感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Tue
2014.03.25
23:22
 
先日発売されたジャンプゲームでは銀さんは「かめはめ波」を撃てているようだけれども。
必殺技がなくてもアクションシーンがとても迫力あって好きなんだよね。
アニメだと低予算だと自虐するわりにとてもよく動いてメリハリがあって大好き。
だから再アニメ化いつでもいつまでもお待ち申し上げております。

というわけで、以下ネタバレ感想。

 

more

他の連中にとっては取るに足らない技だったとしても、それが決して新八が「弱い」ということにはならない。ただコツを掴むのに時間がかかるだけなんじゃないか。新八は天才型というよりは、普段の努力の積み重ねが力を発揮するタイプだと思ってる。最初のレジ打ちすらままならず店長に罵倒されるがままだった彼が、周りの馬鹿どもに鍛えられて今じゃツッコミのエキスパートです(そこかよ)。

わかりにくい例え話をあっさりと理解したり、「簡単だから」とやっぱりあっさりと実践したり・・・自分にはなかなかできないことを割とあっさりやってのける連中てのは世の中にいるもんで、彼らにとってはなんの苦にもならないことなのかもしれない。
だけどあるものにとってはコツを掴むのに時間がかかる。

「なんでもっと難しくしなかったんですか」
「誰でも使える必殺技って、それって必殺技なんですか」

ひとつの事を理解するのに時間がかかるタイプと、なんでもサクサクやってのけるタイプとで、同じことをやっていたら到底かなうはずがなくて。

ならばどうしたら太刀打ちできるのか。
・・・同じやり方でもって対峙するのではなく、別の方法をもって対峙しよう。正攻法ではなく、虚を突いた弱者なりのやり方で。
それこそが自分なりの必殺技「邪聖剣烈舞踏常闇雷神如駆特別極上奇跡的超配管工兄弟弐號役立不弟逆襲監督斬」

弱いっていうか目立たない者なりに強いっていうか目立つ者への逆襲の方法は、要はエサで釣る(笑)
ラストを見る限りにおいてはツバ吐きかけられているので全然必殺技足りえていないのが面白かったっていうか新八が不憫っていうか。
自宅が浮浪者の一時的な住処に成り果てていたりと、新八の力がまだまだ足りない。
きっとこの技の完成形は、浮浪者どもが剣術に目覚めた時なんだろう。浮浪者の興味は剣術ではなく、未だ無料でもらえるチョコに向いている現状ではまだまだだ。

ていうか、そもそも浮浪者どもに剣術に興味を持たせる事が目的だったハズなのにいつの間に新八の必殺技がどうこうという話になったのか(銀さんのせい)。こうしてみると、必殺技も相手に興味を持たせることも、似たようなものかもしれないが・・・



オビワン篇で登場した志村姉弟の父親はそれなりに威厳のある人かと思っていたら、やっぱり新八の父親だと思わせてくれるような人らしい。強者に対して同じ強さをもってして対応するというよりは、頭使って別の方法で(それこそエサばらまいて)対処できるのであればそれでもいいじゃん的な、最終的にずる賢さに到達するあたり、ある意味己の強さの程度を悟っていたのかもしれない。
とはいえ志村姉弟が慕うオビワンのような子供たちが集まるような人だったというのを考えると、それなりに慕われていた人だったんじゃないかなあ。お妙さんが借金を背負いながらも護ろうとしたものを持っていた人でもあるわけで。

「やれば出来る子」
銀さんが新八に対して何度か言ったこのセリフが実は好きだったりする。
かるーくあしらわれちゃうこと多々だけど、そんな中たまには男を見せる。いやむしろ普段から努力しているからこそ、その努力が実る場面が必ず出てくる。銀さんはちゃんと知っているわけで、それでもこうやって剣術指南を必殺技指南にすげ替えるんだから、暇だったっていうか新八で遊んでいるっていうかで面白かったです。
新八を剣で軽くあしらうシーンは、そこだけ切り取ってみると普通の兄と弟弟子みたいで感慨深い。やっぱり銀さんは強い人なんだなあ。


スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.