感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Mon
2015.06.08
00:42
 
今回のハイライトは次が男女逆転篇だということでした。
次回予告じゃん。

以下ネタバレ感想。

 

more

「鼻の穴のデカイ奴は発想力もデカイ」

原作のネタ自体は劇場版「万事屋よ永遠なれ」のことを指しているわけだが、アニメの結末でもあり目下進行中の原作でもあり汎用性が高いネタになっています。そして困ったときの芸能人似顔絵シリーズでもあります。この似顔絵は身体的特徴で笑いをとるなど一発でネタだってわかるから実に分かりやすいんだが、個人的にあまり好きじゃないので笑えなかった。仕事で疲れてたから余計に何が面白いのかさっぱりわからなかったw
それはそれとして、万事屋の写真を使ったコピー作りには笑った。ネタの古さとか、時期的に今はネタにできないとしっかり言い訳してしまう(何を言いたかったのかはよく分かる)とか、同じ芸能ネタでもこっちのほうが真骨頂というか銀魂らしくて面白かったです。

なんというか、原作通り「万事屋よ永遠なれ」を見る前に見たら万事屋の仲の良さ(仲良くケンカしなっ!)がすごく出ていてぐっとくるかもしれません。

「新しく始まる戦隊モノは最初はこんなの認めねェみたいになっているが最終回の頃には離れたくなくなっている」

四天王篇におけるお登勢さんの考え方の影響を一番にくらったのが勝男だったのかもしれない。屋根登るの手伝ったくらいだし。
そして自分が慕う次郎長を変え、お登勢に近い場所にいる銀さんを・・・誰ひとりとして彼がそうだと言っていないのに・・・勝手にルーキーだと勘違いしてしまう。次郎長や平子だけでなく勝男にとっても四天王篇は大きなエピソードだったということになる。
そういうのが垣間見えて面白かったです。
で、個人の中で浄と不浄の混在を体現してるのがお妙さんであり、勝男と同等のレベルの腹黒さ(浄と不浄の混在を言い換えたらこうなるw)からならず者を押さえつけ対等に渡り合っているのに笑った。かぶき町とはある意味お妙さんのことかもしれないなあ。

が、それはそれとして。
芸能人ネタは個人的にあまり以下略なのもあるがそれ以上にマジカルバナナのひっでぇテンポは聞くに耐えなかった。マジカルバナナはああじゃないでしょ。ここはテンポよく言わなくちゃだめでしょ!マジカルバナナの元祖番組「マジカル頭脳パワー」でゲラゲラ笑ってた世代を舐めるなよ(怒)・・・・というわけで録画だったので早送り。リアルタイムだったらチャンネル変えてた。
や、画面としてこういう無駄なところにCGで金をかけましたすごいでしょ的なことはわかるんですが、酷いというよりは
「何が面白いの?(真顔)」
という状態。ロシアの名産うんぬんのところもテンポ感がすごく悪くてどうしちゃったんだ銀魂と頭かかえたけれど、まあよくよく考えてみたらこれだけ続いていれば外れの回もあるよなあと納得。

そういうわけで余計に次週が楽しみです。
アレが斎賀さんだったのはさすが。銀子さんは九ちゃんの中の人の声に聞こえたけれどシャッフルなのかフェイクなのか。
なんにせよ今週で一番の見所は次回予告でしたよ。
スポンサーサイト
Category * 銀魂°
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.