感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Thu
2015.07.30
07:20
 
テレビシリーズBD&DVD第2巻の特典ドラマCDのタイトルが「書き下ろしオリジナルドラマCD『ラジオ「ジャンク真選組」』」とのこと。
やたらと真選組を押すのはアレか。本誌展開のアレからか・・・?

さて今回は星矢パロディ回。このネタには全力でのっかれる!!
これをどうアニメ化するんだろうと心配してwました。
なんかもう星矢十二宮編を見るたびに神楽ちゃんの「カツーン、カツーン、カツーン、カツーン、登っても登っても宮殿は見えない」が頭に浮かんで困るこれ。
以下ネタバレ感想↓
 

more

星矢の初代OP「ペガサス幻想」が使用されるのはある程度予測してました。十二宮編のパロディだし。
出だしのペガサスボックスならぬやけに可愛い(定春の)ペガサスが入ったボックス(ORAなのはJRAのパロディか。馬だけに)をバックにして青銅聖闘士が走ってるOPのパロディはちょっともっさりしてたがw

ただEDテーマ「永遠ブルー」まで使用されるとは思いもよらず笑い転げておりましたw
銀さんはパフェ座、新八は案の定メガネ座、土方はマヨネーズ座、近藤さんはゴリラ座の聖闘士で、ED出だしの各星座が重なりあうところに始まり、お妙さんが魔鈴さんでなるほど!と。訓練中深い谷底に落ちる!と騒ぐ星矢になら死ねばと平然と言ってのける人だよ合ってるw しっかり星矢作画監督荒木さん風の風による髪のなびき方が再現されて芸が細かい。
青銅聖闘士がずらりと聖域に佇むEDの再現もしっかりされていました。ていうか、銀魂顔で星矢風髪のなびき方だから一瞬誰が誰やらわかりづらかったw 長谷川さんがちゃんとダンボール聖闘士なのはさすが。

ていうかこのED、荒木さん風の動きの処理やスタッフロールの文字もしっかり再現されていたことにびっくりですよ。もっとも見慣れている星矢のEDは4:3のブラウン管テレビ使用(?)だったのに、今流れているコレは16:9なのでそこだけ違和感でしたけれどもw
原作銀魂が車田風作画に対してアニメ銀魂ではしっかりアニメ版星矢の作画を踏襲しているのは芸が細かいと思いました。

新しいペガサスのぬいぐるみを買ってもらった代わりにユニコーンの邪武というぬいぐるみを捨てました、という件は笑った笑った。銀さんの話すこの怪談は激しく出オチだと思う。星矢ネタを知ってるからこそもっと笑えます。
最初の一輝みたいな兄さんと瞬みたいな弟の対決の兄貴の方のダンスはアニメ星矢で見たことあるw ここでもアニメ版星矢の色彩設定が踏襲されていて芸が細かい。

さて。
マダオの怖いものといえば終わらない夏休み。彼の人生を思えば本当に怖いものw 全く懲りずに困ったことを万事屋に頼んでいる時点でお察しで、人生で怖いものとはこうやって「気づかない」ことだと思った。
そしてアニメ銀魂にとって怖いものと言えば・・・。走り出したら止まれないガバガバのブレーキ抱えた自転車に乗ってて何言ってんだおいw これ一番怖いのはサンライズの看板の上にBNPの看板をそのまま掲げているところなんじゃないかな・・・

愚痴の言い方の恐ろしさから怪談話に転じ、怪談ならぬ階段からそこに星矢パロディへと変遷。怪談と言えばオチが「お前の後ろだーー!」(神楽ちゃんの眠れない話でもこのネタがあったくらいに)なので、怪談ならぬ階段と言えば聖闘士星矢であり、全部合わせたらこういう話になったという銀魂らしい連想ネタのようなお話です。最終的には「お前の後ろだー」を言いたいだけになるのもご愛嬌だ。
ジャンプ掲載時には確かΩ放送中で、今は黄金魂配信中という素晴らしいタイミングなのは黒子のバスケと一緒だなあとしみじみ。

いやもう本当に笑わせていただきました。星矢好きの銀魂ファンの私にはこれ以上ないネタだった。熱烈星矢ファンだった頃の私が見たらどう思うんだろうと考えながら見てましたw 4年目のクリスマス話でちらっと星矢ネタありましたが、あれよりももっとガッツリやっていて面白かった。

さて次回は将軍かよー。






今見ると・・・(´;ω;`)
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂°
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。