感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Fri
2008.08.08
21:31
 
昨日それはそれはすごい雷雨で、こりゃどっかに落ちたな~と思ったら停電に。
おかげでレジの電源が一時的に落ちてしまい大変だったです。

その停電のおかげでせっかくビデオ予約しといたのがエラーになってしまい・・・今日やっと見れました。正直予約録画のエラーなんかよりもパソコンが無事だかどうかが心配でしたが。前使ってたパソコンは、落雷でネットワーク接続だけがダメになって今では単なるテレビ兼ビデオになってしまいました・・・。何年か前は毎週土曜は必ず雷雨だった~てなことがあったのでちょっと心配。 

more

この話はラストが一番好き。
海から出て繁華街(歌舞伎町?)の小さな店「すなっく竜宮城」のママになったとき。
「あんた昔と変わらずきれいだなァ」
目覚めた浦島の言葉を聞いて乙姫が振り返った場面。
化粧の濃いくそばばあ老女の、若い者への嫉妬に満ちたなりふり構わない攻撃とセリフの数々をさんざん見てきたので、質素だけど優しい言葉遣いと薄化粧といった歳相応の姿で彼女がふりかえったとき、浦島じゃないけどきれいだと思った。・・・ギャップがすごかったから・・・
ちょっとうるっときた。

姿とか歳だとかそういうのじゃなくて、若い頃からずっと大切に持ち続けている何かがある人は、みんな「きれい」だ。そういうことなのかな?
「姿や形が変わっても、変わらない何かがあると思いたいじゃない!」
「しわだらけになっても負けない。本当に美しいものが何か知ってるから!」
お妙のセリフですが、それを聞いて涙を流す乙姫。かつて浦島が言った「きれいだなァ」をいつまでも覚えていたことが、乙姫にとって「永遠の若さ」への執着を生み周囲を老化させることで自分を若くみせようというおかしな行動をとらせてしまったわけですが、逆にその浦島の言葉によって姿は変わっても「変わらない」=永遠を手に入れた、ということになる。全ては考え方次第。それによって人は醜くも綺麗にもなれる・・・というのが今回のお話でした。ちょっとぐさっと来るね(笑)>マイナス思考。


浦島によってもたらされた浄化装置によって事なきを得た。が、竜宮城にバカンスかなんかできた松平たちはどうなったんだろwフォローなしですかー。

前回までお年寄りになってしまったことで意味不明のセリフ&ツッコミが遅れまくった銀時は、なんだかいきなりいつもの説教くささが戻ってきた。ちょっといきなりだったなw
もっとも桂はいつもの姿だろうが年寄りだろうが意味不明なんだけど、後半でいきなりまともなことを喋ったので違和感がw とても「浦島太郎」の昔話を無視したあげく天竺を求めて桃太郎御一行に導かれてスッポンにのってやってきたとは思えない。

今回はなりふり構わない乙姫によって老化作用が艦内にいる者たちにも及び、神楽や九ちゃんたちにいたるまでお年寄りになってしまう。神楽や九ちゃんのお年寄り姿が可愛かった。ていうか可愛すぎw 朝食まだか?昼食まだか?昼食まだなら朝食は?ならタンドリーチキンは?・・・とかいうネタは、微妙に危険な気がするのですが。下ネタも交えつつ進行するので、見てて変な意味でハラハラです。・・・でもバベルやっちゃったのでもう怖いものなんかないような気もしないでもない。


次週は土方のタバコの話。今のこのご時世に本当にやるんだこのネタ(笑)しかもまんまナメック星だとか悟空もどきとかj出てきたけど・・・いいのだろうかw

スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。