感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sun
2008.07.13
21:03
 
拒絶とか、ヤなことが多々あれど、鋼のBOX SETの宣伝もあったし、ガンダム00の番宣CMもあったし満足。結局孤独でも楽しめるものだなw 数年前に戻っただけだと思えばなんとか立って歩ける。ふらふらだけど。うん、大丈夫。前を向こう。


「機動戦士ガンダム00 2008年10月再臨」

だそうです。楽しみ。刹那がだいぶ大人っぽくなったなあ。アニメディア8月号の描きおろしみるとごく普通にロックオン兄貴がいるんだけど、この人が双子の兄弟とやらなのかな。全然性格違ったりして。映像そのものはテレビシリーズ1期のアレハンドロとの最終決戦とロックオンとクリスの最期を交えての構成でした。クリスの話は悲しくなるのであれから見てない・・・

ギアスの話に戻すと、クランプ描きおろしのルルーシュが本編アニメキャラデザよりかっこよくて好きかも。 

more

ブリタニア皇帝が縦ロールじゃなかった!
冒頭の過去の回想シーンでは、C.C.のとなりにマリアンヌが、V.V.のとなりにはブリタニア皇帝シャルルの姿が。V.V.と皇帝は双子の兄弟てのを公式HPで初めて知りましたが、どっちかは年老いてどっちかは不死身ってこと?なら、C.C.とマリアンヌの関係は?たびたびC.C.の「ひとりごと」に登場するマリアンヌですが・・・こういう謎をひっぱるひっぱる。気になって仕方がない。昔の皇帝は、考え方がルルーシュそっくりにみえた。

前回にシャーリーを殺したのはまぎれもなくロロだった。全ては兄さんのため。ただ表向きにはギアスによってシャーリーの自殺ということになっていた。
「俺達が幸せになるためだ」
なんて言っておきながら、実際はロロの抹殺も含めたギアスの源たる教団を、ギアスの存在を破壊しようとした。

1期ブラックリベリオンで妹ナナリーが連れ去られ、我を忘れて騎士団をほったらかしたときとほとんど変わらない。ひとつのことにカーッっと頭にくると、他は考えられなくなるのか。シャーリーを殺され、ロロに対して冷静だったと思いきや、一気に教団やV.V.の壊滅を求めてしまうほど熱くなっていた。ここらへんを見ると、やっぱりルルーシュは青いと思う。肝心なところで短気なんだから!

ゼロの衣装ではなくルルーシュのまま蜃気楼に乗り込み、騎士団を指揮したのは意図的なのか。それともシャーリーの件で熱くなって、一刻も早く仇を討つことが先行して着がえる余裕すらなかったのか。ジェレミアの回線を使ってV.V.と会話したとき、ハリボテの学園だったのにちょっと笑った。

シャーリーの葬式にも出なかったルルーシュ。状況的にスザクに疑われてしまう。ルルーシュが犯人なのではないかと。実際にはロロだったのだけど、ただでさえゼロとしてユーフェミアの件で恨まれているのに、今度はシャーリーのことで誤解されてしまうわけですが、それはスザクのルルーシュに対する疑心から生まれた結果。確かにユーフェミアを殺し、ギアスをかけてしまったのはルルーシュなんだけど・・・今回は違うんだよーともどかしくなってしまった。
悲しむ生徒会メンバーと、ニーナ。シャーリーが苦手だったというニーナだけど、涙が止まらない。それはやっぱり仲間意識がどこかにあったからではないのかな。

騎士団による教団の破壊は、容赦がなかった。それはブリタニア帝国がやっていることとなんら変わらない。「子供まで殺す必要があったのか」なんていう兵が印象的だった。その子供にギアスをかけられ、仲間を嬲り殺したのだから。一番無力だと思っていたものが、実際には力が一番強い。そういえば皇帝シャルルとV.V.も、見かけと「力」の強さが逆転している。その点「共犯者」のルルーシュとC.C.は対等に見えるんだけど。
ていうか夕方5時という時間帯にふさわしくない虐殺シーンだったので、あとでたいへんだったんじゃ?

うーん、オレンジ・・・ジェレミアってすっかりルルーシュの部下なんだ・・・意外。彼のメンテを担当していたバトレーは騎士団の攻撃によりあっさり死亡。ここも意外だった。
コーネリアはユフィの仇をうつためギアスの源たるV.V.を、彼が搭乗するジークフリートごと滅ぼそうとした。コーネリアかっこいい!!ただ、これがルルーシュにとってシャーリーの仇であるロロを殺すことができなかったのですが。ロロに対し優しい言葉をかけているルルーシュみてツッコミいれたくて仕方なかった。

C.C.により、全ての教団関係の人々は殺された。
ところがピンチのV.V.のもとに皇帝シャルルが現れる。「兄弟ってこの世界で最も美しい関係なんじゃないかって」・・・V.V.と双子の兄弟であるシャルルとは、V.V.にとって「最も美しい」のだろうか。突然現れた皇帝により、神殿、アーカーシャの剣の前へと誘われる。そしてエンディングへ。
子の盛り上がり方はなんだか最終回前なんだけど、まだ半分なんだよね・・・?1期の24話と25話の焼き直しというか、リフレインというか、そんな印象を受けました。かつては自分の記憶を奪われたけれど、今度はどうなるんだろう。

黒の騎士団内部でも扇関連でもめそうだし、スザクはルルーシュを更に恨みそうだし、生徒会メンバーは微妙な関係になりそうだしで、悪い状況になっているみたい。ルルーシュがどう切り返すのか楽しみです。それにしてもひとつの可能性として、シャルルに似ているというルルーシュは、一歩間違えれば皇帝みたいに自分の目的のために虐殺をも平気にしでかすということが証明された回でもあります。本当によく似てるんだ、この親子は。
スポンサーサイト
Trackback(1) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback

 

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第14話 「ギアス 狩り」

すべては21年前から始まったのだー。
Shooting Stars☆【2008/07/13 21:33】

 

このページのトップへ
 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。