感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2014.02.03
22:38
 
コミックス53巻が明日発売。そして私が手に入れるのは地方なので明後日です。

銀魂―ぎんたま― 53 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 53 (ジャンプコミックス)
(2014/02/04)
空知 英秋

商品詳細を見る


見た目は目立っていたとしても、たぶん微妙に帯に隠れるであろう本来の主人公という扱いに笑った。というわけで、入れ替わり話がメインです。

で、ジャンプでは本編そっちのけで盛大な出オチで大笑いw
銀さん美形だなw
以下ジャンプネタバレ感想。

 

more

銀魂―ぎんたま― 41 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 41 (ジャンプコミックス)
(2011/09/02)
空知 英秋

商品詳細を見る


41巻収録の蓮蓬篇で、蓮蓬の連中と蓮地同盟を結んだ。UNOは宇宙ルール、地球では思う存分スーファミをさせる・・・要は友達になる~という代物。蓮蓬は星そのもの(器)に反乱を起こし、星という器を自らの手で手に入れたわけだ。器自体にさほど意味はなく、蓮蓬同士がよりそって生きる場所そのものを器とし、地球人と友達として名残惜しく去っていった。

つまりこれは今回で言う「本当の商」が成立したということになる。「人を動かすのは武力でも思想でもなく、利益と絆」とは陸奥のセリフだ。UNOがどうこうスーファミがどうこうなどは所詮はきっかけにすぎない。本当の目的は互の利益になる橋渡しをし、自分も含めて、友達・仲間になることだ。

「商人とは、この「ただ」から価値を引き出し金に換える錬金術師」

橋渡しがうまくけば、取引は成立する。地球人と蓮蓬間に(それがたとえごく一部のことだとしても)(取引そのものが他者にとってみたら非常にくだらないことでも)互いにある程度満足いく結果があればそれでいい。

今回の話に出てきた奴隷とは人を物扱いする最たるものであり、坂本のいう「本当の商」が成立したのは船にいた奴隷たちとの方だった。
「ただの石ころなんかじゃなか」
「仲間という石じゃ」

坂本辰馬のいう「本当の商」とは、自分を含めて全て「仲間」とすること。
自分は間に取りいって、相手も満足し自分も満足する。
物質そのものなんかよりも、とてもとても大切なもの。
宇宙という広大な場所、様々な価値観が飛び交う中で、「ただ」から金に換える錬金術師は仲間を最も重んじる。錬金術師にとって「金」とは「仲間」のことを指す。

人を奴隷として売り払うような、その中で何も感じないような奴とは商いは成立しない。許せないから自分の領域たる商売に踏み込ませない。客なんかじゃない。
陸奥は奴隷商人の中で仲間の価値をわかってくれた。だから取引成立。

中身を考えずにカバンを売ったのは金でそれを買ったからで、本来金銭的に換算できない「人」を商売にするような輩は許せない。最初に5千万入るカバンのネタがあったのは、これが言いたいがための代物だろう。カバンの場合は商売失敗したけど。

坂本辰馬とはそういう奴だ!
というお話でした。
ふだんヘラヘラしているせいか、こういう奴が怒ると怖いのは銀さんと一緒。

そういや陸奥って夜兎なのか。精神的にだけじゃなくて肉体的にも強かったのか。
これがこれから先どう生かされるんでしょうかね。
ますます神楽との共通点が出てくるなあ。夜兎のおかれた環境というものは、傭兵種族というだけあって胡散臭い組織と絡みがあるらしい。
だったら高杉に近づいた神威はどうなんだろう。神威の場合は神楽や陸奥と違って高杉とは少し距離があるんだよね。そのあたりも今後が気になるところ。

そうそう。
奴隷達が乗った船が千鳥に撃ち落とされたとき、その船に実は奴隷が乗っておらず全員無事で、なおかつ手薄の隙をついて千鳥に歯向かった~という一連の流れは実にジャンプ漫画らしいというか銀魂らしいと思った。そこに主眼はないのでこの場合無駄な犠牲は描かれない。ここで犠牲者を出していれば話がややこしくて長くなるだろうなあ。



こうやって坂本辰馬が宇宙ででっかい釣りをしている中で、銀さんは地べたでのんびり万事屋稼業を営んでいる。「商売」として成立しているかどうかはともかくとして、辰馬が戦場を去った時の一連の会話から二人とも全然変わってないのが面白かったです。かつて辰馬が銀さんを誘ったのは、方向性が似たようなもん(仲間)だったからかもしれませんね。
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。