感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2014.01.27
22:47
 
ここ最近のサブタイトルは文字入れ替えが多い気が以下略

扉絵の沖田のイラストがなんだか新鮮。
銀さんとペアで表紙になれる「第1回WJ表紙登場権争奪オールキャラ総選挙」があるとのこと。
うーん、誰がいいかなあ。数人で~とかだと万事屋選ぶんだが、そうなると今までの表紙イラストと対して変わらないからあえてペアなのかもしれない。
何枚出してもいいのなら、確か官製ハガキが何枚かあるから4月の増税後は数円分の切手をたさないと使えないだろうのでいっそ今のうちに使っておくのも手だと今気づいたw

そういうわけで、今週号ジャンプネタバレ。

 

more

ドSって、繊細で壊れやすいガラスのハートの裏返し。
心が砕け散らないという前提であれば、彼らは激しいまでのSを発揮する。
強さがドS行為だとした場合、陥った状況によってドS行為を発揮できたのだとすれば精神的に余裕がある印。
逆に言えば、そうじゃなければ精神的に余裕がないということ。ドSは案外打たれ弱い~とは遊園地でジェットコースターから落ちかけた沖田くんの言葉で、雪山で遭難したときの沖田&銀さんのドSコンビが同じ状況だったと言える。

だとすれば、今現在千鳥の残党に囚えられたという辰馬への陸奥の激しいまでの仕打ちは、辰馬へのよっぽどの信頼感があるということだ。
で、ドS行為が<成り立つ>のはM・・・というか受け手が存在しなくちゃならないという大前提がある。ドS行為に対して本気で凹んだり真面目にそれではダメだ違うと悟す、ましてや無視なんてするようでは、Sはただの嫌な奴でしかない。Sが嫌味な奴にならないためには受け手はとても重要だ。沖田に対する土方さん(考えてみたら沖田のあれやこれやのイヤガラセを律儀に受け止める土方の行為はある意味才能)、と同じように受け止めてくれる誰かが必須事項。辰馬と陸奥の関係性の根本はそういうことかもしれない。


商売を生業にしながら、その実金銭面を重要視せず志や信念を最重要事項とする辰馬の考え方は、となりに実行力のある陸奥がいて初めて発揮できる代物。そうでなければただの詐欺師まがいのホラ吹きでしかなく、もしかしたら海の藻屑として終わっていたかもしれない。そういう意味では二人はいいコンビだと思った。たったひとりでそれが体現できるわけじゃないというのがミソだ。

何に価値観を置くか・・・金か、笑顔か。代価は等価たり得るか。何と引換にすれば満足か。
粗末でも満足か、高価であればそれでいいのか。
生まれながらの地位か、他人を蹴落としてでも得た地位がいいのか、貧相でも笑っていられればそれでいいのか。
なんだかいろいろ考えさせられました。
人を刺してしまいかねない(実際辰馬を刺して血だらけにした)床の破片を「気持ちエエ」と評したバーさんは、わかりやすく価値観の差を示していたりする。しかも他の連中にも受けてしまった。陸奥自身はそこらで拾っただけだとしても、ある意味見出したことに価値があるのかもしれない。
そして、礼として得たものがたいしたものではなかったとしても、自分が満足していればそれでいいかもしれない。
立派な取引成立だ。
等価な交換が成り立つのはどういうときなのか。
だけどそれを金銭的に明確にできるのか。
5千万入る袋云々は、そこに価値を見出す人が出てきて初めて成立する。ええそこに?という部分に価値観を見出す人って案外いるもんだ(が、結局失敗したということはつまり見出してくれる人がいなかったということになる)。
どちらかというと価値を後付けで付加するので、ぱっと見てわかりやすく価値を見出したいという人にはそりゃ詐欺師呼ばわりされるよなあとちょっと思った。

他人を蹴落としてでものさばる顔がゲロまみれで徹底してモザイクな奴は、そういったもろもろと対照的な立ち位置にある。
快援隊として活動する辰馬や陸奥達に対して、現在は千鳥の残党としか呼ばれていない時点で推して知るべし。

過去の陸奥は実に普通の少女だ。あどけなさの残る14歳の少女が商売に対する決定的な価値観を持つ前に辰馬に出会ったのがひとつの運命なんだろう。経験をつむことで人は考えが凝り固まってしまう。今更間違いを指摘されたところで正すのは案外難しい。なぜならそれがとても恥ずかしいからだ。バイトとはいえいっちょまえにひとつの船を任されていたことと合わせて考えれば、大人と子供の微妙な中間期に相当する年齢なのかもしれない。違うやり方なり考え方を、柔軟に受け止められる年齢というか。
そういや神楽もそのくらいの年齢なので、何げに似たような時期にモジャモジャに出会ったというのがなんだか面白かったです。辰馬の土佐弁が移ったという陸奥のエピソードは、銀ちゃんの真似して下ネタ吐いたり鼻くそほじったり真似が多い神楽と一緒なんだよね。微笑ましいっ

そういえば銀さんが泳げないというのはたびたび描写されていたけれど、本人がはっきり言い切ったのはこれが初めてだっけ?
微妙に可愛かった(おい)というかなんで泳げないんだろう。単純に習っていないからか、もしくは体質的にダメなのか・・・


まだこのエピソードは続くようなので次回が楽しみです。
果たしてモザイクは取れるのか(笑)
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。