感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Mon
2013.08.26
22:00
 
劇場版の銀魂の小説(というかト書き)はこっそりと第2版が出ていたんですね。

噂をネットで見て確認したら、ラストのとある部分がなるほど違う。
これはケアレスミスでは決してなく、キャラクターの前後の状況を全く確認せずに思い込みで書くのは作家としてどうよ(ましてや他人様の作品で)、と思われるシロモノで。
こういう事があるんだなとある意味驚いています。

劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ (JUMP j BOOKS)劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ (JUMP j BOOKS)
(2013/07/08)
空知 英秋、大崎 知仁 他

商品詳細を見る


我が家にはこの小説(というかト書き)が2冊あります。
小説としてはアレですが、劇場版の台詞を確認するにはとてもいい本だと思います。本を1ページ1ページめくりながら、映画を思い出すんだよ。
というわけで、来週51巻と一緒に3Zも発売されます。
関連本もこれでしばらくないかなあと思うと少し寂しくなってしまったり。
祭りの後というものは、いつだってこんなカンジかもしれない。

以下ネタバレ感想。



 

more

引くに引けない「嘘」が、とんでもない事態を引き起こしてしまう。
予想を裏切った事態が起こる。果てには国家をあげた葬式だ。

ただの夏風邪なのに葬式にまで話が飛んだのは、結局のところ「夜兎の体について詳細がわからない」事から引き起こされたのであり、そういうわけで医者すら仮病を見抜けなかった、と。予想がつかない、という意味ではこれだけは本当だと思った(笑)

だけど他の連中はどうかなあw
前回の銀ちゃんの「違い」がそのまま当てはまるような、気もする。気もするだけで銀魂のことだからどう転ぶかわからないけれど。
「仮」病に対抗するのは「仮」葬式かもしれないんだし。
ここで解りやすく描写されているのは沖田だというだけの話なんじゃないかな~という予想をしてみる。

とはいえ最初のページや壁ドンして悔いる銀さんに萌えたのはここだけの話(笑)。
で、あまりにも同じ描写が続いたあげく「カッコつければどんな暴言も成立する」・・・銀さんの行為から想像される彼の心境というものは普通に考えれば神楽を想ったことのように想像できるのに、その「予想」を裏切った発言をしているわけだ。
神楽の親友そよちゃんだって、その見た目に反して天然サドが激しい。

「見た目」から「予想」される事態が果たして真実なのかどうか・・・

そもそも神楽はただの夏風邪で危篤なんかじゃなかった。
葬式をあげたところで神楽は死んでいなかった。

初期設定(夜兎は太陽に弱い)は、もしかしたら鳳仙ほどに神楽ちゃんには当てはまらない、かもしれない。
なぜなら予想は常に裏切られるからだ。
まあこの辺りは来週の展開待ちでとう転ぶかは銀魂だからさっぱり解らない!

そういうあべこべさが面白かったです。
少々不謹慎だけどw

スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。