感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
--
--.--.--
--:--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ

 

Sat
2008.06.14
23:20
 
キー局の放送より2週遅れで放送されています。
放送分を視聴する手段は確かにありますが、毎週放送をまだかまだかと待つのもひとつの楽しみ方。それにあれは違法なんだよね・・・
地方民としては、そもそも放送自体されていないことが多いのでなんらかの形で恩恵を受けたい気持ちはばりばりにあります。楽しみが関東と一部地域のみだけの享受だなんて、なんというか、この情報化社会にあっておいてきぼりで疎外感ですよ。



お気に入りは、主人公視点で見てしまうので郁なのですが・・・割と柴崎もお気に入り。ああいう友達が欲しいです。

それはそれとして。
私も一応「図書館戦争」の感想書いてるんですが。
考えてみたら萌えも何も叫んでないよなーと。正直あまあまよりも、図書館が武装してまで戦うという設定に惹かれたからですし。一女子としては、変な読み方なのだろうか。「目から鱗です」と言われるということは、それだけ私が変わり者だと言われているようなもんだし・・・orz
かといって考察もしてないし、だらだら箇条書きのみ。 

more

アバンのナレーションは玄田。関係ないですが、玄田というと玄田哲章さん(声優)を思い出す。

「その戦いにいた、山猿が一匹」
だんだんお遊び色が濃くなってきました。当然郁のツッコミあり。

前回、手塚の兄である慧が率いる「図書館未来企画」に参加している砂川が本を不正に処分していたという一件で、なぜか郁が査問会に呼ばれることになってしまった。その続き。

声優ファン的には、慧の声がアレルヤ&ハレルヤ(ガンダム00)の吉野裕行さんだったことにびっくり。なんとなく二十歳前後のちょっと悪ぶった青年の声というイメージが勝手にあったので。こういうのがあるから声優さんってすごいなと思う。しかもセルゲイ中佐もいた!

今まではあくまでも「図書館隊」VS「良化隊」という構図だった。そこに今回は図書館隊のなかでも稲嶺司令をトップにしてタスクフォースがある「原則派」と「行政派」とで分かれていると判明。組織なんてものは一枚岩であるはずがないシロモノ。今までのタスクフォースの活動は、あくまでも一つの派閥の行為ということになる。しかも行政派は砂川を誘導尋問して原則派を陥れようとしているらしい。ここの説明をディフォルメ化された堂上と郁だったのが可愛かった。

「おまえみたいなタイプは体で覚えるしかない」
てなセリフを郁にはいた堂上ですが、これって自分の経験上なんだろうなあ。
で、査問会で徐々に郁にとって不利な状況になったとき、堂上が助け舟を出しに現れる。ここも全て計算されてのことなのでしょう。そして全てを「たまたま私物がポケットに入っていてたまたま録音されていた」ことにしていたことも。
ところがそこに計算外のことが起こる。査問会後のことも録音されていた。それは査問会の疲れを労う言葉のようでいて実際はすごく甘甘なもの。あせる郁と堂上が面白かった。
けど、なんか急激に仲が進展してるなあ。「約束だ。つらくなったら必ず俺に言え!」だとか。

そして慧が郁と接触を図る。郁ならどんなこと言われても大丈夫と見てるこっちは変な安心感があるのですが、堂上はそうもいかず、手塚たちには郁の帰りを待てといったくせに自分は郁のもとへ。
なんかだんだん熱さを取り戻してきたのか堂上は。

ここの件は見てて恥ずかしくなってしまいました。
特に堂上が頭に手をのせようとして・・・届かなかったところ(笑)
この身長差がすごくいいです。なんで今月号のエドはウィンリィよりでっかくなったんだ。ちっさくてもいいじゃん。普通の男の子になっちゃって残念

結局朝比奈は慧の手のもの。柴崎の逆鱗に触れてしまい、もう二度と会わないみたい。
その代り手塚と急激に近づいたみたい? 今まであんまり接点なさそうでしたが、今回で進展したのかな。何気に兄貴の慧(昔)が堂上に似てると告白したり。ということは、堂上 = 郁 = 慧 というわけです。手塚が前に郁に告白したのは、昔の兄貴に似ていたから?どんだけブラコンなんだ!兄貴からもらったという時計を柴崎に捨てるよう頼んだら、ちゃっかり質屋に預けてうさばらしするという。この機会に兄貴の呪縛から解き放たれるといいね。

当初は真面目に本を守る話かと思いきや、だんだんと恋愛要素が多くなってきました。
ついに「郁の王子様」=「堂上」というのも判明したし。慧はなんでそういうこみいった事情まで知ってるんだろ。
スポンサーサイト
テーマ * 図書館戦争 ジャンル * アニメ・コミック
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。