感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2015.04.20
19:15
 
今回のとある箇所をアニメで見たいんですが。
そこまでやってくれるかな・・・

以下ジャンプ銀魂ネタバレ

 

more

「俺達の大将 返してもらうぜ」
「俺達ゃアンタの隣歩けんなら、どこだって構やしねェんだってな」
の二つのセリフ。

「誰かがねじ曲がれば他の二人がぶん殴ってまっすぐに戻す」「悪友」・・・ミツバ篇第百三十一訓「男ってメンドくさい」での近藤さんのセリフを思い出した。ていうかこれ16巻のエピソードなんだね。

銀魂-ぎんたま- 16 (ジャンプ・コミックス)銀魂-ぎんたま- 16 (ジャンプ・コミックス)
(2006/12/27)
空知 英秋

商品詳細を見る

「真の道はまだまだ遠そうだな」・・・その信じた道を歩むために、時にはぶん殴って互の道を補正しながら少しずつ歩んでいく。異三郎が作り上げた政治的な判断・・・一橋親子暗殺計画のための「組織」というよりは悪友どうしの共感が生んだ「仲間」として。だからこそ土方はこういうんだろう「アンタの隣歩けんならどこだって構やしねェ」と。

何げに隣で笑みを浮かべている桂が良いなあ。

沖田とのぶたすの戦闘は、異三郎について思わせぶりで次回が気になりますね。異三郎に何があった。前話の異三郎の妻子関連でしょうかね。なんで焦らすんだ・・・!
「他人の夢を踏み潰すことになろうとも」踏み潰された?このセリフだけ抜き取ると勝手な言い分だけれども。気になりますね。

こうやってかつてのミツバ篇の一セリフとつながっていたり、後付けだろうがなんだろうが、長編ならではの面白さがあるここ最近の銀魂から目が離せない。面白かった!
スポンサーサイト
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。