感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Tue
2013.10.29
00:10
 
本編のベタ塗り漏れ(忘れたかどうかは定かじゃない)同様に、本編中のキャラ配置などの整合性はひとまず脇に置かれたんだと感じたサブタイトル。

さて。

はみ魂は映画DVD&BDにあわせた関連グッズの紹介の山。
「映画は終わってもアニメ銀魂は続きます!」は、正確にいえば「映画は終わってもアニメ銀魂(関連グッズ販売)は(まだ)続きます」という意味合いだろう。販売促進のためには迂闊に終わった感を出すと売れなくなってしまうと困るから。
3月の一番くじは原作10周年関連なのかな?
11月に発売されるBEST3のジャケットの銀さんがカッコイイな。

というわけで、以下ジャンプ本誌ネタバレ感想。

 

more

今回のを読んで、果たして「10年前」というのが具体的にいつなのかはちょっと保留。
だいたい一口に10年前といっても<正確に>10年前なのか<だいたい>10年前なのか定かじゃない。
たとえば銀さんの姿・・・着物こそお登勢と出会った頃と同一(に見える)けれど耳がでているんだよね。白夜叉といえば耳が隠されているデザイン設定がデフォで、墓場に佇んでいた銀さんの耳は隠れているように見えたのでアララそういえば、と。かぶき町にいついたごくごく初期のエピソードなのかもしれない。

そして。

たった一人の女の子を助けるために「首をくれてやる」なんて言ってしまえることの切なさといったら。
クズ親父の一言「忠誠の証に俺の娘をくれてやるよ」を受けての「白夜叉の首とこのクズの首をくれてやる」だ。
幼い朝右衛門への「オメーが小便ちびるような悪い事いっぱいやった」は、クズとはいえ彼女の実の親父を差し出した事を指しているんじゃないかな。
白夜叉の名を出したのはいろいろな「悪い事」の象徴的な意味合いであり、大した理由なく捕えられるための手段でしかない(少なくともよい意味ではないよね)。
つまり「かわいそうな女の子を護ってあげただけ」で銀さんは打ち首までの間さわぎもせず黙っていたということになる。プリズンブレイク回なり一国傾城篇なりで見せた足掻きがここで一切見られなかったのは、そういう理由があったということ。クズだろうが親は親で、それを彼女から奪ったのは銀さん自身だ。だから黙ってる。
(そういうのと死を実際に受け入れるか否かはちょっと別問題。実際逃げているんだから)

伝説の白夜叉うんぬんというのは、たぶん噂が一人歩きして勝手に出来上がったもんじゃないかとみてる。当の本人がこうやって一人の女の子を護るためだけに大人しくしているだなんて、ある意味ギャップルールみたいなもんだとふと思った。実際の銀時と接してみて彼をどう判断するのか・・・先代と朝右衛門は彼を斬らなくても良い男と判断したわけだ。

「約束だぜ」
先代の言葉も幼い朝右衛門の言葉も全部覚えていたのは、この約束があったから。
そういう細かい約束事もしっかり覚えているのかと少しびっくりしました。


公儀処刑人という立場は、その当時の主君の命に逆らってはならない。逆らった場合は御家取りぶつしも冗談ではなくなる。たとえば白夜叉を斬首することでも一橋派に逆らった攘夷志士たちを斬首することでも、上の連中はそれを判別する立場にある。が、公儀処刑人はそういう判断する立場ではないわけだ。
とはいえ指針となるはずの上の連中が絶対的に正しいかというとそうじゃない。私怨でもって罰をくだそうとする輩もいるだろう。
幕府との関係の苦悩はたまに真選組で描かれてはいるが、彼らに対する松平片栗虎という後ろ盾がない場合他に頼りにできる者もおらず、先代は首を斬られる道しか選べなかったということか。そしてうまーく隠し通せるほど池田家では一枚岩ではなかったんだろう。池田家の悲劇はそこにもあると思ってる。
現・夜右衛門の行動の基準は彼の中にあるものではなく、他の誰かの作った法(この場合一橋)に乗っ取ったものである以上先代と対立するのは分かりきっていて、現・夜右衛門の中の法が覆らない限り何も変わらないんじゃないか。なんにせよ、紅桜篇の鉄矢のように夜右衛門が何かを察しない限りこの騒動は終わらない。義理とはいえ、必死に面と向かって対峙する妹の想いは果たして届くのか(銀さんの持つ剣は届いた)次号を待て。

どっちかというと銀さんの過去の切なさに思いを馳せてしまう内容でした。

スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。