるキャストはトリシャさんだったりするのですが。あの優しそうで、だけど儚い声は鷹森さん以外考えられないの!!どうかなあ。

ということで、久しぶりに鋼関連のラジオだったので何度も繰り返し聞いてます。面白かった。
スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。