感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2007.10.12
20:31
 
こう来ましたか!
うっわ、これは来月号が待ちきれない!


てな内容でした。

以下ネタばれ 

more

第76話「人の形 石の形」

「できる事ならお目にかかりたくない代物だね」

できる事とかいう以前に、兄弟にとって一番近い存在・・・父親こそが賢者の石だった。

たくさんの人の命を使った賢者の石で再構築された肉体を持つホーエンハイムの子供たちの肉体は、普通の肉体なのかな~とかいう素朴な疑問が。ピナコによれば、彼らは確実にトリシャの肉体より生まれたという。だけど、あのときのエドの確信のもととなった要素に、ホーエンハイム(父親)が「賢者の石」だった、という事は含まれていなかった。

兄弟も賢者の石の影響をなんらかの形で受けていそう。

「石自体が膨大なエネルギーと構築式を内蔵してるから 錬成陣無しで錬成可能だ」

これは手ぱんの説明に聞こえてしまったし。

そしてシンに錬金術を伝えたとされる人物の容姿を聞いて、ウィンリィのセリフ「金髪金瞳なんてエドとアルみたい」

・・・・・・

てなことが冒頭の会話であったので、エドが串刺しになっても冷静でいられる私って、おかしい???
いやむしろ、こうきましたか!来月号が楽しみだーとかわくわくしてる・・・んだけど・・・

この物語で、バッドエンドはありえない、と確信しています。人によってバッドエンドでもあればハッピーエンドである、そういったアニメのような終わり方もない、と確信しています。たぶん、ハッピーエンド。だけどちょっとだけ物哀しさも残る。そういった終わり方なんじゃないかなーと。
むしろ賛否分かれるような終わり方をしてほしい。あー面白かった、だけで終わってほしくない

だもんで、エドが串刺し状態になっても割と冷静でした。
というか、一生懸命大丈夫なだけの理由を考えてしまっていたり。

引き寄せられる、ということは、もしかして真理の扉の前にいるアルの肉体の復活のフラグかもしれない。
グラトニーの肉体から出るときに、一度自分の肉体を錬成していることだってある。あのときは肉体ごとグラトニーの体の中だったけど、今回は精神と魂だけ。
そして医療技術として使える錬丹術の存在。

これらがすべて生きてくる展開なんじゃないか、と。



これで終わりなわけはないので、何かが始まるきっかけなんだろうな。
パパンが助けるという展開でもよし。



とはいえ。

今回の話は、別の場所、別の場面へと移るつなぎ目がどうも不自然に映って仕方ありませんでした。
「兄さんがなんとかしてくれてるから」のところ、読みながら一瞬考え込んでしまった。なんとかしてくれる、ってすぐ後ろにいるじゃん、ていう。もちろんそう思わせるためのコマだってことは分かるんですが、ちと分かりにくかった。ここは右のコマと左のコマをもうちょっと放して描くべきだったんじゃないかと恐れ多くも言ってみるテスト

もう一か所、ニセアルとエドがいっしょにいるところを目撃していて、次のページでいつの間にか時間と場所が移動していて、キンブリーがエドを呼んだ場面。風景のコマをもうちょっと大きく(以下略)いるもなにも、そばにいたじゃん、って思ってしまったのですよ。

所詮マンガ読みに失敗したものの戯言として読んでいただければ幸いです。でも、ふつうにおかしいな~って思ったんだもん。

それはともかく
「・・・・・・いつから気付いてた」
って、何も自分から白状しなくてもいいような。さすが迂闊者のエド。今回は彼の迂闊さ、裏を返せば優しさであり強さが思いっきり裏目に出た話でした。うーん。面白かった(不謹慎)。
この一件が、最終回の展開に大きな関わりを持ってくるのかもしれないし。すっごい来月号が楽しみです。たとえばアニメでは最終回間際の第50話「死」でエンヴィーに串刺しにされて一度死亡していますが、これがあったからこそ「シャンバラ」でエドは錬金術世界への帰還を選択しなかった、と考えています。原作では逆の展開だってありえる。この話の串刺しになったエドを見て、アニメのエドを連想しちゃったのですが、この展開もアニメスタッフに教えていたのかな。あの回を見て、次週を心待ちにしていたときを思い出しました。あのときは、ただただ次の話が見たかった。今もそんな気持ち。で、アルの一件もある。



早く読みたい!


スポンサーサイト
テーマ * 鋼の錬金術師 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。