感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2008.07.28
21:36
 
毎度毎度、オープニング終了後の本編では話が若干飛んでるので、あら一話見逃したっけ?と考えてしまうことがしばしば。
特に前回のTURN15では、C.C.がギアスがかかる前の記憶に戻っていたことしか覚えてなかった。 

more

ということで、ブリタニア皇帝が行方不明だった~なんてことはさっぱり忘れていて。

関係ないですが、ブリタニア皇帝の声を聞くと「銀魂すべらない話」の若本話を思い出すんですが。さすがにギアスでは普通の演技に聞こえる(笑)やっぱり「銀魂」みたいな作品では自由に演じている結果プレスコ状態になってしまうのかな。しかし、どの作品に出ていても若本さんはやっぱり若本さんで、私にとってはドラゴンボールZのセルなんですが、イメージ変わらないよなw 声優として、たとえば、山寺宏一さんのように声色を役によって自在に使い分ける部類ではなく、ご本人の声の存在感がキャラの特性とマッチしていた、ということなんだろうな。どちらが声優として優れているかなんてことを語るのはナンセンスで、そのどちらともが声優・・・役者としての資質なんでしょう。今回の「オールハイル!ブリターニアー!!」の威圧感は、若本さんだからこそ出せるものなのではないでしょうか。
・・・と、最近の女性アイドル声優がみんな同じ声に聞こえる人が語っていますが何か。同じ声というか、同じ演技の仕方というか。某朝娘。が所属する事務所の歌手が個性なく同じ歌い方してるのと同じというか(逆にどこの事務所所属というのが一発で分かるのですが。)。やっぱり何年も一線で活躍するには、その人にしかない個性(声質でも演技の方法でもなんでも)が必要なのかなと。

若本話はここらへんにして。

今回はなんといってもルルーシュの

頼む!ナナリーを、ナナリーを・・・守ってください

でしょう。

行方不明だったブリタニア皇帝が超合集国憲章批准式典の中継をジャックして、ゼロ・・・ルルーシュを追い詰める。世界はゼロ側かブリタニア側かの二つに塗り分けられ、そのどちらかが勝てば世界を手にいれる。いわばナナリーが人質となっているので、今この状態ではナナリーを殺されかねない危険な状態。前半でカレンが人質として「命さえあればその体に何が起ころうと」なんてことをブラッドリー卿に言われるのですが、ナナリーもまた同じ状態。つまりルルーシュは、「黒の騎士団のゼロ」としてカレンを、兄として妹ナナリーを、それぞれ人質にとられたということに。
でも今回見る限りじゃ、カレンよりもひたっすらナナリーばかり心配していたけど。

かつては友だった間柄。でも今は、ギアスの暴走によってユーフェミアを狂わせ殺した黒の騎士団の「ゼロ」と、ユーフェミアの騎士であるナイトオブラウンズという敵対関係。2期の最初に、「ゼロ」としての記憶を皇帝のギアスによって強制的に失わされ、スザクをさんざん自分を売った(だっけ?忘れた)みたいなことを言っておきながら、いざとなれば、頼るべきは敵であるスザクしか頼ることができなかった。自分のプライドを捨てたのか。いや、むしろスザクを「友」として縋るしか方法がなかったのだ。支配欲の高いかつてのルルーシュにとっては、かなりの屈辱的なことだろう。敬語を使い、頭を下げるのだから。シャーリーを殺めたロロに対する接し方みたいに激情を冷静に戦略に変えて行動するというよりは、どちらかといえば母マリアンヌを敬愛していたジェレミアをあっさり懐に入れたことに近いかな。

もともと「友」という言葉を意識したのは記憶がなくなり奴隷の頃に戻ったC.C.から。純真な彼女が持ちたかったという友達は、ルルーシュは既に持っていた(と本人は思っている)から、それに頼ろうとした。

「親とか兄弟とは違って、後からでも作れるし。でも私にはそんな味方もいなくって」
C.C.の言葉から、ルルーシュはかつての友であるスザクを味方と判断したのかな?
状況が状況なのに、敵であるスザクを「味方」にするなんて、早すぎるぞ。でもその短絡加減がルルーシュらしいというかなんというか。戦略だ戦術だなんだかんだ言っておきながら、肝心なところでは心の赴くままに行動してしまう。そこがルルーシュの人気の秘密なのかな。

話的には、ナイトオブラウンズも一枚岩ではない、アーニャももしかしたら皇帝の記憶操作のギアスをかけられているかもという疑惑、ニーナによるスザクのランスロットに前回実験したものを搭載(フレイヤ)だったりと、かなり伏線が張り巡らされていました。あと半分か。もう脚本は書き終わって、続編はない完全無欠の終了とのことなので、どうなるのか行く末が楽しみです。エンディングテーマのように、ルルーシュ=ゼロは自らの所業を悪と認めることになるのだろうか。それとも?

それにしても、さりげにプレゼントのお知らせの限定受付が一時間になっていたり、「今週も楽しんでくれてありがとう」「いつも応援してくれるみんなに」だなんてらしくないセリフをはいていてかなり笑った。これもまたルルーシュなんだねw



どうでもいいけど、「俺達はガンダムだっ!!」がちょりーっすとか言いそうで怖くなったw
スポンサーサイト
Trackback(1) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。