感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Mon
2012.12.10
22:19
 
巻末の空知さんの言葉がやたらと生々しく感じられる程に物語のシナリオを作り漫画に落とし込むという作業は大変なんだなあ、と・・・。更にアニメ劇場版となるわけですからね。読者・視聴者でしかない我々は作業が終わった末端しか知りえない(から好き勝手言う)のが通常ですが、本編中にやたらと本音だか事情だかを放り込まれていたので(コタツ回の攘夷についてとか、ポスター回とか)大変さだけは伝わってました。とにかく空知さんお疲れ様です!!こっからはアニメスタッフの仕事かな。アニメスタッフを応援してます。

で、ジャンプ表紙をめくったらいきなり銀魂’延長戦DVDの広告というね。
いよいよ来週発売!

ところで今週やたらとED言ってたのでこの高松アニメを思い出した。

イクシオン サーガ DT 1 (初回限定仕様) [Blu-ray]イクシオン サーガ DT 1 (初回限定仕様) [Blu-ray]
(2012/12/05)
江口拓也、神谷浩史 他

商品詳細を見る

一応女子なのでアレだが現在これのエンディングテーマ「レッツゴーED」をヘビロテして聞いてます。主に車の運転時。悩み多き昨今、バカになれる貴重な瞬間をありがとうと言いたい。

というわけで本編ネタバレ。

 

more

意味ありげに出てきた千兵衛さんがああまで簡単にやられたのに笑った。
あのもったいつけっぷりはむしろ何だったのか。

そしてクサナギにやたらと強さと禍々しさを強調されていた魔剣マガナギの口調がやたらと軽かったのにも笑った。
というか、この場合は沖田の強さがハンパなかったというべきか。なんにせよ勿体つけた割りに展開早っ。

そよちゃんと同じ髪型の千兵衛さんの額の目こそがマガナギで、彼の身体そのものが刀だった・・・つまりマガナギの操り人形だったわけだが、それすら調教してしまう沖田クンてのは割と今まで散々描写してきたことの延長線上にある。ラブチョリス篇ではしっぺ返しみたいにされてたけど果たしてどうなるのか。
銀さんはケツにささっても平気なのがある意味妙ちくりんな強さを強調してるし、この2人の対決が果たしてマトモに進むかどうかというそこからして先が読めないんだよね。

というか、決闘に遅れる銀さんを素直にまってる近藤さんに恐れ入った。以前自分が決闘して遅刻されたあげく木刀に細工されるという酷い仕打ちを受けたのを忘れたかw まああれから時が経ち銀さんの人となりを分かっている上にあの超がつく人の良さなので「なにか策でもあるのか」というのは考え付かないらしい。
土方がいないのはあからさまに訳があるんだろう。
「天下一私闘会」という局中法度どこいった的な言葉が妙にツボでした。

それにしても・・・剣が下ネタ扱いなのはともかく、神楽ちゃんが容赦ないのは女の子としてどうよっていうかすごいなと妙に感心してしまう一コマが・・・w 下ネタというよりはド直球で心底本気で鍛えようとしたのかもしれない。女の子だから分からないよね・・・


にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.