感想置場。たまにひとりごと。
http://kagirinakumugen.blog107.fc2.com/
Mon
2012.12.03
17:39
 
コマが大きいから長編です(言い切った)。

情報ページはみ魂は来年発売の一番くじ銀魂の話題がありました。
今回の銀八先生シリーズはたいした興味はなかったが(お金が助かった)、次回は絶対買うぞっ!

それはそれとして、なんだか最近はリアルフィギュアがたくさん発売されています。
できれば一つのシリーズで万事屋も真選組もかぶき町の面々もそのほかの人々も集まるようなものが欲しいな。
(なんだか知らないがなかった事にされているっぽい)万事屋が3人ちゃんと揃うスタイリングシリーズ、あれ結構お気に入りだったのに残念。

と、お茶を濁して銀魂感想。
以下ネタバレ。

 

more

人斬り事件が攘夷浪士・千兵衛の仕業ということは、被害者の持っていた刀の異変はコイツが前号で語った「今までコイツが喰らった」せいだということになる。そして沖田は千兵衛を追っていた。土方もそれを突き止めており、上司たる近藤さん(と読者)への報告が今回の冒頭だ。ある程度的(犯人)を絞ってから報告するようにしてるんだね。
(たぶん)答えはすでに作中で提示されているので、今後千兵衛が万事屋や真選組とどう絡むのかが気になるところ。


そういうシリアスな話は置いといて、一番のツッコミどころは銀さんのケツにどうやって刺さってるんだ・・・ということで・・・(笑)
クサナギメンバーの長さを考えて、鍔元に至るまでぶっ刺さると背骨なり内臓なり貫通して頭まで到達してしまう。ついでに角度が変わってるから銀さんの身体はそりゃもう2枚おろしどころか3枚おろし以上になっていても不思議ではないわけです。

でも、ギャグだからねwで済ませる以上にちょっとだけ考えてみると。
銀さんがあまりにも頑丈というのもあるだろうが、クサナギメンバーが本物の刀ではない天人であることといい、被害者の所有する無くなった刀身といい、ラストシーンといい、刀の形状が実は変化しているとか、なんやかんやで刀の硬さや長さにあまり意味はないとかそういうんじゃないかな、と。逆に言えば、有機物だろうが無機物だろうがどんな物質でも「刀」として扱う能力があるということ。
銀さんはケツにぶっささってしまったことで鞘にされた。だけど沖田とケツ闘だなんだと言う意味は「刀」であったればこそなんだよね。サーヤはあくまでも鞘としての機能しかもたず(故にクサナギメンバーのツガイとなりうる)鍔から先が「刀」たるか「鞘」たるかは判断するのはまた別問題だ。

となると、千兵衛自身はどうなのか。前号提示されたのは、彼の額に(銃痕にも似た・・・ある意味鍔のような形の)傷が目立つ程の大きさであったこと。犯人が千兵衛である分かりやすい「証明」がその傷であるハズなのに今週号の描写ではあえて隠されていたのが気になるわっ。土方ら真選組が千兵衛の頭の傷を知っているのか(単なる描写忘れかどうか)も含めて来週の話が楽しみです。


にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村
参加してます
スポンサーサイト
テーマ * 銀魂 ジャンル * アニメ・コミック
Category * 銀魂@WJ
Trackback(0) Comment(0) 編集[管理者用] このページのトップへ

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

 
Copyright © 2017 Blauer×Himmel, all rights reserved.