感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2015.02.23
18:36
 
4月8日水曜日夕方6時から放送スタート!

安定の、攻めの夕方枠!
ということは、TVQでも放送されますよね。ですよね!
まあリアルタイムでは見れませんが、翌日は公休日なのでじっくり見ることができます。楽しみだ!
楽しみなのは銀子さんと終兄さんと星矢パロディです。

というわけで、以下ネタバレ感想。

 

more

エリザベスの存在は違和感のハズなのに、違和感が全くない。それが銀魂。
共闘が、すなわち互に引導を渡す戦いでもある。今この場で互が争うことと同義であるならば、自分たちの立場を貫いた上で共に戦おう。
物語上でどちらかが悪役にならざるを得ない者たちが、こうして共闘し、新時代での一杯の盃を約束しあうというシチュエーションに、ものすごく燃える。
そういう意味で、桂と近藤と松平公の3人の関わりも興味深い。とういうか、松平のとっつあんが無事だったことに一安心。
馴染みの連中がどんどん結集していくジャンプお約束の展開です。

桂のうっかりシーンには思わず声を出して笑ってしまいました。この感覚は久しぶりだ。それが結果的に脱獄につながるんだからあなどれない。どこから計算づくでどこから天然なのかがわかりづらい。それが桂小太郎という男だ。

それにしても、仮死状態になる丸薬があるのなら将軍の死ももしや~と思うのは考えすぎだろうか。
今回の誤飲は実は飲んでいなかったわけで、もしかしたら薬の存在自体がフェイク・・・仮死どころか本当に死ぬ薬・・・かもしれない(何せ桂だ)可能性もなきにしもあらず、将軍暗殺篇が偽物(嘘)に焦点を当てた話だった事を思えばなんでもありだ。もうわけがわかりませんw 面白いなあ。
スポンサーサイト
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。