感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2013.07.13
23:54
 
漫画でここまで過去篇が取り上げられるとは思っても見なかった。

なんとなーくウヤムヤにされてきたものが出てきてなんだかとても嬉しい!!

というときのジャンプ銀魂感想。
以下ネタバレ。


 

more

空知さん作劇場版設定を生かすならば、白夜叉時代は10年前あたり。遊郭にくりだすくらいだから当時は少なくとも10代後半から上ということだろう。もっともアニメでは銀魂’最終回「ごめんなさい」でヅラが自身を20代後半と言い切っちゃってたけれども。

で、今じゃすっかり不条理キャラに成り果てたヅラが当時は普通に生真面目なキャラとしてしごく全うな事を話すキャラとして描かれているのが面白かった。かぶき町で穏健派攘夷浪士として過ごす間の成れの果てが今の姿なんだろうか(笑)
対して辰馬あたりは全然変わってないですな。
銀さんは表情が少し落ち着いているようなカンジ。今の方が喜怒哀楽が激しい・・・?勝負事に熱くなるあたりは現在と変わらない。高杉とは一月口を聞かないようなケンカをして、それを仲裁するのが桂という構図のようだ。遊郭の同じ娘を指名するあたり銀さんと似た者同士ということなんだろう。

まあ何よりもびっくりしたのは高杉にヤクルト属性がついたことだろうか(笑)
山崎のあんぱんのように、今後何かしらのグッズ展開があればヤクルト(ぽいもの)とコラボしたりするんでしょうかねw あれだけシリアスを引っ張ってきたのにこういうヤクロト属性や、缶蹴り(銀魂は何かっちゃ缶ケリエピソードが出てくるのは何故だ。忍者の修行しかり、一国傾城篇しかり)で隠れる際に頭に木をつけたり。この意外性にかなり笑いました。武市が持っていた紙は本当に高杉が書いたものだといいなあ。もっとも過去を知る銀さんにとってはヤクルトキャラではないらしい。

黒子野は高杉と親友といえる間柄で、それを今の高杉の部下たる武市が伝えに来て話が転がるわけです。

缶蹴りと見せかけて間者をおびき寄せる・・・そこは覚えていても、肝心な言い出した本人を覚えていない。桂曰く「鬼」2人の患者おびき寄せ作戦の囮となった形の缶蹴りの「鬼」が黒子野だった~というのがなんだか妙に気になるなあ。銀さんは覚えていなくとも高杉と親友だったらしいこと、高杉のあからさまな意味ありげな伝言といい、何かしら黒子野を通して伝えなければならないあったんでしょうかね。
それとも、単なる嫌がらせか(笑)銀魂はどうとでも話が転ぶから先を読みにくい。

ともあれ劇場版が絶賛公開中のここに来て過去が語られるエピソードが面白くてたまりません。
次回が本当に楽しみ!!
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(4) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment
 

コメントしたいけど、劇場版のネタバレは読みたくないのでこの記事にコメントしますw

三位一体フィルム完成おめでとうございますー!! 私は万事屋が凄く欲しいんですけど、生憎真選組の週に見に行くことになっていて…ランダムになってから万事屋を引き当てる自信が無いです(´;ω;`) 
この特典ばかりはスタッフさんが憎たらしく思いますw どんだけ観に来させる気なの!!
あやさんがとっても羨ましいです!(*´∇`*)

長文失礼しました!

NAME:miko | 2013.07.14(日) 09:52 | URL | [Edit]

 

ありがとうございます!ホント、奇跡が起きました!
特典に関していえばまだ紅桜のときは良心的だったように思います(笑)
せめて回数分見たらコンプできるような扱いだったら良かったんですけどね~。
でもまだ可能性はありますから諦めないで下さいませ!


まだ劇場版は見ていらっしゃらないんですね。
ぜひともネタバレなしで見て頂きたいっ!
いやあ、ネタバレ記事は基本たたんでおいてよかったです。

コメントありがとうございました!!

NAME:ともえあや | 2013.07.14(日) 23:54 | URL | [Edit]

 

こんばんはー!今日観て来ました!ほんっっとに面白かったです…!!! ネタバレ見ていなくて良かった…!(笑)本当に楽しかったんですけど、三位一体フィルムは貰うことさえ出来ませんでしたw 悲しい…確か入場者特典じゃなかったでしたっけ…(泣) あと設定資料集も売切れててもう(ry 
映画、銀魂のシリアスさが頭に残らない位ギャグが濃くてw 楽しい、の一言に尽きますね(*´∇`*) これはリピートしたくなります!でも地方では観れないから…(´・ω・`)
家に帰ってあやさんの感想を見て、なるほどなーと作品の面白さを読み解いている感じですw
ちなみに、名前を間違えてしまったのですが、レモンそーだの奴です(*´∇`*)←

では、長文失礼しました!

NAME:miko | 2013.07.17(水) 19:22 | URL | [Edit]

 

こんばんは!
無事にネタバレ回避されていて良かったです!
レモンそーだ様にとっても銀魂が楽しい映画でよかった!!

三位一体フィルムは最初の週こそ多くても2週目以降はどこの映画館も配布が少ないようで、週の後半にはない場合もあるようです。私が行った劇場にも水曜には既になかったです。あれだけ映画内で重要なアイテムにされてしまうとどうしても欲しくなってしまいますよね。
入場者特典は通販サイト「フルービー」で買えますよ。送料含めるとかなり割高ですが・・・。
今回の劇場版にあたって、どのグッズも売り切れが続出しているようです。人気で嬉しい反面欲しいものが手に入らないというジレンマがあったりなかったりw

今回の映画で一番印象に残っているのはエンディング手前のシーンでしょうか。ついさっきまで観客を泣かせにかかっていたのに、ここで一気に笑いに転じるのか!と驚きました。そしてそれこそが銀魂らしさなんだと改めて認識もしました。笑って楽しいと思えて終わるなんて、本当に素敵な映画でしたね。

そして、私の感想が銀魂の面白さの手助けになっているのならばとても嬉しいです!ありがとうございます!!

いやほんと、銀魂大好きでよかったと心から思える劇場版でした!!

NAME:ともえあや | 2013.07.20(土) 00:06 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。