感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2014.02.24
23:03
 
扉絵の神楽ちゃんが可愛い!
絵の淡い雰囲気がとても好みです。季節柄は全然あってないけど。
馴染み深い番傘じゃなくて雨傘をさしてるけど、結局シンプルなのは男所帯に慣れているからか。
タイトルロゴの色合い好きだなあ・・・

背表紙はお妙さんを札束で釣ったお登勢さんでした。
年の功なのか扱いをわかってらっしゃる。

連載10周年突破記念!!空知先生描き下ろしメッセージがJCオビに!!
・・・と、ありました。新刊発売は三月にはない。となると既刊分の新規オビなのかな?(持ってるのに既刊を買わせる気かっ)フェアでもないだろうになんだか珍しい宣伝文句だなあとちょっと思った。これが連載10周年(正確には11年目)の力か。

というときのジャンプネタバレ感想。

 

more

人に歴史あり。
今回は近藤さんの過去を絡めたお話。
親がいなかったらしい。
何げに親がいないというパターンが多いなあ。
そして宮司と書いて「せんせい」と読ませるパターン来たなw

ムカムカしつつムラムラしていた幼少期の近藤さんは、猿というより普通に男前な少年に見えた・・・が、大根相手にムラムラするなんていうことをしでかしているあたりさすが今の近藤さんを彷彿とさせる。

警察とは言い出せず泥棒の跡目を継がされそうになる。
猿がらみですすめるのかと思いきや近藤さんの場合はやっぱりゴリラ。
気づいていないと思いきや、思い切り気づいていた土方さん。
元気そうに見えいた猿吉が実は老い先短い。
親がいないから悪い方に誤解される。
大根を勝手に抜いて見ていただけなのに泥棒扱いされる(いやいや他人の家の農作物を勝手に抜いた時点でそりゃ怒られる)。
白眼むいて寝ていたら真面目になったと言われてしまう。

猿吉こそ昔話の問題児かと思いきや、問題児は近藤さんの方だった。
「もう二度と盗みはするんじゃねーぞ」と諌める側の猿吉が何故か盗人に。

予想に反した事実、というものがこれでもかこれでもかとしつっこいくらいに描写されています。なんだこれはw
そんな中、普段からそばにいて同じ組織を管理する土方が近藤さんの見え透いたごまかしをあっさり看破したのはさすがだと思った。最後にゴリラに向かって爆弾投げたのは本人に投げつけるのを必死で我慢した結果なのかもしれないw
仕事中にストーカーしてあげく寝ていた近藤さんと違って、神社のくだりでは私服でたぶんプライベートを利用して近藤さんと接触していたあたりも、さすがフォロ方。

かつての恩人との再会話という意味ではハードボイルド同心の話を思い出しました。
あっちも盗人だったし。
貧乏人に施しという意味ではフンドシ仮面。どっちも銀さんが施しを受けていて笑った。今回は一コマだけ登場の主人公でした。

スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。