感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Tue
2015.04.07
22:30
 

銀魂 第58巻アニメDVD付予約限定版 ([特装版コミック])銀魂 第58巻アニメDVD付予約限定版 ([特装版コミック])
(2015/04/03)
空知 英秋

商品詳細を見る


買った!見た!
リングディンドン♪が頭から離れないっ
初見で微妙と思いつつ、もう10回くらい見てる。面白かった!

というときのジャンプネタバレ感想。

 

more

まさかのイボ再び。
・・・と思うような変わりよう。ていうか過去設定ぶん投げたなwと思ったのが素直な感想デシタ。

人を信じて、故に他人に騙されやすい。
あまりの人の良さにつけこまれ、かつて隊分裂の危機に瀕したこともある。
でも何度も危機から脱してこれたのは、やっぱりこういう人の良さだからこそなんだろう。他人には裏切られる。でも助けてくれるのもやっぱり他人だ。

計算なんてできない馬鹿といえばいいのか、あるいは天然的な策士というべきか。
策を講じた異三郎ハナから諦めてしまうほどの攘夷浪士のうつけどもを、いともたやすく仲間にしてしまった今回のエピソードは、異三郎の回想であるからこそ興味深い。近藤さんを後者の視点で見ているんじゃないかな。エリートが計算づくのエリート集団を作ることと、野良犬が野生の感と厳しい掟で群れを形成すること、その違い。

近藤さんのエピソードは、そりゃ確かに桂とも意気投合することもありえるだろうなと思わせてくれました。
他者の何かを尊重し、その上で分かち合おうとする。
そりゃあ好かれるだろう。異性というよりは同性に好かれるような感じだろうか。
なんにせよ近藤さんがとにかく格好良い。同時に、この漫画で強さのインフレが起こらないのは、「強さ」というものの尺度がRPGのような単純なレベルアップが存在せず、

「仲間一人護れる強さがありゃ充分だ」
それとは裏腹に、仲間一人護れなかったためにほかの仲間から身を引いたこの漫画の主人公のエピソード


というキャラの考え方があるからだろうなとちょっと思った。
スポンサーサイト
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。